きょう3月2日は、サニの誕生日(ということにしてもらった)

 おれみたいに流浪の猫は、いつの間にか今の家に居ついてるって感じなので、いつ生まれたものやらようわからん。

 飼い主が、勝手にきょう3月2日をおれの誕生日と決めてくれたぞ。「3・2」で「サニ」というわけですニャ。

 

 まあ、誕生日がいつであろうと、おれの暮らしには関係ニャイが、こうやってお祝いにいろんな食べ物を買ってもらえたから、文句を言う筋合い無し。ありがたくうけたまわっておこう。

 欲を言えば、”誕生日”くらい、こんなふうにもっと外に出してくれるといいんだがニャ。これは、一週間くらい前のちょいと暖かかった日の様子だ。

 最近はおれの監視の目が届かないからか白と黒のぶちのホルスタインみたいな猫とか白に薄い茶色がまじった猫とかが家の周りをうろついてるようだ。あつかましいことに昨夜は、大声でえさをねだりに来たらしい。

 

 ようやく3月になったが、まだちょいと寒いニャア。北海道は猛吹雪のようだ。

 あしたは、ひなまつりだニャ。うちの仏間にもおひな様が飾ってある。

 猫のひなも入れてやってほしい、来年は。

 これは、「さげもん」という飾りだ。おばあちゃんが木目込人形の教室で作ったらしい。福岡県の柳川というところがそのさげもんで有名だ。

 そろそろ失礼しないと、ひな人形を荒らしていると誤解されるニャ。

 うむ、やっぱまだ肌寒い。

 うむ、ここでもやっぱ肌寒い。

 暖かい毛布にたどり着いたぞ。まだ昼まで時間あるが、いったん寝ます。誕生日だし、好きにしていいだろう。

 おやすみニャ。

 

※情報は2018.3.2時点のものです

サニ

 出身地不明。年齢8歳くらい。オス(去勢済み)。雑種。グレーっぽい縞模様。3年ほど前に、福岡市南区の飼い主の家に上がり込んで、飼い猫に。それまでは近くの公園住まい。生意気な猫には攻撃的だが、人には甘えん坊で勉強や仕事をしていると、必ずすり寄ってきてジャマする。かつお節が大好き。ダミ声。すきあらば家からの脱出を図る。

「サ日記」のタイトルは、紀貫之の「土佐日記」のパクり。名前と同じ32歳まで生きる予定。

この記事もおすすめ