珍しい ハム、ソーセージの自動販売機ですニャ。 サニさんぽ

 ”鉄人”衣笠祥雄選手が亡くなりましたニャ。おれは、現役時代を知らんからなんとも言えんが、広島の選手だったというのに、おれの地元福岡の西日本新聞でも、破格の大きさで取り上げているぞ。

 あの星野仙一さんのときも、こげな立派な扱いじゃなかったような気がするが。。。

 3日ほど前、テレビで野球解説してる様子を見ていたCとNは、「声が全然出てない」と思って話してたらしい。風邪ぐらいだとタカをくくっていたら、ガンだったとはニャ。

 みなさんも、無理せず身体に気をつけてくださいニャ。最近、寒かったり暑かったりで、気温も落ち着かんしニャ。

 

 おれは、しみじみ考える。飼い猫になって以来、おれの世界はえらく狭くなったまんまのようだ。

 

 世の中の野良猫どもは、日夜こげな激しい闘いを繰り広げているんだろうニャ。

 元々荒々しい気性のおれも、家の中で人間ばかり相手にしてると、身体も心もなまくらになっていく気がする。

 あまりの退屈に死にそうな気持ちになっていたら、情報源のすずめがやって来た。きょうは、何のネタを持って来た?

 すずめの野郎の話は、自動販売機のことだった。

 一見、普通の自販機だが・・・。

 近づいて見ると、紙コップに詰められたソーセージが並んでるぞ。

 袋に入ったさまざまな商品もありますニャア。

 噂になってるらしい。

 ハムやソーセージの製造販売の九食という会社の本社に併設されたコインランドリーの中に設置されてるらしいニャ。住所は、福岡市南区大楠1丁目24番4号。九州一の繁華街・天神からもバスで10分くらいのわりと町中だぞ。

 こっちは、会社の入り口だ。営業車がある。「オツ辛ちゃん」は、商品名だぞ。メキシコっぽいソーセージが踊ってる。

 まさか、洗濯機の横で、ハム、ソーセージが買えるとはニャ。

 おっ、こっちに回ると、オツ辛ちゃんの全体像がわかるぞ。

 

 このあたりは、100円のお得商品のコーナー。すぐに売り切れてますニャア。

 これじゃよく見えんけど、注意書きの貼紙が貼ってある。

 商品をおいしくいただくための親切なレシピもある。写真撮って帰れば、料理のとき使えるぞ。

 この、九食さんのハム、ソーセージの自動販売機は珍しいので、一頃テレビでも話題として取り上げられたらしい。すずめが社長さんの話を立ち聞き(飛び聞きかも?)したところによると、ソーセージとか専門の自販機じゃないので、けっこう商品だつかえるとかトラブルもあったらしい。

 この本社の近くだけかと思ったら、市内の博多区とか西区の周船寺(すせんじ)とか、何か所か設置してるらしいぞ。興味のある人は、探してまわって、自分で勝手にスタンプラリーをやったらいいかもニャ。

 うむ。一通り書いたら、眠くなってきたニャア。

 いかんいかん。寝てばかりおったら、サ日記のネタも増えん。このところ、更新頻度が遅いと文句も言われてるし。

 しかし、眠気をこらえて起きてると、こげなおかしな顔にもなる。

 飼い主のじゃまをして、眠気をさまそうとしたが、やっぱもう限界ですニャ。

 まぶしいから目を隠すか。

 完全に眠りモードに入った。われながら間抜けな姿。しっかり昼寝して夜暴れるわ。

 

※情報は2018.4.26時点のものです

サニ

 出身地不明。年齢8歳くらい。オス(去勢済み)。雑種。グレーっぽい縞模様。3年ほど前に、福岡市南区の飼い主の家に上がり込んで、飼い猫に。それまでは近くの公園住まい。生意気な猫には攻撃的だが、人には甘えん坊で勉強や仕事をしていると、必ずすり寄ってきてジャマする。かつお節が大好き。ダミ声。すきあらば家からの脱出を図る。

「サ日記」のタイトルは、紀貫之の「土佐日記」のパクり。名前と同じ32歳まで生きる予定。

この記事もおすすめ