【Tomoe Kubo】のら猫巴の迷い道もただの道~「内光外輝」の日々も一歩から~

「振り返りまばたき2回でドアを出る マタタビ囓(かじ)り 宵の足取り」

 

コラム始まりました。

タイトルの「迷い道も ただの道」

ある日、Facebookで目に留まった、どっかの偉人さんの言葉「迷い道も 必要な道」だったかな?その、パクリです。

目に留まったとか言いながら、ウロ覚えです。

 

ぃゃ、その通りやなーーーとおもって。

 

プロフィールに書いた、「内光外輝」

私の造語なんだけど…

現在、そんな自分でいる為、自分自身と真っ向から向き合ってる最中なのです。

写真.1jpg

「内光外輝」。内側の輝きから外側の輝きへ―。

とは言えさ、

悩まないわけでも、フラフラしないわけでもない。

 

現在フリーターだし。

そろそろ落ち着けよ。

なんて声が聞こえてくる。

それも、私なんだよ。

 

自分のブログでは、整理のついた事、大好きな素晴らしい人達のイベントや、私が体験した奇跡の数々…

 

だからこそ

知って欲しい、手に取ってみて欲しい、

そんな思いを綴っている。

 

それは全て、本当の私。

 

だけど…

そればっかなワケじゃないよね~

 

散々泣いて、憤って、不安に思ってる。

 

それだって、全て本当の私なんだ。

 

でも、それで良いんだよ。

 

それが良いんだよ。

 

それは、必要なんだから。

1454317_511472755614989_2021999108_n

フラフラしながら、迷いながら歩いていく…。でも、きっと道は続いている!

 

言葉を無くして、パソコンを使って意思伝達をしていた頃の母が、

私の誕生日に、くれた言葉がある。

私への想いを伝えてくれたのは、これが最期だった。

 

「ともさんは、回り道ばかりしてきましたね。

それも良いと思います。

あなたはなんでも出来る。

頑張ってください。」

 

現在進行形でフラフラしてるけど…汗

もはや何が回り道で何が近道なのかもワカラナイです。

 

結局、私の後ろにしか、道は出来ないんだから。

 

ブレてる?フラフラしてる?上等だよ。

ブレてない、フラフラしてない自分が居るから、気付けるんだ。

 

究極の美しさ「内光外輝」を目指して、あーでもない、こーでもないと言いながら、そこに楽しさを見つける。

 

のら猫巴の探検記、どうぞよろしくお願いします!

飛行機雲

飛行機が飛んだあとにできる「飛行機雲」。私の歩んだ道のあとにもきっと…

日々の変化

出逢いの素晴らしさ

自身と向き合う事で得たもの、環境、心境

 

どんなに揺れる自分の心があったとしても、辿ってきた道こそが真実。

迷う自分と同じくらい

信じる自分がいる。

ブログには、そんな自分が体験した、様々な思いについて、綴っています。

http://s.ameblo.jp/tomoe3692222

 

どちらの私も居て良いように

どちらのあなたも、居て良いんだと思う。

※情報は2013.11.18時点のものです

久保 巴

1982年9月2日生まれ。

幼少期より、見えない世界を表現することが好きで、どこか浮いた心そのままにフワフワとした人生を歩んでいる。登校拒否、拒食症に過食症、薬物依存に恋愛依存にと、内面・外面共に、およそ思春期女子を悩ませただろう事は、粗方経験済み。
その後、母の介護・死別、父との決別を経て介護という仕事に就き、「生きているとは」について、真剣に向き合い始める。そんな中出逢った「鑑の法則」と「美塾」を通じ、何に囚われる事なく、ありのままに生きる事、その命の輝きこそが、人の美しさなのだ、という事を知る。内側の光こそ外側の輝きである、究極美「内光外輝」への道、只今絶賛手探り進行中!

この記事もおすすめ