驚き!知られざるネコの生態~猫島・福岡「相島」へ行ってみた

こんにちは!めがねです。
去年放送された『ダーウィンが来た!』を見て、衝撃を受けた方は多かったんじゃないでしょうか。
オスネコが大人になる為に旅をする事。メスネコが共同保育する事。オスネコが子殺しする事…などなど。
ネコに詳しい方はご存知の事もあったかもしれませんが、私には最初から最後まで驚きの連続でした。

この番組で、ネコの研究者として出演されている山根さんの本がコレなんですが。
まさしく『ねこの秘密』満載。

例えば、ネコって「交尾後排卵」なんですよ。つまり、異父兄弟が一度に産まれるんです。
どうりで…。
黒に茶トラに白とか、一度にいろんな色が混じった子供が生まれたりするから、「相手はどんなオス?」って長年疑問だったのが氷解した。
ネコに興味がある方は是非、読んでみてください。
1時間30分~2時間くらいでサラッと読めるけど、ネコに対する考え方がガラリと変わります。

ペットとして飼うと、可愛さからつい人間のように扱ってしまうものですが、当たり前だけど「人」と「ネコ」は違う生物だと改めて知る事が出来ます。
飼い主にもよく分からないネコの謎の行動とか、機嫌が悪い時の対処方法とかも、普通のネコ本より、よほどヒントになる事が書かれてます。
ネコにはネコの本来の生き方があって、“家ネコか野良ネコか”“「人」と「ネコ」がどう共生していくのがベストか”、山根さんなりの考えも書かれていて興味深い。

山根さんの研究の場でもあり、番組の舞台になってるのが福岡県の相島です。
相島までは町営の船で。片道460円。所要時間20分。
“ネコ好き”と“釣り目的の人”。あとは「朝鮮通信使」関連で世界記憶遺産に登録されたからか、韓国からの旅行客が多くて驚きます。
平日なんだけど、お客さん超多い。

番組で取り上げられてたコムギを探すけど、分からない…でもコムギ遺伝子と持つと思われる子ネコがたくさん。

とにかく、島のネコが人間に慣れてて驚きます。全然逃げません。
このネコたちも、

こんな風に間をすり抜けて通る私に、全然動じませんでした。すごくないですか…。。。
うちの近所にも野良ネコいっぱいいるけど、少しでも近づいたら蜘蛛の子を散らすように逃げていくんだけどなー。

むしろ、待っててやるから「撮りたいなら、早く撮れ」「触りたいなら、はよ触れ」みたいな。
本当に野良ネコ?(汗)
飼いネコは首輪しているので、すぐわかります。でも野良も飼いネコも、人に慣れてる。

昼寝の邪魔して悪いなと思ったけど、撮らせてもらいました。
本当に、ネコがのびのび暮らしてる島です。こんな場所あるんですね。

せっかくなので島内を歩いて1周しました。

目で見たように雄大に撮れてなくて嫌になる…すみません。伝わらないわーこの写真。
島内に景観がいい場所や史跡があって、歩いても2時間30分くらいで1周できます。
山の中で1人になって一瞬不安になったけど、ちゃんと案内版つけてくれてるから道には迷わない。

私の本、山根さん直筆のイラスト付きなので載せます。フフフ。いいでしょう。。。
さすが、ネコの絵上手。可愛い=^_^=

※情報は2018.3.16時点のものです

ちびっこO&めがね

【ちびっこ0】出版→映画宣伝→イギリスでのボランティアステイを経て、現在福岡でフリーの編集・ライターをしている40代。イギリスにいた間に、生来の“おっとり”に磨きがかかったかもしれない…。宮崎出身の為、すぐ鶏料理を探してしまいます。趣味はyoutubeで延々k-popを見る事。得意分野は「映画」「韓国ドラマ」「Kpop」。

【めがね】出版→映画宣伝→IT系→webデザイナーを経て、現在ニートの40代。会社勤めから解放され、有り余る時間を生かして、あらゆる事に首をつっこんでいる最中です。得意分野は「本」「演劇」「映画」「2012年までの宝塚」。

この記事もおすすめ