日常生活に刺激とドキドキが舞い込むには?!ある昼下がりの妻たちの話。☆meiのオトナ女子塾 lesson.6

福岡の女子の皆さん、ドキドキすること、ありますか?

 

「確かに、夫に内緒の多額な貯金通帳があるわ」

「そういえば、彼に内緒でお金持ちのオジサマとご馳走デートしてる」

って、そっちのドキドキじゃなくて。

 

皆さん、淡い高校時代を思い出してみて下さい。

好きな人と目が合った瞬間…

好きな人に廊下ですれ違い様に声をかけられた瞬間…

 

……(遠い目)

 

あの、しょ〜もないことで心躍る、ピュアなドキドキ。

職業も年収もお家柄も関係なく、ただ人を好きになれたあの頃。

ただひたすら恋心を抱いていた、そう、あのころを思い出して。

ただひたすら恋心を抱いていた、そう、あのころを思い出して。

それが大人になった今じゃ、そう言ってもいられないのが現実ですよね。

結婚適齢期の男女は無駄な恋愛なんてしている暇は無いので、結婚相談所では、男性の年収や身長や学歴、女性の年齢や既婚歴などの条件をパソコンの検索で一気に振るいにかけることができるから、まぁなんとも刹那的。笑

 

しかし、仮に合理的に相手を選び、

「めちゃくちゃ好きってわけじゃないけど、結婚するならこんな人なのかなぁ」

「他に好きな人はいたけど、結婚したら良いパパになりそうだし、この人でいいのかも」

なんて相性を考えずに結婚すると、“予想が外れた”時がもう大変。

 

結婚生活を続ける中でいつからか、あの高校時代のように「普通に人を好きになってドキドキしたくなる」時期がやってきてしまうのです。

 

そんな「ドキドキしたい」「刺激が欲しい」という軽い気持ちで始まる禁断の恋愛…

今、妻たちの間で“夫”とは別に“彼氏”を持つ女性が急増中なのをご存知でしょうか。

「私はできないけど、ちょっと興味ある話…」なんて方も多いかもしれませんね。

モノクロに思えた世界に再び色がつく瞬間が訪れることも…

モノクロに思えた世界に再び色がつく瞬間が訪れることも…

私は賛成派でも反対派でもないのですが、この彼氏のいる妻たちの気持ちがどのくらい“満たされている”のか、というのは気になるところです。

その答えは本人のみぞ知る、ですが、緑々とした芽吹きも、美しく咲く花も、お天道様に背いては手にすることはできないはず…

 

ということで、女性たちが、妻たちが、晴れ晴れと幸福感を得る為に…!

今日のmeiのオトナ女子塾はちょっぴり禁断な香りを漂わせながら、どうすれば日常生活に刺激とドキドキが舞い込むのか、新しい生活やスキンシップを楽しむ術を持つ妻たちの実話を元に、ヨガ的観点からも考察していきたいと思います!

 

さて、イギリスでの調査によると、男性は結婚後6年、女性は結婚後5年で夫や妻と離婚する気がなくても「他で恋愛したい」と考える男女が急増するそうです。

考えるだけならまだしも、実行に移す強者も多いのはご存知の通り。

日本でも、あるところの調査によると実に18%の妻たちが「夫以外に彼がいる」と回答…!

 

これには驚き…ません。

むしろ、「え?もっといるんじゃないの?」と思う私。

なぜなら、女性は男性と違ってこんな話はおおっぴらにしないからです。

 

しかし最近、主婦の間で話題のドラマ「昼顔」(木曜22時 フジ系)を観ていて、それさえもすっかり変わった時代なのだと感じました。

このドラマのサブタイトルは「平日午後3時の恋人たち」。

平日午後3時以降…何かが起きている!?

平日午後3時以降…何かが起きている!?

「平日午後3時の恋人たち」なんて言うとなんだかピュアで可愛いですがね。つまりは単純に「人妻の不倫」、なんともアダルトなドラマなのです。笑

その「人妻の不倫」という、これまで御法度として表沙汰されなかったものが、あたかも“よくあること”かのようにゴールデンタイムのドラマのテーマとなってこんなにも堂々と公共の電波にのっている…!

このドラマを初めて観た時には、ぶったまげました。いやはや時代の流れって凄いですね。

 

しかしもちろんですが、妻の不倫が正当化されたわけではありません。

Yahooニュースの女子SPA!調べによると、妻の不倫が夫にバレなかった割合は74%と、さすが用意周到な女性ならではの高確率ですが、その一方で、バレてしまった割合は11%、夫に泣いて謝り倒した、なんて背筋の凍る回答も…

 

これは男女共に言えることですが、一度失った信用はよほどの努力を重ねない限り戻ることはありません。

パートナーに真摯な対応を続け、また信頼してもらう為にその実績を積み上げる必要がありますが、自分も相手に対して肝心の“情”が残っていなければこれが苦痛な作業にしかならず、終焉を迎えるだけ。

そうなった時の問題はそりゃもう山積みで、子どもの親権、財産分与、養育費、これからの生活費…想像するだけでげっそり、5kgは痩せそうです。笑

 

けれど、彼氏のいる妻たちが、不倫にこれらのリスクがあることを本当に理解しているかといえば、実はそういうわけではなさそうです。

妻たちが彼氏を作った理由はそれぞれですが、同じく女子SPA!調べによると、およそ合計で61%の女性が「生活に刺激が欲しかったから」「なんとなく」「興味本位」「暇で他にすることが無かった」と、綿菓子のように軽〜い回答。笑

動機は甘くても結果は苦くなることもあるのでご用心。

動機は甘くても結果は苦くなることもあるのでご用心。

しかしこの「生活に刺激が欲しかったから」という妻たちの気持ちは分からないでもありません。

私の友人の主婦Yちゃんはこう話します。

 

1 / 2

関連タグ

この記事もおすすめ