karte.20 美容皮膚科との上手な付き合い方

まずはご報告から。

当コラム…

本日をもって…

産休に入らせていただきますっ(>人<;)

 

急な話で申し訳ない。。。
実は、コラムでも以前ちらっと触れたんですが、
クリニックの移転が目前に迫っておりまして。
年の瀬の大忙しな時に引越しをし、
年末年始を挟んで年明け早々からの診療スタートを予定してます。

ただいま準備中です。卵がかえるまでしばしお待ちください。

ただいま準備中です。卵がかえるまでしばしお待ちください。

計画性の欠片もない我々夫婦…
此の期に及んで
移転までに残された時間の余りの少なさと、
残された課題の余りの多さに直面し…

 

ただいま相当テンパっております( ̄◇ ̄;)

 

というわけで。
しばし、新しいクリニックを世に産み出すことに専念させていただきたく。
約2ヶ月ほどのお休みを頂戴することにいたしましたっ!

しばらくは「眠れる獅子」で。

しばらくは「眠れる獅子」で。

皆様の生活に与える影響はほぼ皆無かとは思われますが(笑)
コラム復活の際には温かくお迎えいただけると嬉しゅうございます。

 

そして、産休前ラストとなる今回。
何をテーマにしようかと。。。
冬の肌トラブルについてとか?
なんて色々考えましたが。

 

職権乱用で。

 

クリニックの宣伝。

 

てのもイヤラシイので(笑)

 

《美容皮膚科との上手な付き合い方》で2014年を締めくくらせていただきます♪

 

実は私…今でこそ皮膚科・美容皮膚科なんて謳ってますが。
元々美容とかコスメとか、人一倍興味ない方でした。

 

病態も病状の変化も目に見える所が魅力で皮膚科医の道を選んだし。
「医者たるもの、病気を診てなんぼのもん。」なんてちっちゃなプライドもあったし。
コスメなんかドラッグストアに売ってる1000円程度の、
しかも『これ1本で保湿も美白も!』的なオールインワン美容液で平気だったし。

 

とにかく興味の対象は『皮膚病』でしかなかった。

 

そんな私が美容皮膚科に惹かれたのは、
産後さらに鏡を見る時間が減っていた、30代半ば頃。
ふと鏡をまじまじと覗きこむと…
あるわあるわ、小ジワに小ジミの数々。

 

そして学会で目にする最新美容医療の劇的な効果。
そもそも、スキンケアにじっくり時間をかけることが苦手なズボラ女だからこそ。
『これだ!』と。
『チャチャッと自分で治療して、お肌若返らせちゃえ!』と。

 

だから今でも家でのスキンケアはシンプルの極み。
マッサージとかパックとか、時間かかるやつは一切なし。
ただ昔と違ってコスメ自体の質が高いものを使ってますけどね。

 

で、調子悪くなったら
『あ。そろそろレーザー当てとこ。』って(^^;;

 

でもね、それくらい美容医療の威力って凄いんです。
目に見えてお肌変わります。
だから、皆さんのお肌の変化を色々見てるうちに、
皮膚病の中の1症状としてのお肌の老化を治療しているんだ、という感覚が芽生えてきて。
いつの間にやら美容医療の奥深さにハマっちゃってました。

 

美味しい料理を食べたいんだけど。
自分で作るのは面倒くさいし、
頑張って作ってもプロの味にはかなわない。
だから少々お金払ってでも、美味しいレストランに食べに行く。

 

美容医療って、そういうものじゃないかなあ。。。

 

セルフケアじゃ限界あるから、
クリニックでケアして美肌を手に入れる。

 

美容医療っていうと、まだまだお高いイメージがあるかもですが。
もちろんメニューによりけりですが、
手術なんかとは違って、
下は数千円から、高くてもせいぜい数万円(一桁)のものが殆ど。
シミ、シワをどうにかしようとデパートなんかの化粧品あれこれ買うよりは、
目に見える効果が得られて、しかも効果がある程度持続する美容医療って、
意外とコストパフォーマンス高いと…思うんだけどなあ。

レーザーでシミを薄くしたり、毛穴を引き締めたり。
ボトックスで筋肉緩めてシワを予防したり。
イオン導入でビタミン補給して光老化を遅らせたり。
そういうのって、本格的にシミ・シワが目立ってきてから始めるんじゃなくて。
シミ・シワが目立ってこないように早めに始めるのがポイントです。
年に数回でもいい。
時々ケアしておくことで、
5年後10年後のお肌が確実に違ってきます。

 

30代になったら美容医療適齢期ですよ♪

 

髪のケアはヘアサロン。
爪のケアはネイルサロン。
お肌のケアは…クリニック( ´ ▽ ` )ノ

 

さあ、美容医療にちょっと興味が湧いてきた貴女に朗報!
来年1月。
城南区梅林、福大病院隣接地にいいクリニックがオープンします( ̄▽ ̄)
その名は《タケダスポーツクリニック(整形外科・皮膚科・美容皮膚科)》。
ズボラな女医が、
楽しながら確実に効果を得られる治療やコスメを提案します。
まずは1月11日の内覧会へ♪
ちょっといい事あるかもですよ⁉︎

結局、思いきり露骨に宣伝したところで(笑)
今年最後のコラムを〆させていただきます。

 

拙いコラムもいつの間にか20回。
お付き合いいただきまして、本当にありがとうございました。
少しの間雲隠れしますが。
どうか忘れないでくださいね〜。

 

ちょっと気が早いですが。
皆様、よいお年を( ´ ▽ ` )ノ
右上・右下の♡マークポチッとお忘れなく♡

 

チャオ。

※情報は2014.11.27時点のものです

武田 りわ

お酒と旅と家族をこよなく愛する皮膚科医。
1974年生まれの蠍座、B型。
平成18年から福岡在住。
3児の母。
福岡の魅力にハマり、整形外科医である夫と南区大橋に“武田スポーツ整形外科クリニック”を開業。
マイペースながらも貪欲に、妻業・母業・医者業を満喫中。

関連タグ

この記事もおすすめ