Anniversary そう呼んだ日の 褪せぬ輝き~ラグビーW杯開幕まであと1年~

いきなりですが・・
恋に記念日はつきものですよね!
初めて出会った日
初めてデートした日、告白された日
きっとずっと忘れられないふたりだけの思い出ができた日
ふたりでそんな日を楽しく一緒に過ごすもよし、自分の中に大事にもっておくのもよし、
忘れずにお祝いするものであっても、そっと思い出すものであっても、優しい気持ちにしてくれるものならばそれはきっとすべて Anniversary なんだろうな・・と思います。

でもってそういう記念日って、だんだん増えていきません?
いやいや、新しく忘れられない日が増えていくのはもちろんのこと、そういえばあの日初めて呼び捨てでわたしのこと呼んだよねとか、それまで食べたことのない料理をふたりで行ったあの店で初めて一緒に食べたんだよねとか、そういえばあの時はなんとも思ってなかったけど、あの日に一緒に帰ったんだよね、二人で歩いたのはあれが最初?・・とか、
それはもう考えつく限りの記念日ができそうです(笑)

よくまあそんな小さなこと覚えてるよねえって自分でも笑ってしまうほどのことをふと思い出したりして。こんなこと話したらびっくりしてあきれられるかしら?大笑いされてしまうかしら?それとも何も言えずに困ったような顔してうつむいてしまうかな?
そのあなたの顔にちょっとだけでも笑顔が浮かんでたらいいんだけどな。

さて、ラグビーファンの中で記念すべき日といえば2015年のラグビーワールドカップで日本が南アフリカに勝った3年前の9月19日!

それまで長い間、ワールドカップでなかなか勝てなかったジャパン。勝ち負けや得点だけでは語れない、いいプレイや選手たちの頑張りはもちろんあったのだけれど、その時代を代表する忘れられない試合や渾身のトライはあったのだけれど、ずっと出場することはできてもその先の結果に残る部分が見えなかったところ。いくつかの場面でもしや!と期待することはあっても最後に突き放されて強豪国との差を思い知らされたことも幾度も。

そのジャパンがこの日には、ワールドカップで優勝もしている南アフリカを相手に最初から互角の勝負。先制点はジャパン。時折、圧倒的な力でトライをとられてもチームがひとつとなった鮮やかな連係プレイでまたトライを取り返し、相手に臆することなく冷静に蹴りだすキックでも得点を重ねていく。そして最後の場面では、引き分けに甘んじることなく、果敢な決断と迷いのないプレイでついには逆転のトライを決め、まさに歴史を変える勝利を収める。ひとつひとつの局面で選手たちが見せる表情の男前なこと!

そして勝利の決まった瞬間の彼らのその感情を爆発させ喜びをあふれさせる様はなんともストレートで無邪気で魅力的で、思わず一緒に泣き笑いしてしまうほど。

彼らがそれまでどれだけのハードワークを重ね、周到な準備をしてきたことか、いくらか想像はしてもその心の中までわかることはできない。それでもそのすべてが彼らの血肉になり自信になり、この日につながったのだということは確かなこと。勝利の瞬間は、その日までの想いがすべてが爆発して表出するような喜びの場面だった。

そういえば、その4年前からこのチームの基は始まっていた。はじめはごひいきの選手何人かと、地元出身選手や有名な選手たちにばかり目が行っていたけれど、そのうちには全員それぞれのプレイが楽しみになるようになった。寡黙でメディアへの露出も少ない選手や玄人受けするような職人肌のフロントローの選手たちにも、その時折見せる笑顔にふとキュンとするようになったりして・・(笑)

あとで思い出したときに、記念日認定したくなるようなたくさんの出来事を重ねてのこの日の勝利だったんだなあと改めて思う。

そしてもうひとつ忘れてならない日は9月20日
来年日本で開催されるラグビーワールドカップ2019の始まる日!
来年の今頃は世界各国から、ワールドカップに出場する選手や関係者、そしてそれを観戦しようと日本に来た方々が開催12都市やキャンプ地となる街を中心にいろんなところで日本を楽しんでいるはず。オリンピック、サッカーワールドカップに並ぶ三大スポーツイベントであり、そしてそれがアジアで初めて行われるラグビーワールドカップであるのだから、今まで体験したことのない秋になるはず。

福岡では博多の森のレベルファイブスタジアムで試合が行われます。いつも観るあの競技場にどんなドラマが起こるのか、どんな風景が見えるのか、あの場所から世界に発信される映像がどんなものになるのか、今からドキドキわくわくします。

このシーズンからトップリーグでプレイするために日本にやってきたニュージーランドのそして世界のラグビー界のスーパースター、ダン・カーター選手は「あと12か月しかありません」と、その開幕までの準備を呼びかけました。それはどこか「みんなで筋肉体操」のラストで「あと5秒しかできませんよ」と最後の追い込みを呼びかけるポジティブさと同じ根っこ(筋肉?)を持っているような気もして、そうだそうだ!楽しまなくてどうする!
と慌ててここでも呼びかけている次第(笑)。

きっとこれからラグビーファンはその普及活動に一層熱をいれることと思います。どこかで見かけたときには迷わずにやってみること、観てみることをおススメします。それが未来の Anniversary に繋がることになるかも・・・。

※情報は2018.9.18時点のものです

pink blossom 2019

すべての出会いは幸せのため・・であってほしい

好きなもの、ラグビー、着物、ダンスに漫画、美味しいものに美味しいお酒、興が乗れば 歌うこと。お洒落なひと・ものは大好物です(笑)
好きなものを通して新しいことを発見したり素敵なひとに出会ったりそんなことを体験するのはもちろんのこと、見たり聞いたり企んだり(笑)するのが大好きです。
名前についている 2019 は、来年 2019 年、日本で、そして福岡でも行われる ラグビーワールドカップの成功を心から願う気持ちからの数字です。

関連タグ

この記事もおすすめ