夏の香り『Salon de verte』~緑のアロマ部屋vol.11

雨の日が続いている今日この頃。

 

「もう8月も終わるねー。」とスタッフと話していて、ふと思ったのです。

涼しくて過ごしやすいけど、ちょっと待って。夏らしさを味わったけ?もうこのまま終わり!?

ここ数年、夏があっという間に過ぎていく気がします。

うっかりしていると夏が終わっちゃう!

うっかりしていると夏が終わっちゃう!

私は、夏生まれだからなのか、暑いのがわりと平気な方です。

子供の頃から、夏が待ち遠しくてワクワクしていました。

 

夏休み、鹿児島の祖母の家で過ごす時間。

年季の入った家屋の佇まい、玄関のお香や線香、祖母の糠漬けや、スイカのにおい。

たまに食べていた鹿児島名物・しろくまの練乳のにおい。

しろくまの練乳、最高です!

しろくまの練乳、最高です!

部活動の弓道場に一番乗りした時の、もわっとこもった空気。道具の匂い。

 

夜勤明けで行ったキャンプや、花火大会。

夏の思い出。

嗅覚は、脳の記憶を司る部位と密接な関係があるので、瞬時に、ある場面や人を思い出させます。

一気に若返ります(笑)

 

 

お盆も仕事で、夏らしいイベントにも縁がなく過ごしていましたが。

そんな私の気持ちを盛り上げてくれる出来事がありました。

 

柳川の緩和ケア病棟での、患者さんたちとの納涼会。

担当スタッフが中心となって、夏祭りらしく飾り付け、ヨーヨー釣りやかき氷、デザートなどを準備。

私も久しぶりに浴衣を着て、たこ焼きを焼きました。

しまい込んでいた浴衣のにおい、たこ焼きのソースの香り。うん、なんだか夏らしい!

 

食欲の落ちていた患者さんが、たこ焼きに手を伸ばしてくれる姿。

思わず真剣にヨーヨー釣りをされるご家族と、先生。

日本舞踊を披露しに、1時間かけてボランティアにきてくださった方々。

お仲間に支えられ、浴衣を着て、車いすで歌い上げてくださった患者さん。

その姿に、思わず涙がとまらなかったスタッフたち。

童心に戻ってヨーヨーに夢中になる時間もいい思い出になりました!

七夕用にと、立派な竹を調達してくれたスタッフ。

炎天下、汗だくになって、1本の竹から流しそうめんのセットを作ってくれたスタッフ。

 

一番暑い時間に、施設周りの草むしりをしてくれた事務部。

笹や、むしった草の青くさいにおいが、少し鼻の奥にツンときました。

笑顔と涙のあふれる優しい空間でした。

 

たくさんの思いと香りがブレンドされた、今年の夏の香り。

頼もしくやさしい人たちに囲まれ、幸せな香りに包まれていたのだと気づかされました。

いつのまにか、見えていない…感じなくなっていたのかもしれません。

少し反省。

 

8月某日。

かわいらしいお友達が、遊びに…勉強をしにきてくれました。

アロマセラピーの生徒さんの、お友達のお子さんたち。

自由研究にと、アロマ石鹸を作りに来てくれたのです。

材料の写真を撮って、香りを選んで、混ぜて、流して~完成!

電子レンジで作る簡単なものですが、「実験をしてるみたい」と、楽しくも真剣な様子でした。

自分たちで選んだ精油が、彼女たちの夏の楽しい思い出の香りになってくれたらうれしいです。

もう宿題は終わったかな?

 

最近、私もこのコラムが夏休みの宿題みたいになってます。

気になりながらもギリギリまで手を付けない。。

子どもの頃の方が、さっさとやっていたような…?

がんばりまーす。

夏のひまわりのように、輝く太陽に向かって!

夏のひまわりのように、輝く太陽に向かって!

【次回は9月5日に更新予定です】

※情報は2014.8.23時点のものです

池田 緑

看護師・アロマセラピストとして活動中。
福岡市内 椎名マタニティクリニック 柳川市 清和会長田病院 を中心にメディカルアロマセラピーを行う。
岩田屋コミュニティカレッジ 「メディカルアロマセラピー講座」などで、自分自身も楽しみながらアロマの奥深さを伝えている。
池田さんのコラム連載はこちら⇒https://fanfunfukuoka.com/tag/salon_verte/

関連タグ

この記事もおすすめ