パートナーを異性として見続けるためにできること☆meiのオトナ女子塾 lesson.7

恋愛の大敵、マンネリ。皆さんも経験されたことありませんか?

または新鮮味の無くなった結婚生活…これはほとんど全ての夫婦にいつかは訪れるものとも言えますね。

男女というのは、長年連れ添うと良くも悪くもお互いに気を許しあってしまうもの。

そうすると相手のことを異性として見られなくなることもしばしば。

 

実は私も何を隠そう、大学生時代の彼と7年も付き合い、最後の方は同棲までしたのですが…

7年目にもなると、もはや「家族」。

「特別な存在」だったけど、彼のことをどう頑張っても、どう〜頑張っても男性に見られなかったのを覚えています。笑

 

つまりは性の対象ではなかったわけですが、私も20代前半だったし、女性ということもあり性欲もそこまで無かったおかげで浮気などはしなかったですが。

夜な夜な寝たフリを決め込み、彼の誘いをかわし続けていたら、しまいには彼から「男の性欲とは、なんたらかんたら…」というメールが授業中に届きました。笑

 

ま、そんなことはどうでもいいですが。なぜそんなことになってしまったのか。

確かに二人とも気を許しあっていました。

しかしオナラをブッとか、ゲップをゲホ〜ッとかされたわけじゃないし、彼が実はナヨナヨした一面があって男を感じられなかった、ということもありません。

でもなぜか、理由は分からないけど、5年目辺りから異性として彼を見られることは別れる日までありませんでした。泣

砂浜に描いたハートも波に打ち消されるときが。。。

砂浜に描いたハートも波に打ち消されるときが。。。

自分も結婚という経験をした最近になって、もう一度あの時の理由を考える機会が増えてきました。

前回のコラムでも書いたセックスレスの問題や、これまた前回のコラムでも書いた人妻の不倫について耳にすることが多くなってきたからです。

パートナーを異性として見られなくなる…そして自分も見てもらえなくなる…これは一大事です!

そうなる前に何か打つ手はないのか?そう皆さんも考えてしまいませんか?

 

そこで今日のmeiのオトナ女子塾は、「どうすればパートナーを異性として見続けることが出来るのか?!」熟年夫婦の皆様には鼻で笑われる議題とは分かっちゃおりますが。笑

その解決策についてヨガ的観点からも考察していきたいと思います!

 

では、パートナーのことを異性として見られなくなった時、皆はどう対処しているのか。

これは人によって違うと思いますが、これは結婚6年目に突入した、友人Fちゃんのお話。

 

mei「ね、ダンナさんのこと男として見られる?」

 

Fちゃん「男…男ではないよね、さすがに。まぁ居なくなったら絶対に困る相手だけどね」

 

mei「じゃあ、ぶっちゃけ夜はどうしてるの?」

 

Fちゃん「そう、それよね。最中は他の人(芸能人とか)想像してる。笑」

 

mei「おー…やっぱりそうなるのね!」

 

Fちゃん「子どもが二人生まれたら、ダンナとのセックスは一生無くてもいいかも…」

 

mei「ホントに?!誰とも?一生オンナとして誰からも見られなくていいの?」

 

Fちゃん「そうね…先のことは分からないけど、今のところ、性欲自体すっかり無くなっているのよね。私やばいよね?!あんなに独身時代は遊んでたのにさ」

 

そう、Fちゃんは独身時代、数多くの男性を虜にした、私の伝説に残る小悪魔女子

もはや伝説となって語り継がれる彼女のエピソード

もはや伝説となって語り継がれる彼女のエピソードとは…

何が伝説って、クリスマスイブに違う彼、クリスマスにまた違う彼を家に招いて全く同じ食事を作って乾杯したという、結婚式場もびっくりのどんでん(短時間で大規模な会場設営変更を行うこと)を成し遂げたという事実。

 

イブに来た彼が帰った後、次の彼が来るまでの数時間でベッドシーツを洗濯し、窓を開け放ち室内の換気を行い、部屋や風呂場の掃除、食器の洗い物をたった一人でこなした彼女。

そのドタバタぶりは想像したら笑えますが、今はもうすっかり出家したかのような見事な落ち着きをみせているから驚き。

 

しかしそれはFちゃんがご主人のことを本当に大切に想っているからこそ。

ならば、そんな大切な人といつまでもスキンシップを取り続けられたらこんなに幸せなことはないと思うのです。

 

では、今度は反対にご主人と夜な夜な仲の良い(笑)先輩Sさんの話。

1 / 2

関連タグ

この記事もおすすめ