お酒とお肉と文房具 【文具ナイト】開催しました!〜悩みにひとふり!スパイス文具

今回はおすすめ文具はお休みして、念願叶って今月26日に行った「文具ナイト」をレポートいたします。

 

さて突然ですが、文具ナイトを開催した11月26日は何の日かご存知ですか?

 

。。。〈いい風呂の日〉?

 

それも正解ですが、実は「ペンの日」でもあるんです。

 

文学振興を目的としP(詩人、俳人、劇作家)、E(エッセイスト、エディター)、N(作家)が集まる文化団体「日本ペンクラブ」が設立された日にあやかり制定された日だそうです。1935年11月26日に設立され、島崎藤村さんをはじめ、名だたる方が会長を務めております。(現在は浅田次郎さんが16代目会長です)

 

なんとも豪然とした団体と記念日なのに、「文具のイベントをしたい!だったら、ペンの日がいいんじゃない!」と軽い気持ちでゆるやかに発進したのが、今回ご紹介する【文具ナイト】。

場所は「AFTER THE RAIN」という老舗のバーで、美味しい飲み物、食べ物(私はミートボールパスタがお気に入りです)もさることながら、スタッフの空気感が心地いいお店なんです。ライター集団の会社「チカラ」が運営していて、店内には本がたくさん。このイベントにふさわしい場所です。

お肉の誘惑に負けそうになりながら…

お肉の誘惑に負けそうになりながら…

やっぱり今夜はペンの話でしょ!

やっぱり今夜はペンの話でしょ!

今回は、文房具の中でもみんなが一番親しんでいる「筆記具」についてとことん語りつくす会です。ペンの日ですしね。

 

筆記具といっても、鉛筆、シャーペン、ボールペン、筆ペン、万年筆など、種類も様々。さらにボールペンでもインクが水性、油性、ゲルインクなど分かれてきますし、インクごとに流行があって今の主流は…などどこまでも追求できちゃう奥が深いカテゴリーなんです。

 

さらに「筆記具は、小さい子でも自分でこだわりをもって選ぶ初めての道具ではないか」と、バーのオーナーが仰っており、ハッと気づかされました。
確かに、小さいころの落書きから始まって記すことがある限り一番身近にある道具=筆記具だなぁーと改めて感心してしまいました。なのに、こんなに主張せず私たちの人生に寄り添っている感じったら、なんと奥ゆかしい!

そんな筆記具は日本を代表する世界に誇る道具ではないかと思っております。

 

1 / 2

関連タグ

この記事もおすすめ