通勤・通学に便利!今、注目されている福岡県・古賀〜福津の再開発エリア

福岡県の2大都市である福岡市と北九州市。その中間地点である古賀市〜福津市の再開発エリアが、熱い注目を浴びています。どちらも、玄界灘に面して山林にも近い、自然豊かな環境。福岡・北九州へのアクセスが良いことから、通勤・通学にも便利なエリアと言えます。さらに、近隣には各種店舗やショッピングモール、医療機関などが揃い、生活利便性も上々の住環境なのです。

 

【シーサイドパーク海岸通り】

住民同士、周辺環境との調和を重視 豊かな暮らしと未来を育むまち

白砂青松の宮地浜海岸沿いで販売中の「シーサイドパーク海岸通り」。全区画完売後は507世帯が豊かな暮らしを育む、新しいまちが誕生します。先ごろ開催された「街びらき住宅祭」には、6日間合計で736組・約3200人が来場し、このまちの注目度の高さを物語っていました。

■暮らしにゆとりが 生まれる充実したロケーション

「シーサイドパーク海岸通り」が立地する福津市は、先ごろ世界文化遺産登録された「新原・奴山古墳群」を市北部に臨む、歴史豊かな地域。約1700年前に創建されたと伝わる「宮地嶽神社」、江戸時代後半に製塩業で栄えた「津屋崎千軒」なども徒歩圏内で、海岸沿いの美しい景観はもちろん、近隣を散策するたびに、新しい発見と出会いがありそうです。

そんな自然に親しめるロケーションでありながら、最寄りのJR福間駅 までマイカーで5分少々、ミニバス+徒歩でも10分少々。同駅から快速に乗れば、JR博多駅まで23分・小倉駅まで41分なので、勤務先や通学先が福岡都市圏でも北九州都市圏でも、無理なく通えるでしょう。

保育園や小学校、公園などの公共施設にも近く、金融機関やショッピング施設、各種の医療機関も徒歩圏内に多数ある、日々の暮らしにゆとりが生まれるニュータウンです。

■分譲開始前から大好評!関心のある方は、まず現地へ!

ーサイドパーク海岸通りの特徴の1つは、住民同士のコミュニケーションを大切にしながら、周辺環境との調和も図るため、まちづくりの「マスタープラン」を定めている点。

16社のハウスメーカーが参加し、そろぞれの家族の理想に合わせた個性豊かな住まいを提案する一方で、各邸に2本以上のシンボルツリーを植え、緑が連続する景観とプライバシー保護を両立させたり、一般住宅には2〜3台分の駐車場を設け、道路を美しく見えるよう配慮したり、防犯性や安全性と同時にまちの美観も向上するよう、各戸の道路側に1本以上のガーデンライトを設置し、歩行者専用道路も設けるなど、質の高い暮らしを実現するためのルールが準備されています。

当然、家づくりを検討中の方々からの注目度も高く、全507区画のうち、すでに約290区画が契約済みとなりました。残りは、およそ200区画強。海と緑に囲まれたニュータウンに関心をお持ちの方は、早めの現地見学をオススメします!

先ごろ開催された「街びらき住宅祭」では、6日間合計で736組・約3200人が来場する盛況ぶりに!

先ごろ開催された「街びらき住宅祭」では、6日間合計で736組・約3200人が来場する盛況ぶりに!

※街びらき住宅祭にて

 

【コットンヒルズ千鳥駅 花みの森】

分譲開始と同時に大人気!「駅近・海近」環境の新しいまち

随所に季節の花や低木などが植栽され、まち全体が公園のような佇まいを見せます

随所に季節の花や低木などが植栽され、まち全体が公園のような佇まいを見せます

■生活利便性の高さも人気の要因 コットンヒルズ千鳥駅「花みの森」

今年初旬に「まち開き」が行われた「コットンヒルズ千鳥駅 花みの森」。JR千鳥駅から徒歩約7分の立地で、生鮮食料品や生活雑貨の店、ドラッグストア、郵便局や医療機関も徒歩圏内にあるという利便性が注目を浴び、第一期分譲分の7邸では、すでに新しい生活が始まっています。

生活利便性の面ばかりでなく、まちの西側には白砂青松の海岸線が広がり、東側には自然の地形をそのまま活かした千鳥ヶ池公園、まちの随所には季節の花や低木などを植栽…という、自然豊かな住環境も、「花みの森」の魅力のひとつ。全54区画のほとんどが4LDK〜5LDKの分譲住宅なので、子育て世代のファミリーには特に人気があります。

新しいまちの中に、新しいコミュニティが誕生し、父母の世代から子どもたちの世代へと歴史を刻んでいく「花みの森」。5月の連休明けには、第二期の6邸が分譲開始となりますが、すでに数件の問い合わせが入っているそう。家づくりを関心をお持ちの方はぜひ現地に足を運び、新緑の季節のまちなみをご確認下さい。

 

【コットンヒルズ千鳥駅 結いの森】

家族と未来と幸せを結ぶ、新しい「暮らしの森」が誕生

完成された住宅地である千鳥エリア。その一角に、「地域の発展につながる環境の創造・再生」という思いを込めて、「コットンヒルズ千島駅 結いの森」が誕生しました。「花みの森」と同様、福岡のまちづくりに深く関わってきた西鉄グループが提案する、周囲と調和しながら絆を深める新街区です。

すぐ横を国道3号線(香椎・宗像バイパス)が走り、九州自動車道・古賀ICまでクルマで5分ほどの立地なので、福岡・北九州の両都市圏までの移動が非常にスムーズ。まちの内部や周辺には、スーパーやコンビニをはじめ各種店舗が並び、基幹病院もすぐそばという安心の住環境です。

保育園や小学校、中学校も徒歩圏内なので、これから子育てを始める若い世代のご夫婦には、特にオススメの立地と言えるでしょう。門塀灯や街灯、6m幅の街区内道路と植栽プランなど、安全・安心・快適に配慮した工夫がまち全体に施されている点も、「結いの森」の魅力です。

全42区画のうち、5月には6邸の分譲住宅の販売がスタート。同時に、モデルハウスとしてオープンしていた2邸が、おトクな家具付き分譲物件として限定販売中です。

収納スペースも十分な3LDKと4LDKの物件が、2邸限定で家具付き特別分譲中

収納スペースも十分な3LDKと4LDKの物件が、2邸限定で家具付き特別分譲中

※情報は2018.4.26時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ