好きですと言わないままに傍にいる

あるひとが気になるとします。
一日のなかでそのひとのことを考えている時間が長くなってきます。
意味もなく思い出し、意味もなく何してるかな?なんて考えます。
そしてはじめは顔もうまく思い出せなかったはずなのに
いつの間にかいろんなふとした表情や、しぐさや、声なんかまで
記憶の中から引っ張り出せるまでになってきます。
なんだか自分の中を侵食されてる気分がするほどに。
はじまりはなんだったんだろう?
他の人と違うなにかを感じ取って忘れられなくなったのは
いったいいつからだったんだろう?
(そんなこと分かっても意味ないんだけどね・笑)

そして運良く相手にもその気持ちが通じることもあります。
好きだと思う相手ももしかしたら私のこと好きかも!って思えて
お互いに用もないのにどうでもいいことを話しかけたり聞いたり
もう一歩距離を縮めようかそれともこのままがいいのか
やるせなくて甘ったるくてでもニタニタしちゃいそうな悩みに浸る時期。
あ~・・そういう時期って一番好き!
(そのあとどんな感じで進んでいくかそれがまた問題だったりするんだよね~)

 

出会いは高校ラグビー。同級生が花園へ行った。
応援団の呼びかけに応えて県の決勝戦を観に行った。
ラグビーのルールなんて何にもわからないままに必死になって応援した。
マイボールにはきゃいきゃいはしゃいで、相手ボールにはハラハラして
花園(ラグビーの全国大会)行きが決まったらみんなで抱き合って喜んだ。
それまで観なかったスポーツニュースを観た。
深夜の、花園でのラグビーの試合のダイジェスト版の番組を毎回観た。
それからずっと忘れてたけど、私の中のラグビー好きの種はあの時もらったに違いない。

いつからかまた高校ラグビーを観るようになった。
誘われて母校の試合を観に行ったら「けっこう面白いじゃん!」と思った。
当時はあまり強くなく花園にはかなり遠かった。
それでも年に 3 回の公式戦をそれぞれ何回かづつ試合のたびに観ていると
年明けてすぐのころ、新緑のころ、そして秋が深まりゆくころと彼らの成長が見えた。
夏を越したあとのその変貌ぶりは見ててドキドキするほど著しかった。

そのうちにラグビーとのご縁が増えてきた。
小さな子どもたちもラグビーをするのだと知った。
小学生、中学生、それぞれに公式戦があり、そのひとつひとつに様々なドラマがあるのだ と知った。

ご贔屓の選手が現れた。
彼の成長を見続けたいと思った。
彼を取り巻くラグビーに目が行った。
彼が世界を広げていくのが傍で見ていて楽しかった。
小学生の時に描いた「ラグビー日本代表になる」という夢を、ゆっくり、しかし、しっか りと叶えた彼を尊敬もするし
何より、私の人生にラグビーというものを深く根付かせてくれたことに感謝している。

そしてその彼がもう私などには手の届かない存在になりつつあるころから
ラグビーのおかげでできた友達が急速に増えてきた。
ラグビーにとどまらず、これからいろんなことを共有していきたいと思えるような素敵な ひとたち。

自分でラグビーをしたわけでも
ラグビー部の関係者だったわけでもないのに
いま私の傍らには色々なものに交じって確実にラグビーがある。

 

と、まあ、思わせぶりなわりにはやっぱりラグビーの話ですみません。
それにしても思うのはラグビー好きな人って気持ちのいい人が多くて
「私、ラグビー好きなんです」というと一気に距離が縮まって
とても親切に昔からの仲間のように扱って下さる方が多いのです。
そして多くの方が「自分を作ってくれたラグビーに恩返しがしたい」
と、いろんなことを自分から働きかけていらっしゃるのです。
私もそんな方々の熱を受けて少しでも多くの方に
来年のワールドカップを知ってほしいと思っています。
せっかく福岡でも試合があるのだもの、楽しまなくちゃもったいない。
市内のあちこちに「4 年に一度じゃない、一生に一度だ」ってぶら下がってるの
このラグビーワールドカップですよ!
福岡で観られるのはホントに一生に一度かも!
ぜひちょっとだけアンテナ張ってみてください。
きっと楽しいこと増えると思います。
直近のお薦めはゴールデンウィークの宗像市グローバルアリーナ。
きっと行って損はないよ。「ラグビー」を添えて検索してみてくださいね。

いつの間にか傍にいたラグビー。
ラグビーに対しては面と向かって好きというわけにはいかないですが
傍にいてくれる人には「好き!」ってしっかり伝えなくちゃね。
「ありがとう」と「好き」はたくさん使った方が幸せになれると思う。
ラグビーに近づけてくれたひとたちにこの場を借りてありがとう。
そしてこんなラグビー話を最後まで読んで下さったあなた☆
どうもありがとうございます!

 

※情報は2018.4.26時点のものです

pink blossom 2019

すべての出会いは幸せのため・・であってほしい

好きなもの、ラグビー、着物、ダンスに漫画、美味しいものに美味しいお酒、興が乗れば 歌うこと。お洒落なひと・ものは大好物です(笑)
好きなものを通して新しいことを発見したり素敵なひとに出会ったりそんなことを体験するのはもちろんのこと、見たり聞いたり企んだり(笑)するのが大好きです。
名前についている 2019 は、来年 2019 年、日本で、そして福岡でも行われる ラグビーワールドカップの成功を心から願う気持ちからの数字です。

この記事もおすすめ