図書館を貸切!佐賀市・古湯温泉の「泊まれる図書館『暁』」に泊まってみた

福岡パルコに泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO」がオープンするなど、本をキーワードにしたさまざまな施設が注目を集める中、佐賀市の古湯温泉に「泊まれる図書館があるよ」と聞きつけ、さっそく行ってきました。

パルコの泊まれる本屋の記事はこちら

古湯温泉は、佐賀市中心部から車で約30分、福岡市内からも車で約1時間程度。福岡市民にとっては気軽に行ける温泉地のひとつですが、ここに泊まれる図書館「暁」があります。

レトロな雰囲気。興味をそそります。ここは築100年以上の古民家を改装してできた図書館のようで、宿泊客は1日1組限定(昼間はカフェ付きの図書館として営業)。山あいの風情な風景に溶け込んだ一軒家で、宿を見つけた瞬間からテンションがあがります。

外から見た感じ

外から見た感じ

中にお邪魔すると、さっそく本が出迎えてくれました。

主の方がおいしいコーヒーを出してくれ、部屋の説明等をしてくださいました。

ほんの1時間ほど前まで福岡市にいたというのに、別世界に入り込んだような心地よい不思議な感覚で、時間の流れを忘れてしまいます。

和室には、小さな箱ごとに本が20冊程度並んでいましたが、これらは九州の本好きの人たちが選んだ本を棚ごとに並べているとのことでした。

ジャンルごとではなく、本の選者別に合わせて分けられた棚の数々。その人にとって大切な本が詰まった本棚を見ていると、選んだ人はどんな人なんだろう、この人と会ってみたいな、という気にさせられます。

巻末のブックポケットには、選者のコメントもあり、これを読むのも楽しみのひとつです。

自分の好みと合う棚を見つけるのも楽しいですが、「これどんな本だろう」と興味を持って選者のコメントを読むと新たな興味がかきたてられたりして楽しみが倍増します。

温泉街の古民家で、聞こえてくるのは鳥の声と時計の音のみ。

日当たりのよい縁側で読書を楽しんだり、ソファに座ったり、畳の上に寝転がったり。本とともに至福の時間が過ごせます。

夜は近くの温泉で入浴し、朝は近くのお店で朝食を。温泉街で読書と温泉にどっぷりひたった贅沢な時間が楽しめました。

「暁」という名は、「本に夢中になっているうちにいつのまにか夜が明けた朝の美しさを感じてほしい」という思いが込められているそうです。静かにふけていく夜、いつの間にか本の世界に夢中になって眠りにつき、窓から差し込む朝日によって目が覚める―。日常にありそうで失っていたかもしれない感覚が呼び戻される心地よさが体感できます。ぜひみなさんも足を運んでみてください。

佐賀・古湯温泉/泊まれる図書館 暁(あかつき)

〒840-0501
佐賀県佐賀市富士町古湯761-1

TEL:0952-58-2105

営業時間
【図書館/カフェ】12:00…15:00(宿泊がない日は18:00まで)
【宿泊】16:00…翌11:00
【休館日(※宿泊は無休)】…水曜・木曜(祝日は営業)

http://library-inn.jp/

※情報は2018.5.27時点のものです

この記事もおすすめ