潜入調査!トランスコスモスのコンタクトセンターってどんなとこ?

ネットからリアルまで、いろんな方法で企業と消費者をつなぐITサービスを展開するトランスコスモス。福岡では企業の商品やサービスに関する問い合わせを、チャットやメール、電話で解決するビジネスが中心です。20〜30代の若手社員が多いと聞き、その魅力を紹介します!

さっそく若手社員さんに話を聞いてみました!

左)[ スーパーバイザー ] 矢野 良佑さん/2015年度新卒入社/MCMセンター福岡 所属

右)[ スーパーバイザー ] 宮地 ひかりさん/2016年度新卒入社/MCMセンター福岡 所属

 

数ある企業の中からここを選んだ理由は?

矢野 いろんなことに挑戦できるからです。ここはデジタルマーケティングの統括本部やダイレクトセールス本部など約70の事業部があって、可能性は自分次第で広がるんだと感じました。

宮地 会社説明会でのインパクトの強さです。働く社員を大切にしている様子が伝わりました。実際に、年に4回開かれる決起会の後の懇親会では、普段はあまり関われない他部署の上司の方が気軽に悩みを聞いてくれるんです。

 

入社前後のギャップはありましたか?

矢野 最初はありました。でも研修で言葉の使い方やシステムの操作方法などを丁寧に教えてくれて、何度も研修を開いてくれたので3ヵ月目には不安はなくなり、仕事の楽しさに目覚ました。

宮地 各部署でリーダー面談が定期的に開かれていて、不安や悩みを解決できます。全体で実施する研修も2カ月に1回あり、同期と久々に会えるのもうれしいですね。入社3年目にチャレンジできる役員インタビューは普段は会えない幹部の方に何でも聞けるチャンス。すごく楽しみです。

 

心が温まるようなエピソードを教えてください!

矢野 子どものスマートフォンのアプリの友達情報が消えてしまったとお母さんから相談があり、復元できるようサポートしました。すると後日、その子からお礼の電話があったんです。声だけで感謝がすごく伝わってきて、泣きそうになりましたね。

宮地 入社1年目のときに、年配の方からある商品の操作方法を教えてほしいと電話があったときのことです。研修で共感することが大事だと教えてもらっていたので、習ったことを参考に、ゆっくりと話を聞きました。解決後に「あなたに相談してよかった」と言ってくれたのは今でも忘れられません。

 

休日の過ごし方は?

矢野 私はあえて目的地を決めず、ドライブで山や海などいろんな場所を巡っています。いつも行き当たりばったりなんです(笑)。大自然の中で思いっきり深呼吸。私のリフレッシュ方法です。

宮地 よく旅行に出かけています。最近は津屋崎と出雲大社に行きました。有給休暇をいただいて、のんびり過ごせましたね。夢は全国制覇です!

 

Check!

男女比率は55:45で、社員の平均年齢は35歳。若い人でも活躍の場がある環境が整っています。

 

リフレッシュルームでは製菓メーカーやドーナツ店の期間限定ショップをオープン。甘いもの好きの社員でにぎわっています。

 

社内研修は新卒フォロー研修や業務スキル研修など全部で284講座。任意で受講できる選択型の研修も用意されています。

 

採用担当者さん、最後にメッセージを!

就職活動は実は大きく成長できるチャンスなんです。たくさんの社会人と会ってたくさんコミュニケーションをとってみてください。きっと今までとは違った新しい発見や刺激を得られるはずですよ。

新卒採用部 九州新卒採用課/樋上 雄哉さん

 

【潜入調査結果】

矢野さんも宮地さんも言葉遣いがとてもきれい。話していて良い気持ちになりました。あと、自動販売機の価格設定が低いのが驚き! 福利厚生の一環と聞きましたが、従業員をとても大切にしている様子が伝わってきました。

 

※情報は2018.3.16時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ