簡単、おいしい!「第6回料理レシピ本大賞in Japan」受賞作を紹介

 毎年たくさん出版される、レシピ本の世界。そんな数々のレシピ本の中から、全国100人の書店選考委員と、料理専門家である特別選考委員の皆さんが厳選した、今まさにオススメのレシピ本。それが、「料理レシピ本大賞」受賞作です!

キャイ~ンの天野ひろゆきさん

アンバサダーを務めるキャイ~ンの天野ひろゆきさん

 6年連続で「料理レシピ本大賞」アンバサダーを務める、キャイ~ンの天野ひろゆきさんは、「毎年、その年の社会の雰囲気を反映した作品が選ばれるんだな、と感じています。今年の受賞作を見ていると、時短で、ちょっと手抜きでもいいんだよ、と読者に寄り添うような本が増えてきています」と語ります。

 さていよいよ、受賞作の一部をご紹介します! まずは、料理部門入賞のレシピ本。
 

 井原裕子さん「フライパンひとつで何つくる?」(成美堂出版)。

『フライパンひとつで何つくる?』(成美堂出版)

「フライパンひとつで何つくる?」(成美堂出版)

 「ふと本を開いて、『今日は何を作ろうかな』と献立を決め、お料理をしていただけるように、プロセス写真を工夫しました」と井原さん。26㎝のフライパン1つで、煮たり揚げたり、なんでもできる! という画期的なレシピの数々が載っています。

井原裕子さん(写真●)

井原裕子さん(写真中央)

 山本ゆりさんの「どこにでもある素材でだれでもできるレシピを一冊にまとめた『作る気になる』本』」(扶桑社)

山本ゆりさん『どこにでもある素材でだれでもできるレシピを一冊にまとめた「作る気になる」本』(扶桑社)

「どこにでもある素材でだれでもできるレシピを一冊にまとめた『作る気になる』本」(扶桑社)

 とっても長いタイトルになったワケは、山本さんいわく「編集者さんにコンセプトは何ですかって聞かれて、答えたら、それがそのまんまタイトルになりました(笑)」とのこと。

山本ゆりさん(写真中央)

 「自分みたいに、あまり料理が得意じゃなくって、毎日料理しんどいなって思う人も、『これくらいだったら作ってみてもいいんちゃうかな!?』と思える本を作りました」(山本さん)
 ほぼ3ステップ以内で作れるレシピは、疲れた日にもピッタリです!

 リュウジさん「クタクタでも速攻でつくれる! バズレシピ 太らないおかず編」(扶桑社)

リュウジさん『クタクタでも速攻でつくれる! バズレシピ 太らないおかず編』(扶桑社)

「クタクタでも速攻でつくれる! バズレシピ 太らないおかず編」(扶桑社)

 テレビにも出演中のリュウジさんが考案した、時短で太らない! といううれしいレシピが満載です。

リュウジさん(写真中央)

リュウジさん(写真中央)

 2年連続で受賞したリュウジさんは「昨年は自分でも、一発屋で終わるだろうなと思っていました(笑)。すてきな賞を2年連続、あざっす!」

 そして、特別選考委員賞を受賞したのは!
 「羊と鋼の森」で2016年本屋大賞を受賞した作家・宮下奈都さんの「とりあえずウミガメのスープを仕込もう。」(扶桑社)です。

宮下奈都さんの『とりあえずウミガメのスープを仕込もう。』(扶桑社)

「とりあえずウミガメのスープを仕込もう。」(扶桑社)

 ウミガメの…スープ…だと!? タイトルが気になりすぎますね(笑)

宮下奈都さん(写真中央)

宮下奈都さん(写真中央)

 特別選考委員賞ということで、「レシピが1つも載っていない本ですが、選んでくださった選考委員さん、すばらしいコメントをくださった選考委員さん、ありがとうございます」と宮下さん。

 そして、最後は、栄えある「お菓子部門大賞」受賞作!

 “みきママ”こと、藤原美樹さん「世界一親切な大好き!家おやつ」(主婦の友社)

藤原美樹さん『世界一親切な大好き!家おやつ』(主婦の友社)

「『世界一親切な大好き!家おやつ」(主婦の友社)

 家でおやつを作るなんて、料理が苦手な人(私です!)にはハードルが高そうですが…、

“みきママ”こと、藤原美樹さん(写真左)

“みきママ”こと、藤原美樹さん(写真左)

 「誰でも絶対簡単に作れる本にしたくて、たくさん写真を載せて、たくさん試作もして、誰でも作れるようにしました!」とみきママさん。“キャイ~ン!”のポーズで記念撮影!

 この後、「世界一親切な大好き!家おやつ」に載っている、「混ぜて焼くだけで作れる」レモンパイを試食した天野さん。

「めちゃめちゃおいしいですね!絶妙な酸味。そのおかげで甘さを感じる。作ってみたい!」と大絶賛でした!

レモンパイの試食をする天野さん

 「めちゃめちゃおいしいですね! 絶妙な酸味。そのおかげで甘さを感じる。作ってみたい!」と大絶賛でした!

受賞者の皆さんで、パチリ。

受賞者の皆さんで、パチリ

 とってもおいしそうだったり、気軽に作れそうだったり、健康に役立つ内容だったり。個性豊かなレシピ本の数々が受賞しています。ぜひ書店で手に取ってみてくださいね!!

  その他の受賞作は、第6回 料理レシピ本大賞 受賞作品のサイトからチェックを。

 関連記事:「第6回料理レシピ本大賞in Japan」料理部門大賞はどんな本?

※情報は2019.9.19時点のものです

この記事もおすすめ