夏に行きたい! 暗闇やVRで恐怖を味わう福岡市内の納涼スポットまとめ

大浜流潅頂の武者絵灯籠

大浜流潅頂の武者絵灯籠

暑さは“気”から 怖さを感じて涼しさを味わって
 夏真っ盛り。この暑さを和らげてくれるのはかき氷?  海?  いやいや、それでは収まらない?!
 そんなあなたに、体の中からひんや〜りした気分になれる「ちょっと怖いけど気になるスポット」を紹介します。妖怪退治などの武者絵が展示される祭りや、VR(仮想現実)などの最新技術を使ったホラー体験、定番だけど外せないお化け屋敷など、福岡市の街中で気軽に立ち寄れる納涼スポットを集めてみました。
※この記事は電子ブックでも読むことができます。

 

<祭り系> 博多の闇夜におどろおどろしい絵が浮かび上がる
大浜流潅頂(ながれかんじょう)の武者絵灯籠(とうろう)
 暗闇に浮かび上がる、人食い図や妖怪退治、戦国武将の武者絵。おどろおどろしい雰囲気の灯籠に目が釘付けになります。毎年8月24~26日の3日間、博多区大博町(大浜地区)で開かれる「大浜流潅頂」は、260年以上続く祭りです。1755(宝暦5)年の大風雨での水難や、翌年の疫病流行で亡くなった人々を供養したのが始まり。東長寺(同区)の僧侶による読経、博多の浮世絵師・海老崎雪渓作(えびざきせっけい)の武者絵展示がハイライトで、夜店も並びます。
 雪渓の絵は、福岡県有形民俗文化財に指定されていて必見。天気が良ければ4基、雨天時は防水加工された1基だけが掲げられます。灯籠以外の作品は期間中、旧大浜公民館で見ることができます。

家族連れなどでにぎわう大浜流潅頂

家族連れなどでにぎわう大浜流潅頂

 編集部員Cのひと言「武者絵は横4.8m、縦1.8mのビッグサイズ。リアルな筆致に背筋が凍ります。町内には水難者の供養塔があります」

大浜流潅頂(ながれかんじょう)の武者絵灯籠(とうろう)
場所:博多区大博町
日時:8月24日(土)~26日(月) 18:00~22:00頃
問い合わせ:大浜流潅頂継承保存会事務局
電話:092-281-3054(牛尾)

 

<4D系> 恐怖列車で5分間 最終駅までたどり着ける?
ノース天神の4D POD!!(フォーディー ポッド)
 7月にオープンした4Dアトラクションシアター。円形の台座に10席の椅子があり、台座をぐるりと囲むスクリーンで、3Dメガネを着けてさまざまな作品を鑑賞します。ホラー系の作品は、廃病院を歩く「THE ROOM(ザ ルーム)」など4作品。体験した「恐怖列車」は地獄行きの幽霊列車に乗って最終駅まで行く間、車両内でさまざまな恐怖を味わう物語です。台座も動くので、本当に乗っているような感覚に。

どこを見ても怖い!

どこを見ても怖い!

あまりの恐さに腰が抜ける...

あまりの恐さに腰が抜ける…

編集部員Aのひと言「列車が谷底に落ちる場面など、数々の仕掛けに悲鳴が止まりませんでした。ホラーが苦手という隣の男性は腰が抜けていました」

4D POD!!(フォーディー ポッド)
場所:ノース天神4階(中央区天神4-3-20)
料金:500円
問い合わせ:Booty/eスタジアム福岡
電話:092-791-5810
上映作品や時間など詳細はHP

 

<VR系> ゴーグルを着けると別世界 360°からゾンビが襲ってくる
ベイサイドプレイス博多のVRベイサイドバーチャルアトラクション
 ベイサイドプレイス博多に6月、3種類のゲーム機が登場しました。「FREE STYLE VR(フリー スタイル ヴイアール)」というゲーム機では3種類のホラーゲームが楽しめます。
 最も単純な操作で遊べるゲーム「Night of Zombies(ナイト オブ ゾンビーズ)」は、VRゴーグルを着け、両手にコントローラーを持ってスタート。全方向から襲ってくるゾンビを倒していきます。プレー時間は平均で5分ほど。9月18日(水)までの期間限定です。

どこを見ても怖い!

「ナイト オブ ゾンビーズ」に挑戦。一生懸命ゾンビを撃っています

「フォトンバイク」と呼ばれるバイク型のゲーム機も

「フォトンバイク」と呼ばれるバイク型のゲーム機も

編集部員Aのひと言「高解像度のゾンビに取り囲まれて恐怖! 悲鳴を上げながら、へっぴり腰で奮闘しました」

ベイサイドプレイス博多のVRベイサイドバーチャルアトラクション
場所:ベイサイドプレイス博多C館2階&アクアリウム前(博多区築港本町13-6)
日時:〜9月18日(水) 10:00~19:00
料金:1プレイ700円、2プレイチケット1,300円、3プレイチケット1,800円
問い合わせ:ベイサイドプレイス博多
電話:092-281-7701

 

<暗闇系> 大仏の内部で地獄絵図を鑑賞し、真っ暗な世界を体験する
南岳山 東長寺の地獄・極楽めぐり
 東長寺の大仏の内部には、死後の世界を描いた絵が展示されています。閻魔(えんま)大王に裁かれる様子、地獄で火に焼かれる様子などを描いた絵が並ぶ薄暗い通路を進むと、その先にあるのは真っ暗闇の細い通路。進まなければ外へは出られません。副住職の藤田泰広さんは「光が見えると“極楽に着いた”という気分を味わえるはず。死後の世界を疑似体験することで、生きることのありがたさなどを感じてもらえたら」と話します。

死後の様子が順を追って描かれた地獄絵図

死後の様子が順を追って描かれた地獄絵図

高さ10.8mの大仏

高さ10.8mの大仏

編集部員Bのひと言「博多人形師が手掛けた地獄絵図は見応えあり。子どもたちにもおすすめです」

南岳山 東長寺の地獄・極楽めぐり
場所:南岳山 東長寺(博多区御供所町2-4)
時間:9:00~16:45
拝観料:50円
問い合わせ:東長寺
電話:092-291-4459

 

<密室系> 高所で密室…逃げられない! 立体音響が背筋を凍らせる
マリノアシティ福岡の血バサミ女の観覧車
 36台あるゴンドラのうち、不気味な装飾が施された2台が「ホラー観覧車」。ゴンドラに乗り込んでヘッドホンを着けると、立体音響(3次元的な音の方向や距離、広がりなどを再生する方法)で臨場感たっぷりに「ある物語」が始まります。耳元で語られる話の展開におびえていると、海側の窓に女の姿が…! プロジェクションマッピングで投影される映像や振動する座席に阿鼻(あび)叫喚。ゴンドラが1周するまでの12分間、景色を楽しむ余裕はありません。

窓の外に女が!

窓の外に女が!

内装も不気味

内装も不気味

編集部員Aのひと言「立体音響はずっと首の後ろがもぞもぞするような感覚でした。恐怖のあまり思わずヘッドホンを外しても、音が漏れてくるので逃げられません」

マリノアシティ福岡の血バサミ女の観覧車
場所:マリノアシティ福岡 マリナサイド北棟2階(福岡市西区小戸2-12-30)
時間:日没後〜23:00(8月9日時点では20:00〜、最終搭乗22:45)
※正確な開始時間は問い合わせを
料金:1人500円、小学生200円、小学生未満無料
問い合わせ:観覧車「スカイホイール」
電話:092-891-5592

 

<屋敷系>占いで恐怖度が決定! ザ・お化け屋敷
イオンモール香椎浜のザ・きもだめし 心霊スポット~残壊のホラーハウス編~
 8月25日(日)までの夏期限定お化け屋敷。参加者は入り口で“霊媒師”に占ってもらい、大吉、吉、凶の運勢によって体験の恐怖度が決まります。“美人と評判のホラーハウスの従業員・鈴子が無残な姿で発見されたという廃墟”を歩いて巡ります。 

「ザ・きもだめし 心霊スポット~残壊のホラーハウス編~」

「ザ・きもだめし 心霊スポット~残壊のホラーハウス編~」

ザ・きもだめし 心霊スポット~残壊のホラーハウス編~
場所:イオンモール香椎浜2階(東区香椎浜3-12-1)
日時:~8月25日(日) 10:30~19:00(8月10~15日は19:30まで、最終日は18:00まで)
料金:3歳以上300円
問い合わせ:イオンモール香椎浜
電話:092-673-6100

 

【おまけ】化ケモノ集結!?
 枝のように体を細くするフクロウ、枯れ葉のように見えるカエルなど、23種類の「化ケモノ」が集合するイベントが開催中。化ケモノとは、体の形や模様を周囲の物などに似せる「擬態(ぎたい)」が得意な生き物たちのこと。擬態する生き物を展示しているほか、擬態中の生き物を探すコーナーもあります。9月8日(日)まで。

 ~サンシャイン水族館プロデュース~化ケモノ展 in 福岡パルコ
場所:福岡パルコ本館8階(中央区天神2-11-1)
日時:〜9月8日(日) 10:00~20:30(入場は30分前まで、最終日は18:00まで)
入場料:中学生以上800円、4歳~小学生600円、3歳以下無料
問い合わせ:福岡パルコ
電話:092-235-7000

※情報は2019.8.8時点のものです

この記事もおすすめ