都民の方が福岡に帰省だニャン ~サニさんぽで紹介の洒落と~るに行かれたそうニャ~

 ほんとにあったかくなってきましたニャ。

 おれだけでなく、他猫たちの動きもすごく活発になっておる。油断ならんぞ。

 「お外に出たらイカン」のお達しなれど、うかうかしてると、庭は荒らされるばかりじゃ。ついついパトロールと称して、脱出しておる。

 

 こやつが、最近の天敵「茶」だ。おれ同様荒々しいやつで、前に戦ってケガをさせられた。いまいましい。おとといの夜は、わがもの顔で家の中を覗き込んでたという。おれは、飼い主の腹のうえで寝てたがニャ。

 こいつは、わが家で「うし猫」と呼んでいるちょいと太ったやつだ。いつもこのあたりの植え込みに隠れてえさを虎視眈々と狙っている。ぽっちゃりしてるわりに、すばしこくて近づくとすぐ逃げる。ジャンプ力もなかなかで高い塀にぴょんと飛び乗る。

 この黒猫は、きのうもこうやってのうのうとえさを食ってたから、おれがものすごい勢いで追っ払ってやったぞ。おれの勇姿を読者諸君に見せたかった。首を高く上げて、背筋を伸ばし、現役時代の中田英寿みたいだった。

    ****************************************

 ところで、ちょいちょいメールでおたよりをくださる福岡出身、現在は東京にお住まいの都民、通称・トミさんという方から「2年ぶりに福岡に帰省しました」とご報告していただいたので、紹介しますからニャ。

 ↓ トミさんからのメール

サニさま

こんにちは、今日、桜の満開宣言が出ましたね。

今日はとってもいい天気です。

こんな日はお庭で日向ぼっこ日和ですね。

さて、先週、約2年ぶりに福岡へ帰省しました。

まずは、福岡空港、、、滑走路を増やすために空港ビルを建て替えしながらの営業。

空港ビル前の駐車場は姿を消してしまいましたね。

西鉄電車は大橋~下大利間の高架工事中で、春日原駅は迷路のようになっていました。

あと数年で福岡の街の景色もだいぶ変わりますね。 

大橋駅で特急追い越しを体験しました。大橋駅に特急を止めるほどの大物が住んでいるのでしょうか?

急行で充分だし、特急の意味がないような気がします。

薬院から天神南の渡辺通りも、いつのまにか 両側に高いビルが建っていました。

ランチは平尾駅から徒歩5分くらいの「料理屋takanabe」に行ってきました。

私が東京から「平尾・ランチ」というキーワードで検索して見つけたお店です。

HPを観ると予約のみで落ち着いた雰囲気で、少し敷居が高そうかな?と思ったのですが、お店は古民家風のお店で、両隣りのお店も古民家風の雑貨店などがありました。ランチは「花籠御膳」。写真の通り、まずは季節の食材を使った前菜が花籠に盛られていました。お刺身は新鮮ぷ りぷり、茶わん蒸しは桜えびのあんかけ、ちょっぴり苦みのある春野菜の天ぷらなど、、、華やかでとても美味しかったです。

次は焼き魚とごはんとお吸い物。

焼き立ての魚も美味しかったです。最後はケーキとコーヒーをいただきました。

これで税込1800円!!、、、

ご主人、大将、マスター?なんとお呼びしていいのか、おひとりで切り盛りされていました。これだけのおもてなし、予約のみの意味が分かりました。

地元の友達も知らなかったらしく、いい店を見つけてくれたと喜んでいました。

次回は夜のコースをいただいてみたいです。

 

そして、「サニさんぽ 」で紹介されていたお店に行ってきました!!

平尾の「Chats Lettre」洒落とーる

お店の看板は黒猫が手紙をくわえています、店名は「猫の手紙」という意味と聞き、納得しました。

友達とランチの後におしゃべりしながら、歩いていたので、あやうく通り過ぎそうになりました。。。

かわいい店構え。

中に入れば、いたるところに猫が飾られ、ケーキや焼き菓子には猫のチョコや肉球の焼き印があったりしました。

イートインコーナーがあり、ケーキを注文すれば、コーヒーやお茶をサービスしていただけます。

飲み物のカップは自由に選べます。

今回はコーヒーをいただきました。

ご主人の猫さんのアルバムも見せていただきました。

それと、トイレの扉を開くとビックリする仕掛けがありました。

人気の「いちご弁当」は売り切れていました。

ケーキと焼き菓子を買って帰りました。

平尾駅周辺もマンションが立ち並びましたね。

他にも「洋菓子」「ワイン」「豆乳、とうふ」「洋服」のお店など、いろいろなお店があって、またゆっくり行ってみたいです。

今回は残念ながら、サニさんから紹介いただいたお寿司屋さんには行けませんでした。また今度行きたいと思います。

それでは、また。

「サ日記」、猫だけに気まぐれ不定期更新?を楽しみにしております。

  ***************************************

 うむ。お友だちとも会えて、久しぶりにふるさとに帰って楽しかったようですニャ。

 おれの紹介した「しゃれと~る」にも行っていただいたようで、ありがとニャンです。

 中に出てくる大橋駅は、おれの家から近い。特急を停車させた大物とは、ほかならぬこのサニ様です。

 そのうち、近くを通り那珂川町というところに行ってる新幹線も停車させるつもりですニャ(嘘)。

 しかし、takanabeというお店は、おれはもちろん飼い主も初耳ですニャ。読者の方で行かれる方は、感想を寄せてくださいニャ。いつかおれも行ってみますからニャ。

 さて、偵察の続き。

 この農機具のあたりによその猫連中がうろついてるからニャ。おれの匂いをつけてビビらせてやらニャ。

 飼い主は、外猫のえさも買ってきてこの容器に入れてるようだ。これをおれが食べてしまえば、やつらも来なくなるはずだが。

 飼い主は先日、近くのグッデイというお店でちゅ~るを買ってきた。それはいいが、他猫のえさはいらんからニャ。

 おもちゃも。猫に力入れてる。

180326_085001

180326_085001

 ひなたぼっこの季節。

 ねむい

ねむい

 やっぱ眠い。

 パトロールで疲れたニャ。では、またおやすみニャさい。

 

※情報は2018.3.27時点のものです

サニ

 出身地不明。年齢8歳くらい。オス(去勢済み)。雑種。グレーっぽい縞模様。3年ほど前に、福岡市南区の飼い主の家に上がり込んで、飼い猫に。それまでは近くの公園住まい。生意気な猫には攻撃的だが、人には甘えん坊で勉強や仕事をしていると、必ずすり寄ってきてジャマする。かつお節が大好き。ダミ声。すきあらば家からの脱出を図る。

「サ日記」のタイトルは、紀貫之の「土佐日記」のパクり。名前と同じ32歳まで生きる予定。

この記事もおすすめ