【九州労災病院】社会に信頼される専門医を目指して。新しく変わる日本の専門医制度

一般社団法人日本専門医機構 理事、独立行政法人労働者健康安全機構【九州労災病院】病院長の岩本幸英先生にインタビュー。

新しい専門医制度は、第一に国民・患者のための制度です

 2018年4月から、新しい専門医制度がスタートします。と言いましても、多くの方にとってご自身の生活とはかかわりのない難しい話のように聞こえるかもしれません。ですが新制度は、第一に患者さんの利便性の向上を目指して始まるものです。決して、皆さんにとって遠い出来事というわけではありません。
 今回の新専門医制度は、社会に信頼される専門医の育成・認定・生涯教育を通し、患者・国民により良質な医療を提供することを目指して作られています。ここで言う「専門医」は漫画やドラマに出てくるような万能のスーパードクターではありません。各領域で、十分に検討されていて確実性のある医療、すなわち標準的医療を実施することができる医師のことです。患者がある領域に習熟した医師を探す際に助けとなるように、目印としてタグをつけようというのが、本制度の目的です。
 これまでにも、日本には専門医制度は存在しました。ただ、従来の制度は各学会が各々に作っているもので、専門医の認定基準も更新基準もさまざまです。学会間の連携がなかったため内容に大きなばらつきがありました。これは患者さんにとっては非常にわかりにくい話です。そこで学会をまたいで統一性をもった専門医制度を作ろうという動きが起こり、今回の新制度の整備へとつながったわけです。

循環型研修プログラムを経て各領域の専門医が誕生

 新しい専門医制度では、内科や外科といった「基本領域」と、さらに基本領域ごとに細分化された「サブスペシャルティ」との二段階制を採用しています。ある領域での専門医を目指す若い医師は、臨床研修の終了後、新制度が定める研修を受けて基本領域の専門医を取得したうえで、必要があればさらなる研修を重ねてサブスペシャルティの専門医を取得することになります。この4月にスタートするのは、まず基本領域についての研修プログラムです。過渡期にあたっていた29年度には、従来の専門医制度のプログラムを継続していた学会と、新制度のプログラムを採用としていた学会とが混在していましたが、30年度からはすべて新制度下に統一されることになります。
 基本領域は従来18ありましたが、今回の新制度では「総合診療専門医」が加わり19に増加しました。総合診療専門医とは、幅広い患者さんに対応する家庭医や、大きな病院の振り分け役としての総合診療医、離島や僻地で診療に当たる地域の医者をイメージしていただくとわかりやすいかと思います。
 基本領域の専門医を取得するためには、原則としてプログラム制による研修を受けることとなります。研修プログラムは年次ごとに定められていて、一つ施設だけで完結するのではなく、学会によって定められた基幹施設と連携施設、関連施設からなる病院群をローテートすることが新制度の特徴です。複数の施設を回ることで、形式の偏りなく幅の広い経験を積むことができると考えています。この方法は患者さんのためばかりでなく、これから専門医を目指す若い医師自身のためにも非常に有益なことです。
 専門医の認定と研修プログラムの認定を行うのは、私も理事の一人として名を連ねている「日本専門医機構」という機関です。理事会のメンバーには私のような医療の専門家だけでなく、患者を代表する立場の方や地方自治体の首長なども加わっていまして、完全に中立的な第三者機関となっています。

日本の専門医システムが目指す未来像

 現段階では積み残しの問題もありまして、従来の専門医の枠組みにない領域の取り扱いについては、これからの課題です。たとえばがんや、私の専門の整形外科分野で言いますと骨軟部腫瘍治療のスペシャリストなどが存在するわけですが、そうした分野をどう位置づけるか、どのようにサブスペシャルティとして整備していくかという問題は非常に悩ましいものです。また専門医としての看板の問題から言えば、現状の自由標榜制についての見直しを促す声もあります。そうした点については、さらに議論を深めなくてはなりません。
 繰り返しになりますが、新制度の一番の目的は国民・患者の利便性を向上することです。新しい専門医制度が完成すれば、医師探しがよりシンプルな作業になり、必要な医療がよりスムーズに受けられるようになることを、ぜひ多くの方に知っていただきたいと思っています。

■POINT■ 新制度の導入によって専門医の質が担保され利便性もアップ

 新専門医制度の導入によって、学会ごとに異なっていた専門医認定の基準が一本化。専門医認定におけるばらつきがなくなり専門医の質の向上が見込めるのと同時に、患者さんの利便性も向上。

一般社団法人日本専門医機構 理事、独立行政法人労働者健康安全機構【九州労災病院】病院長
岩本幸英先生

長年、九州大学教授として整形外科専門医の育成に携わる。2011年から4年間、日本整形外科学会理事長として基盤領域の新専門医制度構築に参画。現在は日本専門医機構の理事として、地域医療を重視した専門医制度の構築を目指す。

※情報は2018.3.2時点のものです

独立行政法人労働者健康安全機構 九州労災病院

住所福岡県北九州市小倉南区曽根北町1番1号
URLhttp://www.kyushuh.johas.go.jp/

この記事もおすすめ