川栄李奈が日本酒づくりに奮闘!映画「恋のしずく」

 広島を舞台に、川栄李奈が日本酒づくりに奮闘する映画「恋のしずく」が10月20日(土)、全国公開されます。

 舞台は“日本三大酒処”の一つとして有名な、東広島市西条。

 東京の農業大学でワインソムリエを目指す、“日本酒嫌い”のリケジョ・橘詩織(川栄李奈)。しかしその実習先は、意に反して日本酒の老舗酒蔵でした。

 厳格な蔵元(大杉漣)と折り合いの悪い息子(小野塚勇人)、詩織を励ましてくれる美咲(宮地真緒)や頑固な杜氏たち。

 人々との出会いや日本酒造りを通じて、今までにない喜びを見出す詩織。

 しかしそんなとき、信頼している蔵元の体調が急変し、思わぬ転機が訪れます―。

 伝統文化の象徴である“日本酒造り”を軸に、その土地で暮らす人々の生活、そして幻の日本酒を巡る出会いと別れを繊細に描く、心温まる物語です。

 主演は近年活躍が目覚ましい川栄李奈。酒蔵の息子役には、劇団EXILEの小野塚勇人。

 そして蔵元役は、本作が遺作となった名優・大杉漣。

 豪華な出演陣が脇を固めています。

 監督は、物語の舞台となる地域に実際に住み、綿密な調査とその土地の息吹を肌で感じながら映画を制作していくことで知られている、名手・瀬木直貴。

 世界24カ国で上映された「ラーメン侍」、「千年火」「マザーレイク」などは海外でも高い評価を得ています。 

 東京オリンピックを控えた今、日本酒を楽しみながらそこに注ぎ込まれた日本の精神文化を内外に発信する一助になれば-。そんな発想から、この映画は誕生しました。

 日本酒好きはもちろん、そうでない人にこそぜひ見てほしい、珠玉の感動作です。

※なお、この映画の収益の一部は、西日本豪雨の復興支援活動に寄付されます。

映画「恋のしずく」
配給:ブロードメディア・スタジオ
コピーライト:©2018「恋のしずく」製作委員会
監督:瀬木直貴  脚本:鴨義信
出演:川栄李奈、小野塚勇人、宮地真緒、中村優一、蕨野友也、西田篤史、東ちづる、津田寛治、小市慢太郎、大杉漣
公式HP
公式Twitter
10月20日(土)、小倉コロナシネマワールドほか全国ロードショー

※情報は2018.10.19時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ