山笠もワールドカップの最高潮直前だニャ ~太っ腹のサニからお知らせアリ~

 福岡も急に梅雨明けして、暑い日が続きそうだ。

 豪雨の被害は各地に広がり、大変なことになっている。Jの知人の北九州市八幡東区にあるご実家も床上浸水の被害に遭ったり、久留米市で運送会社をされてる人の従業員駐車場も深く冠水して、災害は身近なところにも大きな爪痕を残している。

 7月5日は、昨年も福岡県と大分県中心に大災害になったが、今年もまた・・・。日本の気候も昔と変わってしまったのかも・・・。

 おれは無力な猫だが、去年喜んでくださった方がいるので、暑中見舞いの「かもめ~る」をご希望の読者に送ることは2回書いた。

 日曜日に絵柄を考えて20枚印刷した。さっきの時点で希望者は11人なので、まだ余裕がある。是非、サニオリジナルかもめ~るを手に入れて、猫好きのお友だちに見せびらかして自慢して欲しい。自慢になるかニャ?

 工夫好きのおれは、かもめ~るをもらってくれる人を増やそうと一計を案じた。

 何かというと、文面の最後におれ独自の「おたのしみ抽選番号」を入れて、それに当たった人には、おれの希少なグッズをプレゼントする趣向だ。かもめ~る自体におたのしみ抽選が付いてるから、一粒で二度おいしいアーモンドグリコのような話じゃニャイか。

 これでも、あなたは応募しないんですか?

 気が変わったら、是非こちらに → n-toei@nishinippon-np.jp

 よろしくたのみますニャン。いつも書くが、お名前郵便番号住所忘れずにニャ。忘れると、送りようが無いからニャ。

 

 夏といえば、博多のまちでは「祇園山笠」らしい。おれは、見たことがないが、1日から始まっていて、15日の早朝、「追い山」といって、「ヤマ」を担いだ※舁く(かく)と言わんと、怒られそうだが・・・男たちが、コースを猛スピードで走り抜けるクライマックスがあって、大勢見物客が押し寄せるみたいだぞ。今年は、日曜だから早朝に起きてもダメージが少ないニャ。

 ちなみに上の写真は、「飾り山」といって「舁く」ヤマとは違うものだ。これは、パサージュ広場といって、デパートの博多大丸の本館と新館の間にあるものだが、こんな飾り山が市内のあちこちにある。

 これは、博多駅だが、先月末の撮影だから、中身がわからんように幕が掛けてある。Jも、こんなの撮ってもしかたニャかろうに。

 梅雨は終わったが、梅雨の草花・あじさいはまだニャンとか咲いてる。先日見事脱け出したおれを捕まえようと、Jがカリカリをまいておれをおびき寄せると涙ぐましい努力をする。

 かんたんには、しっぽをつかませニャイおれだ。

 なんか、葉っぱが頭に乗って、かっぱみたいな感じだ。

 飼い主どもが、おれが外に出るのを避けるのは、こいつが居るからだニャア。一回遠くまで追いかけていったおれが、恥ずかしニャがら返り討ちに遭い、足をけがさせられてしばらく首にエリザベスカラーっつうじゃまくさいモノを付けられた。たしかに、あれはイヤだがニャ。この茶色がのさばるのもイヤだ。

 外が好きなおれだが、そんなに長く居たいわけではニャイ。しばらく出てれば、心落ち着き部屋に戻りたくなる。

 われながら、珍しく落ち着いた表情と姿をしておるニャ。

 なんかおれを引き立たせようと、あじさいを持って来たJ。

 花を愛でる風流なおれです。

 他方、こんなニヒルな一面も見せる。外で弱みをみせたら、終わりだからニャ。

 もうそろそろ中に入りたいんだが、こげな時に限って誰も近くに居ニャい。

 もう一回り見張るか。

 よし。Cが戻ってきた。入れてもらおう。

 切り替えが早いのがおれの長所。さっきまでワイルドに偵察してたのに、もうコテン。

 「切り替え」といえば、攻守の切り替えの速いサッカーで日本がやっつけられたベルギーもフランスに負けちまったニャ。応援してたが、残念だ。6時間半後に、クロアチアとイングランド戦だニャ。ワールドカップは、準決勝がいちばんオモシロイというもんニャ。おれも起きられたら見よう。

 ところで、九州の人限定だが「九州ローカルハッピーアワード」という公募やってるから応募してみニャ → https://kyushuhappy.jp/

  山笠の最終日とおんなじ 15日(日)が〆切だから時間無いが、自分がしあわせになれる地元とかよく行く場所での体験(おまつりとか趣味とかなんでもいいぞ)を画像とコメントで応募しますニャ。全日空の東京―福岡往復航空券とか旅行券5万円分とか、ニャンと!ブラックモンブラン1年分とか、

豪華賞品がもらえるぞ。審査委員長は、くまモンの生みの親である小山薫堂さんだ。是非応募しニャさい。

 おれのかもめ~るもニャ。

※情報は2018.7.11時点のものです

サニ

 出身地不明。年齢8歳くらい。オス(去勢済み)。雑種。グレーっぽい縞模様。3年ほど前に、福岡市南区の飼い主の家に上がり込んで、飼い猫に。それまでは近くの公園住まい。生意気な猫には攻撃的だが、人には甘えん坊で勉強や仕事をしていると、必ずすり寄ってきてジャマする。かつお節が大好き。ダミ声。すきあらば家からの脱出を図る。

「サ日記」のタイトルは、紀貫之の「土佐日記」のパクり。名前と同じ32歳まで生きる予定。

この記事もおすすめ