土偶にあって、埴輪にはないものとは?~変人的思考法

今朝、愛用している日めくりカレンダーをめくった瞬間、身体を衝撃が駆け抜けました!8月28日…828…これは絶対に絶対に「ハニワの日」に決まっている!と考えたからであります。埴輪とか土器とか古墳とか…そういったものに目がない私としては、あふれる土への愛をさらけ出せる日になるはずでした…。しかし、記念日データベースを調べた私は愕然とするのです。ない!ない!どこにもない!ハニワの日がないのです。

埴輪かわいい!

こんなにも愛らしくて親近感半端ないのに…

そんな!そんな馬鹿な!あの愛くるしい表情とおちょぼなお口のハニワを讃える日がないなんて。理由を調べてみたところ驚くべきものでした。なんと「ハニワの日」の候補は2つ存在し、8月20日8月28日があるようです。

 

大阪府高槻市は2004年に8月20日を「ハニワの日」と制定。しかし千葉県の芝山古墳・はにわ博物館では8月28日を「はにわの日」と定めているようです。日本記念日協会にはどちらも登録されていないため、記念日データベースにはないようです。

 

こ、これは西日本と東日本のハニワをめぐる抗争なのかー?!

 

しかしよくよく調べてみると、石川県埋蔵文化財センター・東京都文京区のアートスペース谷中ジンジャーでは8月20日を「ハニワの日」としていてる模様。これは地方豪族も真っ青!オトナの事情あふれる抗争なのか?そんな勝手な妄想をしながらさらに調べてみると。な、なんと「土偶の日」は10月9日にあるではないありませんか!

立像土偶

立像土偶

ハニワと土偶ってちょっぴりキャラがかぶっていると思ってしまった小学生の夏を思い出します。記念日なんてどうでも良いのよね。愛が大切♪なんて、手のひらを返しながらも、個人的にはこのままそっとダブル記念日でいてほしいなんて、身勝手なことを思うのです♪だって一年に2回もハニワに想いを馳せられるなんて、素敵だと思いませんか?

【「変人的思考法」は毎月「8」の付く日の午後8時8分に更新します】

※情報は2014.8.28時点のものです

薄田 泰代

  • 違いを認め合える社会を目指す「最変端ノ会」主宰。旅する企画屋・ライター・飲食店立て直し人。灰×枯れ木=花の「花咲かじいさん」を尊敬。今ある資源を活かし新しい価値を生み出す。得意技は五感をフルに活用した行動観察。合い言葉は「現地でチームを!」イベントや企画を一度きりで終わらせない「新陳代謝できるチームづくり」を一番大切にしている。

    薄田泰代サイトURL⇒ http://maro8.jp

この記事もおすすめ