とんこつの里に帰って来た! コッテリ学ぶ博多ラーメン再入門☆太宰府 八ちゃんラーメンの巻

太宰府市、国道旧3号線(現在の名称は県道112号線だが今でも「3号線」の方が通りがよい!?)沿いにある八ちゃんラーメンに久しぶりに行ってきた。少し前までは黄色い看板が出ていたはずだが、いつの間にか赤い地のものに変わっていた。

 

この店の存在感がぼくの中で増してきたのはいつごろだっただろうか?

東京在住時代にも、たまの帰省の際、福岡空港の売店でこの店の名前を冠した生ラーメンを見かけるようになり、かなり個性的だが人気店らしいということはわかってきた。

 

当然ながら、その生ラーメンを食べただけではその「実力」はわからず。やっと初めてお店に食べに行けたのは2012年の8月。こちらに引っ越してきてからだった。

 

この八ちゃんラーメンのコテコテさ、濃さは写真からもかなり伝わるのではないかと思うのだが、いかがでしょうか?

インターネット上で見かけたのは「スープがどろどろ過ぎて、替え玉は無理」なんていう表現だが、これはわかる気がする。麺がスープを吸うというよりも麺に濃厚スープが絡み過ぎて、いざ替え玉を入れても、つけ麺を食してるような、しかもその最終段階のような状態になってしまっていたりする(その状態でも写真を撮ってみたことはありますが、あまりキレイな情景には見えないので、掲載自粛します)。

 

というような刺激的な味のラーメンですが、今日寄った時も、近所の奥さまが「ラーメン好きの次男に是非食べさせたい」と息子さんを連れてご来店。こうやって強力なテイストは、地元の次世代へとしっかりと受け継がれていくのでしょう。

 

なお、薬院にも同じ八ちゃんラーメンというお店がありますが、その店頭には「当店には支店はありません」との貼り紙があります。上で触れた八ちゃんラーメンの名前の付いた生ラーメンのほかに、カップラーメンも存在していたようですが、いずれも太宰府の八ちゃんラーメンとの関係で発売された、ということなのでしょう。

薬院の方のお店の営業時間は午後9時からで、なかなか時間が合わず、まだ食べてみたことがありませんし、詳しいことはわかりませんが、何だかここにも御家騒動の予感です(苦笑)。

 

太宰府のお店の一番硬い麺のランクは「ばりかた」

メニューはラーメンと焼きめし(いずれも630円)ぐらいですが、その焼きめしも、微妙ですがチャーハンじゃなく焼きめし!という感じでなかなか美味なので、このお店に関しては、ラーメン+替え玉より、ラーメン+焼きめし(小)の方がスマートな組合せなのかもしれません。

 

また、スープ自体もかなりしょっぱいので、食べる際は、入り口近くにある冷水機の近くに座ることをオススメします!

次回の予定は「久留米の丸星ラーメン」へ!お楽しみに!

※情報は2014.9.2時点のものです

八ちゃんラーメン

住所福岡県太宰府市国分1丁目1−38
TEL092-925-9449

大きい地図で見る

寺田 正典

1962年、長崎生まれ、福岡育ち。 1981年に大学進学のため上京するが、そこから福岡時代には当たり前に食べられていた 懐かしい味を求め、東京で「食べられる!」とんこつラーメン探しの日々を送る。 2012年に地元に戻って来てからは、今度は逆に大きく状況が変わってしまったことに戸惑いながらも理想のとんこつラーメンを求めて、なお徘徊中。 1997年~2012年8月まで音楽専門の月刊誌『レコード・コレクターズ』編集長。

関連タグ

この記事もおすすめ