子どもの「お腹が痛い!」もしかしたら虫垂炎かも Vol.1

 腹痛はお子さんが不調を訴える代表的な症状の一つですが、普段とは違う痛がり方をしていたら、急性虫垂炎の可能性があります。盲腸ともいわれていますが、急性虫垂炎とは一体どんな病気なのか、詳しくご紹介します。

いつもと違う腹痛 もしかしたら急性虫垂炎かも?

 腹痛は子どもが訴える代表的な症状の1つで、その原因も便秘や胃腸炎、心理的なものなど多岐にわたります。また子どもは痛みに関する表現も曖昧で、「お腹が痛い」と訴えていても、実は別の場所に原因があることもしばしばです。
 子どもの急性虫垂炎も腹痛を主症状とする病気の1つですが、その症状からただちに虫垂炎を疑うのはプロの医師であっても難しいのが現状です。子どもが腹痛を訴えた時に保護者の方がまず注意すべきなのは、「普段とは違う痛がり方や仕草、他の症状があらわれていないか」ということ。そして「いつもとは違う」と感じたら、迷わずただちに専門科を受診しましょう。
 今回は子ども急性虫垂炎の症状や治療法などについて、詳しくご紹介していきたいと思います。

急性虫垂炎(盲腸)とは

 急性虫垂炎は大腸の一部である盲腸の、さらに先端にある虫垂突起(ちゅうすいとっき)という部分が化膿し、急性炎症を起こす病気です。この病気は「虫垂炎」という病名よりも「盲腸」という呼び名で広く知られています。急性虫垂炎は2~3歳ごろから発症しますが、小中学生に多く、また2歳以下での発症はあまりみられません。
 虫垂はその先が袋小路になっており、そこへ糞便の塊が落ち込んだり、リンパ組織が集まったりすると中が詰まり、細菌感染を起こしやすくなります。通常の腸炎であれば下痢を起こして細菌などが体の外へ排出されますが、袋状の虫垂は細菌の逃げ道がありません。そのため炎症は虫垂の壁に向かって進み、やがてその壁を破って腹膜にまで炎症が広がる「腹膜炎」を併発する恐れがあります。

 次回【vol.2】では、症状や治療方法、大人と子どもの虫垂炎の違いをご紹介していきます。

■関連記事

子どもの「お腹が痛い!」もしかしたら虫垂炎かもVol.2
https://aih-net.com/pikarada/child/3652/

子どもの発達障がい、診断はいつからできるの? Vol.1
https://aih-net.com/pikarada/child/3472/

子どもの発達障がい、診断はいつからできるの? Vol.2
https://aih-net.com/pikarada/child/3512/

ピカラダ/受けようケンシン
http://aih-net.com/pikarada/healthcheck/

※情報は2018.11.2時点のものです

ピカラダ by飯塚病院

輝く女性を医学的な観点から応援します!

ピカラダWEBサイトへ

この記事もおすすめ