使うとおっさん認定!?博多弁「よかろうもん」の意味とは?

■みんな方言を使わなくなった!?

萌え方言として定評がある(?)博多弁。

女の子が使う博多弁の破壊力についてはすでにあちこちで話題となっていますが、実は男の使う博多弁も結構ぐっとくる女子が多いのだとか。福岡男子としては小躍りしてしまいますね!

しかし、博多弁に限らず、今日本のあちこちで方言が徐々に使われなくなってきているそうです。特に若い人たちの間では顕著らしく、今風に言うと「若者の方言離れ」でしょうか。

 

■よかろうもん!っていい方言なんだけどなあ。

徐々に使われなくなっている博多弁の中でも、今やすっかり聞かれなくなった(言わなくなった)のが「よかろうもん」という言葉。

標準語で言うと「いいだろ」「いいんじゃないか」というような、相手に同意を求めるようなシーンで使われます。主に男性が使う博多弁ですね。

会話の流れの中で使う言葉なので前後のやり取りで微妙にニュアンスが異なってきますが、基本的にはいいモノやコトに対する肯定(評価)として使う言葉です。「この店よかろうもん」みたいな感じで。

あと、夫婦ゲンカの時に旦那が妻に向かって“腹かいて”言う「よかろうもん!」は「いいじゃないかよ、俺の好きにさせてくれよ」というような意味になります。

 

■「よかろうもん」を使う=おっさん認定!?

ところで、最近「よかろうもん」を聞いたのはどこですか?

ほとんどの人が友人同士の会話では使わなくなっているんじゃないでしょうか。筆者が最近この言葉を聞いたのは、今や日本を代表する芸人になった博多華丸大吉の漫才です。

若い人に言わせると、このコンビの博多弁も今では比較的古くて懐かしい博多弁なんだとか。

これが時代の流れというやつか…。

※情報は2018.11.5時点のものです

H.Katsura

福岡出身。就職で東京へ行き、20年の都会生活を経て昨年Uターンしてきたフリーライター。 地元を離れて初めてわかる福岡の面白さをあらためて実感中。

関連タグ

この記事もおすすめ