新カフェ、ビアフェス… いま朝倉市・東峰村に行く理由~九州豪雨から2年

 三連水車が水しぶきを上げ、棚田が鮮やかな緑に色づく季節。いま、福岡県朝倉市、東峰村に訪れるべき6つの理由とは?

(左)Toho Forest Village Café ランプの森~1/fゆらぎ~ (右上から)三連水車、棚田の火祭り、gallery cobaco shop+cafe

新カフェや新イベントに出掛けよう!
 2017年7月5日に起こった九州豪雨から間もなく2年。被害の大きかった朝倉市の一部や東峰村には、いまだ土砂崩れの跡が残り、仮設住宅住まいの人もいるなど、その傷跡が癒えるには、まだ時間がかかりそうです。
 一方、復興への取り組みや支援は、着実に続けられています。新感覚カフェの登場や新イベント、伝統工芸のコラボグッズ発売など、新しい話題が届きました。食べ比べしたい名物グルメもあります。
 これからの夏のお出掛けにぴったりな、朝倉市と東峰村の情報を紹介します。

★理由1★ 新カフェがオープン
Toho Forest Village Café ランプの森~1/fゆらぎ~
(とうほうフォレストビレッジカフェ)
<東峰村>MAP❶
バイカーも立ち寄る憩いの基地
 東峰村小石原の中心部に出現した大きなコンテナが目印。1990年代に多くのヒット曲を放ったロックバンド「T-BOLAN(ティーボラン)」の森友嵐士さんがプロデュースする観光ステーションとカフェは、5月にオープンしたばかり。

存在感を放つかっこいいコンテナが目印

 九州豪雨後に村の復興親善大使に就任した森友さんと有志で作る支援グループ「TEAM励~Re:I(チームレイ)」が運営しています。カフェではテークアウトでスペシャルティコーヒーやホットドッグなどを提供。コーヒーは福岡市中央区谷の「フスクコーヒー」の店主が豆を卸すだけでなく入れ方まで指南した本格的な味です。

パン、ソーセージにこだわった「ホッTドッグ」800円と、一番人気の「あまおうスムージー」600円

パン、ソーセージにこだわった「ホッTドッグ」税込み・800円と、一番人気の「あまおうスムージー」600円

 コンテナ内には、シンボルのランプとともに森友さんのアート作品が飾られています。

コンテナ内には森友さんの作品が飾られます

コンテナ内には森友さんの作品が飾られています

星座をモチーフにした作品も

星座をモチーフにした作品も

小石原焼と森友さんがコラボした器も

小石原焼と森友さんがコラボした器も

 ツーリングによく利用される道沿いにあり、森友さんがバイク好きということもあって、カフェにはバイカーが多く立ち寄ります。「今後はイベントなどで、集いの場としての役割をもっと果たしていきたい」とTEAM励のメンバー、松藤かおりさんは話してくれました。

バイカーでにぎわう休日

Toho Forest Village Café ランプの森~1/f
住所:東峰村小石原941-9
電話:0946-74-2055
営業:10:00~17:00(場合により変更)
木曜休

gallery cobaco shop+café(ギャラリーコバコショッププラスカフェ)
 <朝倉市>MAP❷
くつろいでアートに触れる古民家カフェ
 90年前に建てられた古民家をリノベーションして2018年4月にオープン。畳の上でのんびりくつろぎながら、スペシャルティコーヒー、ケーキ、和菓子などを味わえます。

古民家で出迎えてくれました

古民家の大きな玄関で出迎えてくれました

靴を脱いで友人の家を訪ねるように入店します

 「和菓子は、福岡市の和菓子店・小豆庵のこだわりの品をお出ししています。特にアイスクリームは、この店のために作ってくださったオリジナルです」とオーナーの秋重久美子さんは話します。

あずきアイスセット 700円

あずきアイスセット 700円

和菓子セット 600円

和菓子セット 600円

かんざらしセット 600円

かんざらしセット 600円

 カフェの壁や床の間などには、アート作品やレトロな生活雑貨が飾られ、どこか懐かしさを感じます。

何気なく飾られた作品たち

何気なく飾られた作品たち

 一方、ショップには工芸品やデザイン性の高い雑貨が並んでいます。

ショップスペースも魅力的です

ショップスペースも魅力的です

小石原焼もありました

小石原焼もありました

 「地域の人がアートを気軽に楽しめる場所にしたくて」と秋重さん。前庭に建てられたガラス張りのギャラリーでは、絵画や写真、彫刻などの作品展や個展が開かれ、自由に鑑賞できます。
 秋重さんのアートへの愛情と豊かな感性が随所ににじむ、すてきな空間です。

森の中のガラスの小箱のようなギャラリー

森の中のガラスの小箱のようなギャラリー

gallery cobaco shop+café
住所:朝倉市牛鶴109
電話:0946-22-3490 
営業:11:00~17:00
火・水曜休

★理由2★ 新名物がアツい
「蒸し雑煮」への注目度が上昇中
<朝倉市>MAP❸
 朝倉地域の一部の家庭で主に正月に食べられていた「蒸し雑煮」。あさくら観光協会などが2016年に「筑前朝倉蒸し雑煮プロジェクト」を立ちあげてPRを展開し、「地元グルメ」として知られ始めています。

茶碗蒸しのような見た目

 江戸中期に長崎から福岡に茶わん蒸し料理が伝わり、朝倉で正月のごちそう「雑煮」と合わさり食べられるようになったのだとか。朝倉市内の飲食店13店で食べられます。

あさくら観光協会
電話:0946-24-6758

★理由3★ 新スポットが出現
遊休地がヒマワリ畑に一変!?
<東峰村>MAP❹
 東峰村小石原鼓の農産物直売所「つづみの里」の近くにある遊休地が、ヒマワリ畑に一変!? 

見頃は8月3日(土)、4日(日)ごろ

見頃は8月3日(土)、4日(日)ごろ

 高齢化や九州豪雨の影響で増えてきた遊休地を農地として守ろうと、農業ボランティア団体「東峰村農援隊」が今年5月、遊休地0.15haにヒマワリの種をまきました。つづみの里で感謝祭が開かれる8月3日(土)、4日(日)ごろに見頃を迎えそうです。

5月の種まき

5月の種まきの様子

 「ヒマワリを目印に復興に向かう姿を見に来てください」と 東峰村農援隊副代表の高橋弘展(ひろのぶ)さんは話します。

ヒマワリを目印に復興に「向かう姿を見に来てください」東峰村農援隊副代表 高橋弘展(ひろのぶ)さん

東峰村農援隊副代表 高橋弘展さん

 

★理由4★ 定番スポットが見頃
三連水車や棚田は今が“旬”! 
<東峰村・朝倉市>MAP❺三連水車 、❻棚田
 三連水車や青々とした棚田が、夏の訪れを告げています。
 朝倉市菱野の三連水車は、約230年前に、堀川の水を川面より高い耕地に水を送るために造られた日本最古の実働する水車。今年も6月17日から動きだし、10月中旬まで回ります。近くの農産物直売所「三連水車の里あさくら」では災害時の写真なども展示されています。

市のシンボル三連水車

 東峰村宝珠山竹地区の棚田は、「日本の棚田百選」にも認定され、標高差160mの約11haに約400枚の田があります。青々とした美しい景観は県道52号沿いの棚田交流館から見られます。

 

★理由5★ 新イベントを開催
特産品のジョッキでビールを味わって
<東峰村>MAP❼
 特産品の小石原焼と高取焼のジョッキでクラフトビールを楽しんでほしい―。東峰村地域おこし協力隊が企画したイベント「天空の窯郷ビアフェスト2019」が8月24日(土)、小石原焼伝統産業会館駐車場で初めて開かれます。

小石原焼と高取焼のビールジョッキ

 九州クラフトビール協会の協力でビールを販売するほか、ジビエ(野生鳥獣の肉)料理などを提供する十数軒の屋台が出店。初めにデポジット(金額未定)を払って焼き物のジョッキを受け取り、好みのビールを飲んで回って!
 「九州豪雨で計画が中断しましたが、ようやく開催できます」と東峰村地域おこし協力隊の後藤抄織さんは話します。

「九州豪雨で計画が中断しましたが、ようやく開催できます」東峰村地域おこし協力隊 後藤抄織さん

東峰村地域おこし協力隊 後藤抄織さん

 

★理由6★ 話題の土産あり
◆甘木絞りのアイテム
 朝倉市(旧甘木市)に伝わる絞り染めの技法を日ノ目スタヂオ・西村政俊さんが2017年に再興。デザイン性も高く注目の的です。「gallery cobaco shop+cafe」(MAP❷)や催事などで販売。

「鍋つかみミトン」1,800円、「日田下駄」 6,000円

西村政俊さん

甘木絞りを手掛ける日ノ目スタヂオの西村政俊さん

日ノ目スタヂオ
電話:050-5241-8085

◆みんなの白 1斤420円
 「地域でおいしいパンを」と2015年から林宗徳さんが自宅横の工房で焼き上げるこうじ菌で作るパンは、しっとりして優しい甘味。店舗はなく「三連水車の里あさくら」(朝倉市山田2192-1、MAP❽)などで販売。

こうじ菌で作るパン「みんなの白」1斤420円

天然発酵ぱん みんなの木の林宗徳さん

天然発酵ぱん みんなの木
電話:080-3023-3592

◆畳あめ 324円

食用イグサを使った「畳あめ」

  朝倉市で畳店を営む傍ら「畳屋ラッパーMc Tatami」として活動する徳田直弘さんが、畳店業界や原料イグサの産地を盛り上げようと商品化を企画。食用イグサを使ったあめで、1袋10~12個入り。7月以降、徳田畳襖店(朝倉市甘木1209-2<MAP❾>、電話:0120-193-513)などで販売。

ネクタイも畳! 「畳屋ラッパーMc Tatami」こと徳田直弘さん

徳田畳襖店
住所:朝倉市甘木1209-2
電話:0120-193-513

※情報は2019.6.27時点のものです

この記事もおすすめ