この冬、幹事デビューするあなたにおくる! 「これ、事前にお願いしますね」3選

こんにちは!みかちです。

 

すっかり秋も深まったと思いきや、郵便局前には門松、ス○バではクリスマスキャロル、かと思えば国体道路沿いの紅葉もまだまだで、もういつのまに季節って自己申告制になったんでしょう。わたしはまだ「秋味」(注:ビール)も飲んでないんじゃーい!

 

と、そんなことはさておき、そろそろみなさん忘年会の予定が埋まり出した頃ではないでしょうか?一時期、「前世は幹事」と謎の名言を繰り出していたほど宴を催すことに命的な何かをかけていた時期があったわたくし、この冬、幹事を頼まれちゃったあなたに3つの事前チェック項目をお送りします。とくに男子!頼むよ!

 

その1. 座敷か座敷じゃないか。それが問題なんだ(キリッ)

気持ちよく乾杯できるようそのへんのとこ事前にお知らせしてね。

気持ちよく乾杯できるようそのへんのとこ事前にお知らせしてね。

これは男性のみなさまにぜひ徹底していただきたいっ!女性はお座敷かどうかで当日着る服(とくにボトムス)のチョイスが変わるのです。足さばきを気にして、タイトスカートより少しふんわりしたスカートにしようとか、パンツだと以外にしんどいからやめとこうとかですね。

 

そして冬はブーツを履いている女性も多いです。ブーツはいてるときって、油断してへんな靴下履いてたり(わたしだけ?)するので、いきなり「脱げ」っていわれても乙女的に困るわけで(注:ブーツの話)。入り口での着脱に混乱をきたすのもぜひ避けたいところですので、事前情報としてお座敷or not をぜひ!教えてください。

 

その2. イスがあるかないか。それが問題なんだ(キリッ・ふたたび)

 

聞くところによると、あれじゃないですか、おしゃれピーポーのみなさんには「忘年会」ていうより「パーリー」(party)のお誘いがくるそうじゃないですか。

せっかくのオシャレが無駄にならないようご配慮お願いします。

せっかくのオシャレが無駄にならないようご配慮お願いします。

 どうせ匂いがつくからと、無難な格好ですませる忘年会(失礼)とは違ってこちらは多少のオシャレ感を求められます。そしてオシャレをしたときに問題になるのが・・・足元!

 

せっかくだから服に合わせてかわいいヒール靴履きたいよね…と思うのですが、これで後悔したことある女性、結構多いはず。

 

パーリーによっては立食だったり、イスがあっても人数分はないとかよくあること。そしておしゃれ女子は9cmヒールで2時間の苦行に立ち向かうのであります。

 

幹事のみなさま、こちらもぜひ立食なのかそうでないのかお知らせいただけますと非常に助かります。

 

その3. 二次会…だからどうすんだってば!

 

これは、デキるみなさんには関係ないお話かもしれませんが…。たまにありませんか?二次会行くの行かないの?え、なに?お店のチョイスしてないの??

 

じゃあ潔く解散!となれるかと思えばなんか立ち去りづらい雰囲気で、そのまま夜の天神、大名あたりに渋滞を巻き起こすというね。

 

迷惑じゃい!

 

というわけで、一次会をしきる幹事のみなさまには、大変恐縮ですが、ぜひ二次会のお店のチョイス(と、できればざっくりした人数での予約)をお願いしたく存じます。もしくは二次会は最初から別のひとに仕切りをお願いしておいてもいいですね。

さらに、やっていけない最大のことは「幹事が酔いつぶれる」。ですね。

さらに、やっていけない最大のことは「幹事が酔いつぶれる」。ですね。

いかがでしたでしょうか?つい「前世幹事」の血が騒いでこうるさく言ってしまいましたが、みなさまどうぞ楽しい宴シーズンをお迎えくださいね。

※情報は2014.11.21時点のものです

須藤 美香

1981年生まれ、茨城県出身。京都在住を経て夫の転勤で2008年福岡へ。

「自分で自分をしあわせにできるひとを増やす!」をコンセプトに、講座やワークショップの企画、女性向けのコンサルティングなどを行う。将来への漠然とした不安や焦りで悩んだ20代後半、同じように悩む女性たちがアウトプットできる場所をつくりたいと「福岡ステキ女子委員会」を発足。4年に渡って毎月朝食会を開催している。福岡・北九州の働く女性を応援するサイト「e-avanti」でコラム連載中。趣味は、読書・友人との食事会を企画すること。弱点は、ひとりよがりになりがちなところと戦闘意欲のなさ。「ジョギング始めたいな~」と、ここ2年くらい思ってます。

この記事もおすすめ