セミ界の代表格「ミンミンゼミ」福岡ではレアキャラ!?

■セミの鳴き声と聞いて真っ先に思い浮かべるのは何?

福岡では最高気温35度を超える猛暑日が続いた今年の夏。さすがにもう落ち着いてますが、うだるような蒸し暑さに体調を崩してしまった方もいるのではないでしょうか。

それに加えて今年は8月終わりくらいまでセミが鳴いてましたね。ただでさえ暑いのに、街に出ると聞こえるセミの鳴き声を聞くと暑さ3割増し。さらに体感気温が上昇する気がします。

ところで、セミの鳴き声というとみなさんはどの鳴き声を真っ先に想像しますか?

「ミ~~ンミンミンミン」

というミンミンゼミの鳴き声を想像する人が意外と多いと思いますが、実は福岡の街中では実際にミンミンゼミの鳴き声を聞くことはほぼありません。

福岡の街中で聞くことができるのはほとんどが、

「シャアシャアシャアシャアシャア」(クマゼミ)
「ジジジジジジジジジジジジジジジジ」(アブラゼミ)

のどちらかです(夏の終わりにはツクツクボウシも聞くことができます)。もちろん福岡でも油山や三瀬峠などの標高の高い場所に行くとミンミンゼミの鳴き声を聞くことができます。

とはいえ数は少なく、福岡においてミンミンゼミはセミ界のレアキャラ扱いです。子どもの頃はミンミンゼミを捕まえるとヒーローでした。(注:筆者の子ども時代は40年以上前)

■東京に出ると…あれ??ミンミンゼミがあちこちで鳴いている!

そんなミンミンゼミ=レアキャラという少年時代を福岡で過ごし、就職で東京に出て一番驚いたのがこれ。ミンミンゼミが街中で鳴いているんです。

新宿御苑や代々木公園などはもちろん、丸の内付近のビジネス街でも街路樹に止まって鳴いています。この衝撃は今でも忘れることはできません。圧倒的だったスーパーサイヤ人がいつの間にか量産されていた時のような、少し悲しい気持ちになりました。

思い起こせば、昔からテレビなどでは夏の演出の一環としてミンミンゼミの鳴き声を入れることが多かったのですね。なので鳴き声を聞く機会はたくさんあったのですが、いざミンミンゼミの大合唱を生で聞くと感動します。

まあ、アブラゼミだろうがミンミンゼミだろうが、暑さ3割増しになることに変わりはないんですけどね!

※情報は2018.10.2時点のものです

H.Katsura

福岡出身。就職で東京へ行き、20年の都会生活を経て昨年Uターンしてきたフリーライター。 地元を離れて初めてわかる福岡の面白さをあらためて実感中。

この記事もおすすめ