「分からない」壁にぶつかったときは『門前の小僧化計画』~NAI・NAI起業のなまはげみきvol.28

♪NAI-NAI-NAIお金ない、NAI-NAI-NAI 場所もない、NAI-NAI-NAI でもとまらない~.
お金も人脈も知識もなく起業した太刀山美樹です。

 

「ちょっと〜母!大手3社をぬいて、まさかの1位らしいよ!!」
「ん?なんのこと?」
「まさかだよ。ソフトバンクでも、auでも、docomoでもないって。どこもSEO対策で、上位にするために高いお金を払っているのに…」

 

と、娘からネットの検索画面を見せられ、ビックリ!?

 

『携帯代 高い』といれて検索すると、なんと私のコラムが1番にヒットするらしいのです。

( ゚Д゚)( ゚Д゚)( ゚Д゚)

( ゚Д゚)( ゚Д゚)( ゚Д゚)

「友達がね、最近、携帯代高いなあ~なんか裏技でもないかな?と検索したらオマエがでてきた~」と娘に教えてくれたそうです。
思わずふたりで大笑い。

懐かしのこちらの写真が表紙でした。

懐かしのこちらの写真が表紙でした。

※ちなみに記事はこちら⇒「子どもの携帯代が高いと思う方へ

 

さてこのSEOという言葉をはじめ、今でこそわかるけど、初めに聞いたときは知らない言葉ってありますよね。

そういうとき私は、門前の小僧化計画を実行します。

小僧さん、出番ですよ!

小僧さん、出番ですよ!

自分のすきな事は、アンテナが立っているためなのか?頭にどれだけでもはいってくるもの。
でも苦手なものって、なんだかうまく飲み込めず、のどごしが通せない事はないですか?一度きいても理解がしにくく、私は牛の反芻のような、何回もかみ直しの必要があります。

 

私にとっては、会社の経営もそのひとつでした。
「ハア!?オマエ会社ノ社長ヤッテンダロ。ソンナンデイイノカ!!」
(おしかりの声が聞こえてきそうですが、毎回が勉強なのです)

 

素人主婦からスタートしている私には、うう…となるような知らない用語、知らない事だらけでした。

 

2006年に起業した私ですが、起業なんてつもりはありませんでした。
持続可能な社会貢献の形って何だろう?NPOも考えたのですが、私は会社を選びました。おもいが募ってつい起業したものの、当初、スタジオや事務所といった箱となる場所を持っていたわけでもありませんでした。

なんだか「あれ?そもそも会社ってなに?」と思い、起業後に、アミカス(福岡市男女共同参画推進センター)の女性起業家セミナーに行くという、順番逆な私。最初の頃なぞ、特にわからない事だらけ。

分からないまま起業して、私はこれからどこへ向かっていくの…?

分からないまま起業して、私はこれからどこへ向かっていくの…?

…のちのこの講座には「毎回、等身大の違う失敗談を持ってくる」という理由で、卒業後も先輩パネラーとしてプレゼンの機会をいただいています。この年に一度の機会は自分を振り返ることができ、この部分が足りないなと、客観視するチャンスとなっています…

 

とプラス思考の部分もありますが、また天真爛漫に見えると言われますが、実は私には結構コンプレックスがあります。そのひとつは素人社長という事も。

その世界にいる方たちが、その国の言葉がまず素人な私はさっぱりわからない。

みんなの言葉がさっぱり分からず孤独感でいっぱいの時もありました…

みんなの言葉がさっぱり分からず孤独感でいっぱいの時もありました…

場違い?

 

そんな時こそ『門前の小僧習わぬお経を読む 』
私はこの方法で、いこうと思っています。その意味は…

寺の門前に住んでいる子供や、いつも僧のそばにいる子どもは、日頃から僧の読経を聞いているから、いつのまにか般若心経くらいは読めるようになるということから。
人は自分の置かれている環境によって、無意識に影響を受けているという意味が込められている。『江戸いろはかるた』の一つ。

 

そういえば、かつて2歳の娘が覚えたことばは、「ママ~パパ~」
「きょうさにゅうとつきん~」でした。(胸鎖乳突筋)

 

私が子どもの前で、運動指導の資格試験の受験のため、勉強していた声が聞こえていたのでしょうが…何度も聞いているうちに覚えるって、やはりあると思います。笑(内容は忘れても、学ぶ姿をみせることができたのはよかったと思ってます)

 

何度も聞いていると、なんとなくニュアンスがわかるようになっていくようです。(勘違いで覚えていく事もありますが・・・)

 

「もとがゼロ」ってとっても強いです。

「ひいては子ども達のためになる」と思うと強いです。

行動するしかないです。調べるか?尋ねるか?

だってスルーしていてもわからないまま。

9月は築上町と苅田町で女性の生き方をみなさんで考える講座を担当。「まずは学ぶ場にとびだしていこう〜」私が一番勉強になりました。

9月は築上町と苅田町で、女性の生き方を考える講座を担当。「まずは学ぶ場にとびだしていこう〜」私が一番勉強になりました。

そして、わからない事を、あえて体験し続ける環境に、我が身を投じて行く事も大事で、その場に居さえすれば、ち~っとばかりはわかるようになると思っています。

 

へへへ、でいて、人間そうは言っても、やっぱりすぐに理解できない事もあります。

 

そう思うとふと頭に浮かんできたのは 「食べんと、わからんわからん…」  (これは福岡だけなのか?ローカルCM「福さ屋」のセリフ)


この言葉をつぶやきながら、明るく、居続けます。

さて、今日も場違いな世界に学びに!GO!    

先週末は、まさに場違いな霞が関ビルにて学んできました。イナカモノは東京タワーに惹かれ窓際の席をキープ。

先週末は、まさに場違いな霞が関ビルにて学んできました。イナカモノは東京タワーに惹かれ窓際の席をキープ。

☆「みたよ〜」という方、文章の前後の♡マークをポチッとお願いします。
アホなので、次週のやる気につながります。

※めんたいのCMといえば、こちらもビックリしました。

福太郎のCMクリップ集=http://www.fukutaro.co.jp/pc/cm.html

【火曜サスペンスMIKI劇場は、毎週火曜日午後10時更新です】

※情報は2014.9.23時点のものです

なまはげみき 太刀山美樹

福岡県筑後市出身。23歳で結婚出産。地域のママサークルが口コミで広がり、その後「きみ、おもろいね」とNHK福岡や、学校講師に、街角でスカウトされ経験を積む。2006年MIKIファニットを起業。

「どうせ無理と諦めてる子いねえ~が!」

と喝をいれる<幼児教育界のなまはげ>としても活動中。

好きな言葉「来た球は打つ」

MIKIファニット  http://www.mikifunnit.com

この記事もおすすめ