【Dr.りわのエン女医!マイライフ♡】肌活はじめるなら今がベスト!?

 あけましておめでとうございます。新年を迎え、これから3月4月に向けて卒入園、卒入学シーズンですね。一生の思い出になる(そして写真に残る)ハレの日を「美しく」迎えたいのが女心。

 実は1月って、春に向けて美容医療を始めるベストタイミング。たるみ引き締め・毛穴撃退レーザーは、せめて2~3回は受けるべきだし、シミ取りレーザーはいったん色素沈着が出ることも。注射系治療の場合は内出血のリスクを避けられないので、やはり時間的な余裕を持ちたいところ。複数の治療を組み合わせる場合は、一定期間空ける必要があるものもあるので、効率的にスケジュールを組むためには、できれば3カ月は治療期間を取れると選択肢が大幅に広がり、それだけ肌は綺麗に、満足度もアップしますよ。

 一番ありがちな誤解は、美容医療はめったやたらに高いと思われていること。実はシミ取りだけなら数千円から可能です。もちろん1回5万円以上の治療もあるし、複数組み合わせれば決して安くはありませんが、効果が出ないのに高い化粧品や質の悪いサロン通いを繰り返すよりは、ずっとコストパフォーマンスがいいと思うのは、私が美容皮膚科医だからでしょうか(笑)。

 美容医療の食わず嫌いは本当にもったいない。通いやすいクリニック、信頼できそうな医者を見つけて、まずは相談だけでもしてみてください。目からウロコな情報がきっとあるはず。新しい年、新しい元号となる2019年。美容クリニックへの一歩を踏み出して、新しい自分に出会ってくださいね。Enjoy! Beauty Care!

※情報は2019.1.9時点のものです

武田 りわ

城南区梅林にある「タケダビューティークリニック」院長。

お酒と旅と家族をこよなく愛する皮膚科医。

南区長住で“生きる力”を育む体験型アフタースクール『スポルトキッズ』を運営。

この記事もおすすめ