【ホークスファンあるある】買わずにはいられない!応援グッズの数々

 1試合平均35,000人、年間で252万人(NPB公式より)が観戦に訪れる我が福岡ソフトバンクホークス。今年も主催29試合目で観客動員100万人を突破し、史上最速のペースで記録更新中です。

 さて、そんな福岡ソフトバンクホークスの本拠地は言わずと知れた「福岡ヤフオク!ドーム(以下ヤフオクドームとします)」。老いも若きも連日観戦に訪れ、熱い声援を送っています。

 実は筆者も忙しい仕事の合間を縫って毎年30試合前後は観戦に行っています。これだけ頻繁に通うと、ヤフオクドームやホークスファンならではの面白いネタが、いろいろ見えてきます。観戦経験者なら思わず「あ~あるある!!」と声をあげてしまうようなネタや、ちょっとしたトリビアなどをご紹介します。

■ヤフオクドーム横のグッズ売り場がすごい!

  みなさん「ダグアウト」はご存知ですよね。 そう、ヤフオクドーム横にあり、試合開始前や終了後は大混雑するグッズ売り場です。球場敷地内にあるグッズ売り場としては12球団のなかでも飛びぬけて広い方ではないでしょうか。店内には所狭しとさまざまなグッズがジャンルごとにスペースを区切って売られています。

 球場敷地内にはこのダグアウトだけでなく多くのグッズ売り場がありますが、各所で売られているグッズの多さもまたホークスならでは。

 毎試合使用するジェット風船やルミカライトなどはもちろん、スターフラッシュや光るメガホン、定番のユニフォームから応援タオル、キーホルダー、クリアファイル、ボールペン、お土産などなど、とにかくグッズバリエーションの豊富さは球界屈指ではないかと思います。

■好きな選手の〇〇達成記念グッズは買わずにいられない

 これら定番グッズの他に、選手が何かしらの記録を達成した時に発売される限定グッズも見逃せません。今年は球団創立80周年ということもあり、80周年を記念した多種多様なグッズはもちろん、最近だと内川選手2000本安打や柳田選手サイクルヒットなどを記念したオリジナルグッズが発売されています。


・球団創立80周年記念ユニフォーム
・2018鷹の祭典ユニフォーム
・ソフトバンクホークスネオンカラータオル
・柳田選手サイクルヒット達成記念キーホルダー
・内川選手2000本安打達成記念タオル
・柳田選手応援タオル(80周年仕様)
・マジェスティック製ポロシャツ(柳田選手)
・ルミカライト
・チョコクランチ(80周年仕様)
・2018スローガン「もう1頂」キーホルダー

 ここで紹介したのは筆者のコレクションの一部であり、他にも柳田選手関連グッズを中心にいろんなグッズを買い集めているんです。


■試合観戦以外でどれだけお金を使っているんだろう…?

 思い起こせば昨年川崎選手が復帰した時も川崎選手関連のグッズを買い集めました。まあ、今年は使えなくなったんですけどね…。

 とりあえず、なんだかんだで結構グッズにはお金をつぎ込んでいる人は多いと思います。球場ではお気に入りのグッズに身を包んで応援する熱心なファンの数も多いですし、テンション上がりますよね。

 ただ、冷静になって考えると、チケット代以外でどれだけお金を使っているのやら…。 

※情報は2018.10.18時点のものです

H.Katsura

福岡出身。就職で東京へ行き、20年の都会生活を経て昨年Uターンしてきたフリーライター。 地元を離れて初めてわかる福岡の面白さをあらためて実感中。

関連タグ

この記事もおすすめ