日本一のすごろくコレクター・山本正勝さんとの出会い

こんにちは。ツムラクリエイションの津村修二です。
今回は、7,000点以上のすごろくを蒐集している「日本一のすごろくコレクター」山本正勝さんを紹介します。 

●山本正勝さんの著作「絵すごろく 生いたちと魅力」との出合い
2009年、私は当時博多菓子工房・ニ鶴堂の「ぽてっと君すごろく」を制作していたこともあって、すごろくに強い関心を抱いていました。「すごろくは一体いつから存在するのか?どんな種類があるのか?その魅力は何だろうか?」と。そんななか、山本正勝さんの「絵すごろく 生いたちと魅力」という本に出合いました。

「絵すごろく 生いたちと魅力」(山本正勝・著 芸艸堂)

「絵すごろく 生いたちと魅力」(山本正勝・著 芸艸堂)

288ページにわたり、すごろくのことだけが書かれた本で、私のすごろくに対する探求心を大いに刺激する内容。「こんな本が世の中にあるんだ!」という驚きと喜びがありました。同時に「こんな本を書いた山本正勝さんってどんな方なんだろう?」と、山本さん本人に会ってみたいと思うように。私は居ても立っても居られなくなり、本の巻末に記載されていた、私設すごろく資料館・翔奉庵(しょうぶあん)=<すごろくの”勝負”と山本さんご夫婦の名前”正”勝と”武”子から命名>宛てに手紙を出しました。すぐに山本さんから返事があり、訪問の了承をいただきました。

 

●翔奉庵 訪問記

同年8月2日、私は大阪府箕面市にある翔奉庵を訪ねました。

展望台から箕面の街を一望。左に見えるのは展望エレベーター。

展望台から箕面の街を一望。左に見えるのは展望エレベーター。

阪急箕面駅前。午後2時の待ち合わせに山本さんは駅まで迎えに来てくださいました。

阪急箕面駅前。午後2時の待ち合わせに山本さんは駅まで迎えに来てくださいました。

駅から閑静な住宅街を歩くこと10分。山本さんの自宅敷地内に建てられた翔奉庵に到着。

駅から閑静な住宅街を歩くこと10分。山本さんの自宅敷地内に建てられた翔奉庵に到着。

箪笥の引き出し全てにすごろくが保管されていました。一つひとつ丁寧に解説してくださり、エピソードを話していただきました。柔らかで知性が感じられる穏やかな口調が印象的でした。

箪笥の引き出し全てにすごろくが保管されていました。一つひとつ丁寧に解説してくださり、エピソードを話していただきました。柔らかで知性が感じられる穏やかな口調が印象的でした。

部屋いっぱいに納められた、貴重なコレクションの数々。

部屋いっぱいに納められた、貴重なコレクションの数々。

すごろくは1枚ずつセロファン袋(特注品)に入れられ、ナンバリングされています。

すごろくは1枚ずつセロファン袋(特注品)に入れられ、ナンバリングされています。

ふりだし・あがりの他、各マスの文字入れがまだ行われていない「ジャングル大帝レオ」のすごろく原画。

ふりだし・あがりの他、各マスの文字入れがまだ行われていない「ジャングル大帝レオ」のすごろく原画。

おひつ型すごろく。下段から「いろはにほへと」と順にらせん状に上っていき、ふっくらご飯が見える上段があがり。

おひつ型すごろく。下段から「いろはにほへと」と順にらせん状に上っていき、ふっくらご飯が見える上段があがり。

江戸時代天保年間(1830年 - 1843年)のすごろく。こちらも「いろはにほへと」で各マスが順に構成されています。

江戸時代天保年間(1830年 – 1843年)のすごろく。こちらも「いろはにほへと」で各マスが順に構成されています。

盤双六に興じる様子を描いた中国の彫刻作品。

盤双六に興じる様子を描いた中国の彫刻作品。

「浪花みやげ新名所めぐり」(2002年2月16日作)

「浪花みやげ新名所めぐり」(2002年2月16日作)

おみやげとして山本さんからいただいたすごろく。なんと山本さんご自身の作・画です!小学校時代から、絵は勉強されていたのだとか。すごい画力!振り出しは「中之島中央公会堂」、あがりは「大阪城天守閣」。2002年に大阪で開催された第8回日本臨床皮膚科医学会総会で、出席の皮膚科医全員に大阪みやげとして配布。

 

●すごろくへの愛と情熱に溢れる山本さん

山本さんがすごろくの蒐集を始めたきっかけは、京都の古書店で出合った江戸時代に作られた墨摺りの絵すごろくの木版画だったそうです。「浮世絵に比べ、絵すごろくは子どもが遊ぶものとして価値が低く見られていたため、その店では粗末に安売りされていた。それが悔しくて、愛おしさがぐっと込み上がってきた。絵すごろくの中には美術的価値が高いものがたくさんあるのに、どうして子どもの遊具というだけで正当な評価をしようとしないのか」山本さんは誰よりもすごろくに魅せられ、このすごろくの価値をこの日から50年以上信じ続けてきたのです。

 

●山本さんのすごろくに影響されて両親と作った「福岡名所双六」

「福岡名所双六」(2009年8月7日作)

「福岡名所双六」(2009年8月7日作)

山本さんからいただいた「浪花みやげ 新名所めぐり」を両親と遊んだ後、自分たちでも福岡版を作ろう、という話になり、すぐに制作。福岡の名所としてどこを入れるかを話し合い、それらの場所のイラストを分担して描きました。それぞれに絵の特徴が出ているのが面白いです。振り出しは右下の福岡タワー、あがりは中央の山笠です。中央下部には福岡市の地図があり、名所の位置を確認できます。今は亡き父との良い思い出になっています。

 

●オリジナルすごろくが翔奉庵に収蔵

先日、過去に私が制作したすごろく「ぽよんすごろく」「しろくまさんすごろく」の2点を山本さんに送りました。どちらも翔奉庵に収蔵した、との報告を手紙でいただきました。収蔵ナンバーは7086番と7087番。とても光栄に思います。

翔奉庵収蔵No.7086「ぽよんすごろく」(2014年7月15日作)

翔奉庵収蔵No.7086「ぽよんすごろく」(2014年7月15日作)

私が勤務するイムズ6Fの玩具店「つみきや」で開催したワークショップ「オリジナルすごろくをつくろう!」の見本用に制作。ぽよんとは私が小学校の頃から20年以上愛用しているオリジナルキャラクターです。内容は“いち早くぽよん城にたどり着いた者を次のぽよんの国の王様にする、という王様の言葉を聞いたぽよんたちが、ぽよんの国を旅しながらぽよん城を目指す”というもの。

翔奉庵収蔵No.7087「しろくまさんすごろく」(2011年10月8日作)

翔奉庵収蔵No.7087「しろくまさんすごろく」(2011年10月8日作)

「しろくまさんすごろく」はプレイヤーがしろくまさんになって、しろくまさんのふるさとへと旅する冒険すごろく。最大5人まで遊ぶことができます。南極を舞台にアザラシさんの背中に乗ったり、かもめさんと空を飛んだり、時にはオーロラを眺めたりしながら、ゴールの「ふるさと」を目指します。

※下記よりダウンロードして印刷して遊べます。
http://tsumura-creation.com/otherworks-sugoroku-sirokuma.html

 

●おわりに

私は今回の記事を書くにあたって、了承を得ようと山本さんに手紙を書きました。2週間後、山本さんから届いた手紙には達筆で次のようにしたためてありました。「多くの人にすごろくの楽しさを知っていただくために私の方からお願いしたい位です」と。本当にすごろくのことを愛している方なのだと思いました。人生を懸けて、愛と情熱を注げられる好きなものがある、というのはなんと幸せなことでしょうか。

 

今年の夏、翔奉庵を再訪しようと思っています。今からすごく楽しみです。

 

【山本正勝氏 プロフィール】
1932年大阪市生まれ(86歳)。1964年より絵双六の蒐集・研究を始める。翔奉庵主人。
医療法人山本皮膚科・アレルギー科院長。

【翔奉庵 所在地】
〒562-0001 大阪府箕面市箕面8-4-7
※2018年4月現在

文章・写真 津村修二

◆ボードゲームイベント情報

私が勤務している「つみきや」(イムズ6F)で開催しているゲーム会です。
詳細はそれぞれのリンクを参照ください。

4月20日(金)「大人限定 夜のゲーム会」 

4月21日(土)「子どもゲーム会」 

4月28日(土)「ちょっぴり大人のゲーム会」 

つみきやの公式サイト 

「六本松蔦屋書店」にてボードゲーム初心者のための講座を開催します。

4月22日(日)「初心者のためのボードゲーム講座」

※情報は2018.4.5時点のものです

津村修二

ツムラクリエイション代表。ボードゲームクリエイター/アーティスト。
1983年福岡生まれ。幼少の頃よりオリジナルのボードゲームや外遊びを考案し、小学6年生の時に福岡市全住所が登場する巨大すごろく「福岡市大すごろく」を制作。(2014年7月より福岡市博物館1階「みたいけんラボ」にて展示中)
2011年に「ツムラクリエイション」を起業。砂時計を使った新感覚の石取りオリジナルゲーム「Amen-アメン-」の製作と販売を開始する。
そのほか、各種ゲーム会やアート展を企画・開催し、ボードゲームの楽しさやデザインの美しさを伝える活動を続けている。
新聞・テレビなどメディアからの取材も多数。現在、天神イムズ6階「つみきや」のスタッフとしても勤務中。

ツムラクリエイション
http://tsumura-creation.com/

この記事もおすすめ