大塚家具の父娘が和解したニャ。花田一家も近いかも、と予想するサニだ

 コンビニの24時間営業も強制されなくなるらしいですニャ。これも働き方改革の一つでもありますニャ。

 眠ってばかりの猫にも改革の波が押し寄せて来ておる。おれも、このサ日記を書くのは、平成最後になろう。というのは、言い訳でちょいとサボっておるんで、ネタが乏しい。

 最近、ネタ元のすずめとも話してないんで、今は小倉に住むJの送ってきた写真の紹介だ。

 

 先日、いのちのたび博物館というところでやっている「獣(けもの)は毛もの」という展覧会を見に行った、という。「いろんな”毛”を持つ動物大集合!」がキャッチフレーズだが、えらく当たり前のような気がする。おれは、毎日毛づくろいが日課だからニャ。丹念にやってるせいか、毛並みが良いと褒められるぞ。最近は、漫画「おれ、つしま」のそんな場面が出てきたのを見た飼い主が、時々ブラシをかけてくれる。思いのほか、気持ちがいいもんで、「サニが恍惚の表情を浮かべとる」と、驚いている。

 これは、ライオンの親子だニャ。剥製だが、こうやってみると、生きてるように見えないこともない。

 この虎も、大迫力だニャ。義満将軍が、一休さんに、「屏風の中の虎をしばって見せよ」と意地悪を言ったら、一休さんが、「その前に虎を屏風から出して下さい」と切り返し、将軍様が「ギャフン」とやり込められた話があった。関係ないか。

 これは、なんだ。ヒョウか。時々、おれも怒るとこんな表情を見せて飼い主をビビらせるぞ。

 このブログは、猫のおれが書いてるから、ネコ科の動物だけ紹介してるが、ほんとは、イブ、ひつじ、いのしし、馬、あざらし、たぬき、きつね、リス、カピバラ・・・と、いろんな動物が居るらしい。5月12日(日)まで開催だから、連休中にでも行ったらどうだ。住所は、北九州市八幡東区東田2-4-1だ。

 Jは、北九州では、あまり外で猫を見かけない、という。たまたまなのか、ほんとに野良猫が少ないのかわからんが、先日、盛り場の昼間に見たそうだ。うちの茶に色も似て、まるまる太ったとこも似ている。ごちそうを沢山もらってんだろうニャ。

 Jが、「猫なで声」で呼んでも、われ関せず、と立ち去ったらしい。まあ、猫なんでそんなもんだ。

 これも、「サニに似てる」と言って、Jが送ってきた。カメラのキタムラの窓口にあった写真らしい。たしかに、模様というか柄はおれっぽいが、おれはほっかむりとか大人しく着けてない。このなんとなく渋い表情は、ほっかむりが嫌なのかもしれん。

 平成最後のサ日記というのに、とりとめのない話ですまんニャ。

 今がいちばん過ごしやすい季節のはずだが、最近は、暑かったり急に冷え込んだり、気候が落ち着かんから、おれまで落ち着かニャイ。

 そういえば、本文と全く関係の無いタイトルにしてたニャ。もう忘れておったが、ほぼ意味はなく、話題の言葉を入れておけば、食いついて、このサ日記を読む人が増えるかも、という姑息な手段だ。

 しかし、今年は有名な人が亡くなったり、イチローが引退したり、大きな出来事が続くから、年末までには、花田紀子さん、虎上さん、光司さんが揃ってテレビに出てたりするかもしれんニャ。大塚勝久さんも、うれしそうだったし。これまた、関係ないか。

 

 じゃあ、みなさん、良い「令和」を迎えてくださいニャ。

※情報は2019.4.26時点のものです

サニ

 出身地不明。年齢8歳くらい。オス(去勢済み)。雑種。グレーっぽい縞模様。3年ほど前に、福岡市南区の飼い主の家に上がり込んで、飼い猫に。それまでは近くの公園住まい。生意気な猫には攻撃的だが、人には甘えん坊で勉強や仕事をしていると、必ずすり寄ってきてジャマする。かつお節が大好き。ダミ声。すきあらば家からの脱出を図る。

「サ日記」のタイトルは、紀貫之の「土佐日記」のパクり。名前と同じ32歳まで生きる予定。

この記事もおすすめ