karte.17 う○こが人類を救う!?

今日は医学のお勉強。
斬新な。
革新的な。
そして衝撃的な治療法のご紹介。

 

その名は『糞便微生物移植』

 

なんのこっちゃ?…ですね。
ざっくり言うと…

 

『う○この移植』

 

要するに、他人のう○こを患者の腸内に移植する治療法です。

 

ビビりませんか⁉
私…初めて知った時…
かなり、のけぞりました(* ̄∀ ̄)

 

でも国際学会でメインテーマに取り上げられるほど、
海外では今かなり“キテる”治療法なんです。

 

ポイントは「腸内細菌」
「腸内細菌」とか「腸内環境」とか、
ここのところ、耳にする機会が増えたような気がしませんか?

 

1000兆個ともいわれる、ヒトの腸内に存在する多種多様な菌。
免疫力を高めたり、ビタミンを作ったりする善玉菌とか。
発がん物質や有害な毒素を出す悪玉菌とか。
免疫力が落ちた時に台頭してきて病気を引き起こす日和見菌とか。
この菌のバランスが崩れることが、
いろんな腸の疾患はもちろんのこと、
アレルギーや喘息、肥満や糖尿病に至るまで関係していることが最近分かってきてるんです。

 

だから『う○こ移植』!

 

菌のバランスがおかしくなっちゃってんだから、
正常な人の腸内細菌を『う○こ』ごと患者の腸に移植して、
正常なバランスに戻しちゃおうぜ〜♪
・・・って話です。

バランスってとても大事!

バランスってとても大事!

シンプルっちゃあシンプルな理論ですが。
相手が『う○こ』なだけに、
心理的なハードルが高いですけどね(⌒-⌒; )

 

気になるやり方ですが。。。
鼻や口からチューブで流し込む。(かなりハードル高め)
お尻からチューブか浣腸で流し込む。(口よりマシ?)

 

そして今やっと、細菌だけを取り出してカプセルにする方法が開発されつつあります!
(ブラボー‼)

 

貴方が毎日出してる『う○こ』が、
人類の未来を救う日も近いかもしれません。

 

人にはヒトの乳酸菌。
もとい。
人にはヒトの・・・『う○こ』です。

 

お後がよろしいようで。

 

前回は『鼻クソ』。
今回は『う○こ』。
素敵なテーマが続いている本コラム。
お気に召しましたら、是非是非右の方にある♡マークをポチってくださいまし♪

 

※情報は2014.10.2時点のものです

武田 りわ

お酒と旅と家族をこよなく愛する皮膚科医。
1974年生まれの蠍座、B型。
平成18年から福岡在住。
3児の母。
福岡の魅力にハマり、整形外科医である夫と南区大橋に“武田スポーツ整形外科クリニック”を開業。
マイペースながらも貪欲に、妻業・母業・医者業を満喫中。

この記事もおすすめ