令和生まれ猫の時代になっていくのか 【平成猫サニだが、文句あるか】

 もうだいぶ経ったが、新元号「令和」が発表されたニャ。

 

 

 冷静なスガさんが、珍しく緊張してた、とテレビでは言ってた。たしかに硬い表情のようだが、あんましヘラヘラもできんやろうしニャ。

 でも、オブチさんは、にこやかだったような気もするニャ。

 Jは、JR小倉駅前で号外を配った、という。天神ではけが人も出る奪い合いだったというが、小倉ではそれほどでもなかったらしい。

 元号はなんであろうと、おれたちには関係ないニャ。家庭レギュラーの茶も、のうのうと、えさを平らげるだけだ。満ち足りた顔してるぞ。

 待ってると、またえさが来たようだ。むしゃむしゃと、いい食いっぷりしてやがる。

 そのうち、平成生まれの猫どもも、こうやってわが家を荒らしに来るんだろうニャ。

 おれも負けじと、よく食べるぞ。外猫用のえさとおれが室内でもらうえさは別のだ。たまには、違う味も試したくなる。人間ばっかいろんなもの食べるのはズルいからニャ。

腹いっぱいになったら、運動もせんとニャ。おれは、ずっと5.3キログラムの体重をキープしておる。体脂肪率は測ったこと無いが、たぶん、数パーセントだろう。

 Jが捕まえにきた。隠れよう。

 今しばらく日光浴しときたいですニャ。

 部屋に戻ると、すぐに他のやつがのさばる。太った黒猫も悠々と道の真ん中を通っていく。

 「シャアッ!!」と威嚇したが、知らん顔だ。気に入らんが、金持ちケンカせずだ。器のでかいおれは、小物に関わってる時間など無い。

 ということで、タワーのてっぺんで昼寝を決め込む。

 だいぶあったかなってきて、心地よい睡りが取れる。みなさんも、寝不足に気をつけてくれニャ。

 

※情報は2019.4.12時点のものです

サニ

 出身地不明。年齢8歳くらい。オス(去勢済み)。雑種。グレーっぽい縞模様。3年ほど前に、福岡市南区の飼い主の家に上がり込んで、飼い猫に。それまでは近くの公園住まい。生意気な猫には攻撃的だが、人には甘えん坊で勉強や仕事をしていると、必ずすり寄ってきてジャマする。かつお節が大好き。ダミ声。すきあらば家からの脱出を図る。

「サ日記」のタイトルは、紀貫之の「土佐日記」のパクり。名前と同じ32歳まで生きる予定。

この記事もおすすめ