【20代派遣社員の家計簿】結婚目前、借金50万円を返すには

  • 2019.5.30

 「FPオフィスフォルテシモ」(福岡市)のファイナンシャル・プランナーが家計簿の悩みに答えます。今回のお客さまは、28歳女性、派遣社員のAさん。半年後に結婚を控えており、それまでに50万円の借金返済を終えようと本業以外にもアルバイトをしています。

▼mymo公式ページの関連記事

【30代専業主婦の家計簿】クレジットカードの返済で家計が苦しい

【20代独身女性の家計簿】月収18万で毎月赤字!うまい貯金の方法は?

結婚後は仕事を辞めても大丈夫?

出典:iStock.com/nicoletaionescu」

出典:iStock.com/nicoletaionescu

 (Aさん談) 半年後に結婚予定です。子どもが欲しいので結婚したら仕事を辞めようと思っています。ただ、彼の手取りが月20万円でボーナスはないため迷っています。また、私の借金が50万円ほどあります。大きな買い物をしたつもりはないのに、返済しようと思ったら予想以上の金額になっていて驚きました。結婚までに返済しようと思い派遣の仕事以外にアルバイトをしていますが、大変で精神的にも体力的にも本当につらいです。もうこんな思いはしたくないので子どもが生まれるまでは働いて、貯金を増やしておこうと思います。家計簿を今まで全く付けたことがなく、初めて1カ月つけてみました。収入が月20万8000円。そのうち借金の返済に月6万円をあてています。これから貯金していく上で気をつけるポイントを教えてください。

 

キャッシング、リボ払いから脱却を

出典:iStock.com/Rawpixel

出典:iStock.com/Rawpixel

 Aさんの疑問にお答えします。借金を抱えているため、お金の管理に不安を感じているとのこと。お金の使い方は、ため方よりも重要です。借金の原因は、収入より多くお金を使ってしまったからと。このことをご自身で自覚されていることで一歩前進しています。

 今まで多くの買い物をクレジットカード、キャッシングで、リボ払いしているため、借りたお金に毎月金利が付き返済が長引いています。リボ払いにすると毎月定額払いとなるため、家計の管理がしやすそうに感じるかもしれません。しかし、今いくら借りていて、利息がいくらついて、いつまで返済が続くのかを確認しづらく、借金をしている意識も鈍りがちになります。キャッシング、リボ払いは、借金に借金を重ねてしまうことにつながる要素があることをきちんと認識しておきましょう。

家計簿で支出パターン把握しよう

 家計簿を付ける最大のメリットは、自分でも意識していなかった支出のパターンを見つけられることです。何が問題か分からなければ家計は改善できません。記録を付けずにお金を使っていると、使途不明金だらけの家計のままです。

 Aさんは今まで家計の記録を付けたことがなかったとのこと。それも借金の要因になっていたと思います。

 まず1年間は家計簿をつけてみてください。アプリを利用しても手書きでも続けやすい方法でかまいません。月間収支と年間収支を計算し、自分たちのお金の使い方を確認し、生活を見直し、2年目の予算を立ててみてください。

 結婚の最初が肝心です。お金の価値観が違う2人が生活を始めるのですから、衝突することもあると思います。小さなすれ違いが大きな問題に発展することもあります。ひとつひとつ丁寧に話し合って2人のお金のルールを決めていきましょう。

 ・食費は手取りの15%程度に
 現在のAさんの食費は月4万5000円。給与の25%を占めています。家族構成によっても違いますが、食費は手取りの15%程度を目安にしてみてください。外食を減らすだけでも随分変わると思います。工夫しがいのある費目です。ぜひ取り組んでみてください。

 ・働き方へのアドバイス
 結婚前に借金を全額返済したい気持ちは分かりますが、過労で体を壊してしまっては元も子もありません。無理をしすぎないようにして計画的に返済しましょう。
 結婚して子どもが生まれると、支出が増えます。子どもが生まれるまではできれば仕事を続け、その間になるべく貯金を増やしておきましょう。家計管理もままならないまま、いきなり夫の収入だけに頼ってしまうと、貯金が減るばかりになってしまうことも考えられます。結婚後も働くことを前向きに検討することをお勧めします。

手取りの1~2割を貯蓄に

 Aさんに心掛けてもらいたいのは新たな借金を作らないこと。収入の中で暮らし、緊急な出費に備えて常に一定額の貯金をしておくことです。借金返済が終わったら手取りの1割以上はためるようにしましょう。手取りの1割、1万8000円を1年間ためると21万6000円。2割の3万6000円をためると43万円2000円になります。まず手取りの3ヵ月分をためることを目標にしてみてください。

家計相談を終えて

 20代でお金の「こんなはずじゃなかった…」という経験をしても、30代以降のお金の使い方に生かしていけばプラスの経験となります。お金ときちんと向き合って使い方に自信がつけば、確実にお金はたまっていきます。

 たまっていけば生活にゆとりが出ます。大丈夫。新たにお金を借りずに返済を続ければ、必ず借金はなくなります。どうぞ体にだけは気をつけてください。

▼mymo公式ページの関連記事
【30代専業主婦の家計簿】クレジットカードの返済で家計が苦しい

【20代独身女性の家計簿】月収18万で毎月赤字!うまい貯金の方法は?

※情報は2019.5.30時点のものです

FPオフィスフォルテシモ 世継 祐子

専門分野:ライフプラン・家計・保険・マイホーム資金・年金・資産運用相談お金のことは大切だけど「分からないことばかり」で不安がいっぱいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。メディアやネット上にあふれる情報の中でどうしたらいいか悩んでいる方はとても多いと思います。ファイナンシャル・プランナーとして、大切なお金のことをわかりやすくお伝えし、お客さまが楽しく素敵な人生をおくるためのライフプランやマネープランのお手伝いができれば幸いです。「何から相談したらいいか分からない」という方もお気軽にご相談ください。

HP:http://www.ff-fukuoka.com/index.html

mymo

今話題のお金にまつわるトピックや、今気になるくらしの情報をお届けします。

mymo公式サイトをみる

この記事もおすすめ