続々紹介するぜ イケニャン&美猫 ~落ち目の三度笠なのかサ日記~

 年賀状、裏面の印刷は終えて、すでにご希望いただいてる方には、宛名を書き、Jに託した。でも、すごすごと持ち帰ってきましたニャ。

 ニャンとっ。年賀状は、15日(土)からしか出せニャイんだと。知らなかったニャア。まあ、今までこんな早く書いたことなかったからニャ。

 

untitled

 裏は、見せられニャイ。着いてからのおたのしみですから。もちろん、書き終えてる表の宛名はもっと見せられん。個人情報だからニャ。おれは猫だが、それくらいの分別は持ち合わせておる。しかし、20枚刷ったのに、まだ年賀状欲しい人は数人しかいない。

 夏のかもめ~るは、なんとか20枚送ったのに。おれサニも飽きられて読者に見離されたのか。悲しいぞ。自分で書くのもあれだが、なかなか楽しい絵柄になってて、猫好きはこぞって欲しがるはずの愉快なデザインだ。是非欲しがって欲しいものじゃ。

 ここに「サニの年賀状希望」と送ってくださいニャ。

   ↓

 n-toei@nishinippon-np.jp

untitled

 イケニャン&美猫の紹介も続けますよ。秋田県由利本荘市の読者さんからだ。

 九州男児(ダンニャ)のおれのブログが、東北の読者さんにも読まれてる。感無量ですニャ。

 上の写真はゾロさん。残念ながら、鬼籍に入られ、故人ならぬ故猫になられたという。

 でも、μ(みゅー※難しいニャ)さんと夫婦になって、♂のシセさんはじめ子宝に恵まれ、跡を継いでがんばって飼い主さんを楽しませてるようでなにより。

 これ↓が、飼い主さんからの紹介文ですニャ。

 白黒八割れひげ模様が2006年6月29日生♀のμ(みゅー)、白黒マスク模様が2008年2月19日に家に来てくれた♂のゾロ、黒が2008年7月6日生♂のシセです。μとゾロ夫婦のおかげで、シセ達が生まれました。ゾロは死んでしまいましたが、今も元気なμとシセのおかげで、楽しく過ごしています。

 μさん。黒と白の模様は、ゾロさんに似てるが、やはり違う。ひげ模様は、愛嬌たっぷりですニャア。

 この目ヂカラの猫さんが、子どものシセさんだ。かっこいいうえに、帽子などかぶってダンディだ。カサブランカ・ダンディ。知らんか。ともに白黒の両親から生まれた真っ黒い猫。

 「シセ」のお名前は、セネガルの元代表サッカー選手で現代表監督のシセさんから取ったのか。シセ監督もロシア・ワールドカップでイケメン監督として脚光を浴びていた。猫のシセ君も、まさにイケニャンの称号がふさわしい。

  イケニャン&美猫諸君のために用意したかにかまスライス。まだまだたっぷり余っておる。親のひいき目でもニャンでもいいから、愛猫、他人の猫、近所の猫問わず、ジャンジャン応募してくださいニャ。 

 応募があんまり少ないので、おれのサ日記も落ち目じゃないか、とふと思う。いつも便りをくださってた常連さんからも、年賀状希望含めあんまし届いてないニャア。気になっておるニャ。

  そろそろ福岡の平地でも雪が舞い始める頃かニャア。寒がりのおれにはこたえるぞ。

 関東や東北の人は知らんだろうが、九州も冬は寒いぞ。とくに冬の福岡市は、どんより曇って寒々しかったりする。日本海側だからニャ。

 家にこもったおれは、退屈男だ。読者のみなさまからのメールを読むのが、いちばんの気晴らしですからニャ。

 くどいようだが、おれに励ましのおたよりをくださいましニャ。

   ↓ これがメールアドレスですからニャ。

   n-toei@nishinippon-np.jp

  お待ちしとりますニャン。

 

 

 

※情報は2018.12.13時点のものです

サニ

 出身地不明。年齢8歳くらい。オス(去勢済み)。雑種。グレーっぽい縞模様。3年ほど前に、福岡市南区の飼い主の家に上がり込んで、飼い猫に。それまでは近くの公園住まい。生意気な猫には攻撃的だが、人には甘えん坊で勉強や仕事をしていると、必ずすり寄ってきてジャマする。かつお節が大好き。ダミ声。すきあらば家からの脱出を図る。

「サ日記」のタイトルは、紀貫之の「土佐日記」のパクり。名前と同じ32歳まで生きる予定。

この記事もおすすめ