eternity_something special vol.22

悲しみを身にまとうものは、自らを認められず、

すべてが満たされていることにまだ気づくことができていない。

 

自らの手を広げ、空をつかもうとする者のなんと多きことか。

己の瞳を閉じ、胸に手を当てれば、そこに求めたすべてがあるというのに。

 

歩き続ける者たちよ。指し示すすべてがあなた自身の中にあるのだ。

立ち止まるあなたが永遠そのものであり、再び歩く、あなたがすべてだ。

 

終わりなどないことを知る時、人は苦しむことを止めるだろう。

愛しき我が子を抱くように、あなたは自分をいたわるのだ。

 

大いなるものに抱かれし、尊い生命にあなたはひれ伏すがいい。

そしてあなたは抱かれた尊い生命そのものであることを感じるのだ。

 

終わりなき旅と思うのか、永遠に降り注がれる果てしなき愛と感じるのか、

それは、あなたが自由に決めて良いことなのだ。

 

You have brought something special into your life.

MON・20・OCT

【次回は11月3日公開予定です】

 

※情報は2014.10.20時点のものです

灰塚 鮎子

Ayuko Haitsuka 灰塚鮎子/株式会社Elephant代表
遊び心とひらめき、クリエイティビティを大切に。
「美は精神にこそ宿る」をモットーに。

この記事もおすすめ