モンゴル薬膳鍋 16種の薬味タレで冬の寒さを乗り切ろう!

冬が近づいてきました。季節の変わり目、風邪をひく人も周りに増えてきた今日この頃。こんなときは食事で体力をきちんと整えないと!…ということで、行ってきました。モンゴル薬膳鍋!!

もつ鍋も水炊きも大好きですが、モンゴル薬膳鍋もイイ!(・∀・)

予約して行ってよかった。飛び入りのお客さんは断られるほど、にぎわっていました。女子が多かったのが印象的です。

こちらのお店の目玉はやはり、冒頭の写真にある鍋に入れる薬味の多さでしょう。その数16種類!辛みそ、にんにく、ニラ味噌、万能ねぎ…なんでもあります。慣れていない人には、お店の方がお客さんの好みに合わせて作ってくださいます。

薬味をこんなにたっぷり入れられるなんて幸せ。

薬味をこんなにたっぷり入れられるなんて幸せ。

モンゴル薬膳鍋は、麻辣スープ、鶏ガラスープ、トマトスープ、菌王スープの4種類のスープから2種類を選び、肉や野菜などを追加オーダーするシステムです。以前、辛いものが好きだからといって「麻辣スープ」を注文したらあまりの辛さにヒーヒーなったので、今回は鶏ガラスープと菌王スープをチョイス。(薬味で辛さは調整できるのでこの組み合わせはおススメです!)

菌王スープと鶏ガラスープ

菌王スープと鶏ガラスープ

具材を入れていきます。

具材を入れていきます。

そして、モンゴルといえばラム肉!(980円)

ジャジャーン!

ジャジャーン!

キノコの盛り合わせも!

キノコの盛り合わせも!

 この味は、このおいしさは、「食べんと分からん、分からん」(笑)

ぜひ、みなさんも味わってみてください。心から温まり、エネルギーが湧いてくるのが実感できると思います。

店内の棚にはあのお方が描かれたお酒が…!

店内の棚にはあのお方が描かれたお酒が…!

お店の方が少し飲ませてくださいました。38度のお酒で、鼻にツンときましたが、ほんの数滴で体がポカポカに。

日本相撲界においてなぜあれだけモンゴル出身の力士が強いのか分かるような気がしました。

これから鍋の美味しい季節になりますが、ぜひみなさんもモンゴル薬膳鍋を試してください!エネルギーが充ちてくること間違いなしです!

※情報は2017.11.27時点のものです

モンゴル薬膳鍋

住所福岡市中央区大手門2-1-10 アイリスビル 1F
TEL092-726-6286
その他

営業時間:11:30~14:00 17:00~24:00(L.O.23:00)

大きい地図で見る

関連タグ

この記事もおすすめ