【ふじもとクリニック】下肢静脈瘤や痔などの日帰り手術は、日常生活への負担が減るという大きなメリット

福岡市早良区昭代にある【ふじもとクリニック】、藤本 将史院長に下肢静脈瘤や痔などの日帰り手術についてインタビュー

藤本 将史 院長 〔外科専門医 救急科専門医 脈管専門医〕
2001年3月新潟大学医学部卒業、同年5月日本医科大学形成外科入局。2018年2月にふじもとクリニックを開院。外科、麻酔科、救急科の経験を生かし、下肢静脈瘤、痔、ケロイドの日帰り手術を実施。

藤本 将史 院長 〔外科専門医 救急科専門医 脈管専門医〕
2001年3月新潟大学医学部卒業、同年5月日本医科大学形成外科入局。2018年2月にふじもとクリニックを開院。外科、麻酔科、救急科の経験を生かし、下肢静脈瘤、痔、ケロイドの日帰り手術を実施。

日帰り手術が受けられるクリニックが選ばれる理由

 どんな診療科目においても、入院して手術を受ける際には、時間的・経済的な負担が大きく患者さんにかかります。しかし、入院をせずに日帰りで手術が受けられれば、日常生活のリズムを大きく崩さずに済むうえ、入院料の負担がないため治療費を抑えることができます。
 当院では、一般病院の手術室と同水準の設備を備え、救急の経験を積んだ専門スタッフを配置する万全の体制を敷いて、外科の日帰り手術を実施しています。
 もちろん、日帰り手術の設備が整ったクリニックだからといって、すべての患者さんに対して手術ありきの診療を行うことはありません。一人ひとりの思いをヒアリングしたうえで、医学的判断とのバランスを取りながら、治療方針を決定します。

下肢静脈瘤とは?

 下肢静脈瘤は足の静脈の血管の弁が壊れることで血液が逆流を起こし、老廃物を含んだ血液が足に溜まってしまっている状態。足がむくんだり、だるくなったりという症状を起こしますが、経過が長くなると足の表面に黒ずみや瘤、潰瘍が見られるようになります。
 比較的女性に多い病気ですが、男性の患者さんや若い方から高齢の方まで幅広く認められます。遺伝的な要因もありますが、一般的に調理師や美容師など立ち仕事の方に多いと言われます。
 すぐに命にかかわる病気ではありませんが、放っておいても治ることはありません。足がむくむ、だるい、重い、足がつるなどの症状でお悩みの方は血管に逆流がないかどうか一度検査を受けられることをおすすめします。

下肢静脈瘤の検査と手術の流れ

 下肢静脈瘤の検査はごく簡単なもの。お立ちいただいて、足にエコーを当てるだけで痛みを伴うこともなく、10分前後で診断がつきます。根治するには手術しかありませんが、状況によっては弾性ストッキングで症状を抑える選択肢もあります。
 手術適応となれば、逆流を起こしている血管にレーザーのファイバーを入れて、血管の内側を焼く「血管内焼灼術」の適応になりますが、傷跡は点滴を刺す針穴程度です。また程度によりますが、片足だけの場合、手術は15分から30分ほどで完了。1、2時間もすれば帰っていただくことができます。手術翌日か翌々日に術後の状態確認のための受診をしていただき、その後、数回程度の受診で終了です。「もっと早く手術を受ければよかった」と言われることがよくあります。

痔の日帰り手術とその他の手術

 痔の日帰り手術は、忙しくて入院を避けたい方におすすめです。ALTA療法という注射で行う手術が主体となりますので、体への負担を少なく行うことができます。さらに当院では、周囲に悟られたくないと思っている方に、無料で利用できる個別待合室や院内処方、接遇のアテンダントを設置するなど患者のプライバシーを守る工夫を取り入れているので、人目を気にせずに診療から手術まで受けることができます。
 ケロイドに関してはまず、手術よりも保存的治療の方法を探ります。ステロイドのテープや注射、服薬で治療にあたり、症状の改善が見られない場合に手術という選択肢を用意しています。もちろん、どのような手術も、必要に応じて麻酔科や他の外科医と連携をとりながら行われます。
 また、当院では日帰り手術の対象となる病気以外でもED(勃起不全)やAGA(男性型脱毛症)、まつげ貧毛症、子どもの顔などのケガの診療も行っています。特に命にかかわる病気やけがでなかったとしても、生きていくうえで非常につらい悩みになることがあります。当院は、医師をはじめ各スタッフが 一 丸となって患者さんの気持ちに寄り添い、柔軟な医療サービスを提供していくことで、皆さんのより健康で幸せな生活を支えたいと願っています。

■POINT■ 手術希望の有無にかかわらず、まずは気軽に受診を!

外科というとハードルが高いと感じがちですが、ふじもとクリニックでは恐怖心を和らげる工夫がいたるところに。まずは気軽に診察を受けてみましょう。そのうえで手術が必要であれば、負担の少ない日帰り手術を検討してみては。

ふじもとクリニック

電話:092-407-0970
住所:福岡県福岡市早良区昭代3-5-20
休診日:日曜・祝日・第3土曜
診療時間:月・水~土 8:30~12:00、14:00~17:00、火 8:30~12:00
※第3土曜日は休み

ふじもとクリニック

ふじもとクリニック

※情報は2018.3.5時点のものです

ふじもとクリニック

住所福岡県福岡市早良区昭代3-5-20
URLhttp://www.clinic-fujimoto.jp/clinic.html

関連タグ

この記事もおすすめ