女性の味方クラリセージ『Salon de verte』~緑のアロマ部屋vol.12

9月に入り、あちこちで秋を感じるようになりました。

空の色、虫の音、八百屋さんや魚屋さんに並ぶ食材。

ここ数日、朝方に肌寒くて目が覚めることもあります。

 

あ~もうほんとに秋が来ちゃうんですね。

 

秋って、あっという間に過ぎませんか?

今年は夏が短いぶん、楽しめそうですが、いつの間にかやってきて、気が付けば去っているようなイメージです。

なんとなく寂しい。。

 

今日は、微妙なこの時期におすすめしたいクラリセージのお話です。

 

女性の味方として、代表的な精油クラリセージ。

「幸福感を与え、不安を和らげる」

 

「鎮静効果が高くリラックスを誘う」

 

「女性ホルモン系のトラブルに効果的」

 

「生理痛や筋肉痛を緩和する」

 

「免疫系を高める」

アロマセラピー関連の書籍などでは、このような効能があるとされています。

 

読んでるだけでも、ちょっと欲しくなりませんか?

ただですね…この精油、あまり馴染みのない香りだと思います。

 

初めて嗅ぐ方の多くが、「?」という顔をされている気がします。

ネットでいきなり注文などせずに、アロマショップなどで実際に嗅いでみることをおすすめします。

 

少し独特なこの香りを表現するのは難しいのですが、

私自身、初めて嗅いだ時は「うげっ!」と感じたものです(正直すぎてすみません)

慣れてくると、「少し変わった紅茶のような香り」という印象に変化しました。

 

コラムを書くにあたり、文献を調べてみると、

「ハーブ調の香り」「甘さの中にスパイシーを感じさせる」「マスカットのような」「ナッツのような」「紅茶のような」

などと表現されていたりします。

 

その都度クラリセージを嗅いでみますが、…いやいやいや~。

香りの感じ方って本当に人それぞれです。

 

クラリセージの香りの印象をたずねてみると、

「お寿司の匂い」

「おばあちゃんの家の座布団の匂いを思い出した」

「雨上がりの匂い」

なんて感想をいただいたことも。

 

「雨上がりの匂い」ってとても素敵な表現ですが、この時、そう答えてくださった方がお二人いらしたのです。

でも、それぞれ好き嫌いに分かれたのです。

 

好きな方は『雨上がりのアスファルトに似た匂いって感じで好きですー』と。

 

嫌いと言われた方は『私は田舎で育ったのですが、雨上がりのあぜ道にカエルがたくさん出てくるんですけど…それが車に轢かれて…そんな匂いを思い出します』

 

!!

 

クラリセージって、不思議で微妙?な香りなので、つい香りの印象のエピソードが長くなってしまいました。

それでは改めて、クラリセージのご紹介。

 

ラベンダーなどと同じシソ科の植物で、葉と花から抽出されます。

スクラレオールという特徴的な成分を含んでおり、これはエストロゲンという女性ホルモンと似た構造をしていることがわかっています。

 

季節の変わり目や、ストレスでホルモンバランスがくずれると、女性の場合、生理不順などのトラブルが起きやすくなります。

このホルモンバランスをとる働きがあり、「月経不順」「少量月経」「PMS(月経前の不快な症状)」「更年期障害」を助けてくれます。

医療従事者としてお伝えしたいのは、もし異常や不安に感じることがあるならば、まず受診すること。

異常がなくても1年に1回はがん検診を。(婦人科系に限らずですが)

 

後であなたに辛い思いをしてほしくないのです。

あなたの周りの方々にも、そんな思いをしてほしくないのです。

ちなみに、私の友人はやや生理不順気味なのですが、婦人科を受診した結果、異常なかったそうです。

以後、なかなか来ないなと思ったら、アロマショップにクラリセージを嗅ぎに行くそうです。

 

そうすると彼女の場合ですが、1,2日後に生理が来るそうです(注意:個人の感想です!)

Mちゃん、ふらりとクラリセージだけ嗅ぎに来るお客さんって怪しがられてるかもよー!?

 

心身の緊張を解きほぐし、気分を明るくしてくれるクラリセージ。

他にも、インスピレーションを与えてくれるとも言われています。一度アロマショップで試し嗅ぎを。

(クラリセージは高い鎮静効果があるため、集中力を減退させる可能性があります。また、アルコールとの相性もよくないので、マッサージなどの使用後は車の運転・飲酒は避けてくださいね。

 

婦人科系の治療を行っている方は、お薬との関係もあるので医師とよく相談し、妊娠中の使用も避けましょう。)

【次回は9月19日に更新予定です】

※情報は2014.9.5時点のものです

池田 緑

看護師・アロマセラピストとして活動中。
福岡市内 椎名マタニティクリニック 柳川市 清和会長田病院 を中心にメディカルアロマセラピーを行う。
岩田屋コミュニティカレッジ 「メディカルアロマセラピー講座」などで、自分自身も楽しみながらアロマの奥深さを伝えている。
池田さんのコラム連載はこちら⇒https://fanfunfukuoka.com/tag/salon_verte/

関連タグ

この記事もおすすめ