プロフィール欄の何これ項目『最低招待金額』と『仕事メニュー』- 九州お仕事モールでスローワークライフ

あけましておめでとうございます。

今年はもっと元気に! もっとワガママに! を、モットーに。

いつでもゆるーく何でもアリ!を体現する年にする!

そう新年心に誓った、ノラ猫コラムニストこと久保巴です。

 

こんにちは。

12月、うっかり記事飛ばしちゃいました。

てへ。

プロフィール欄のよく分からないところは次回また! なんて中途半端なところで年越しちゃいました。

楽しみにして下さっていた方、申し訳ありません。

って… 楽しみにしてくれてる方がいるなら、 それより何よりめっちゃ嬉しいな~(*^^*)

「誰かのもとに届いてる」 そんな思いが、歩を進める力になると感じる、今日この頃です。

「誰かの為に」なんて気持ちを支えるのは、そんな小さな気持ち達なんだろうな。

それを「仕事」と呼ぶのかもしれないね。

 

はてさて前回の続きです。

前回の記事:『プロフィール欄を充実させよう』

 

プロフィール欄の編集してたら、よくわかんない項目に出会ったのです。

「最低招待金額」と「仕事メニュー」

???

 

「経歴」や作品をUPする「ポートフォリオ」、「スキル」の記載はなんとなく分かる。

私、そんな載せれる経歴なぃですぅ…

って方でも大丈夫。 それはそんなに重要な事ではないんだ。

 

目的は、埋めることではないもの。

自分が何をしてきたのか向き合うこととプロフィール欄が埋まる事は、イコールではないから。

これから埋まるものは埋まるし 埋まらなくてもいいものは埋まらなくてもいい。

無いと出来ないわけではないんだ。

だけどこの 「最低招待金額」と「仕事メニュー」はそもそも意味がわからないのだ。

ってことで 聞いてみましたランサーズさん。

 

【最低招待金額】とは・・

依頼主さんは、お仕事を依頼する時、「この人、提案してくれないかな~?」ってランサーさんを、あえて仕事依頼ページに招待することが出来るんだって。

 

「プロフィール」タブにある項目「最低招待金額」

「プロフィール」タブにある項目「最低招待金額」

 

この仕事に、この人はどんな提案をしてくるんだろう?

そんな風に、興味を持てた人に。

そんな時、その人に提案してもらいやすくする為に、 「提案してくれたら、採用如何に関わらず報酬をお渡しします」ってシステムがあるんだって。

この「最低招待金額」っていうのは、ランサーさんが「招待報酬が1000円以上なら、招待案件を受け付けます」ということを提示できる項目のこと。

大体が、設定を1000円からスタートさせて、実績と共に上げていく方が殆どなんだって。

 

参考:招待や招待報酬って何ですか?

 

そして【仕事メニュー】

これは、自分が「いくらでどれ位の仕事をするか」を書き込む項目。

「仕事メニュー」タブ

「仕事メニュー」タブ

 

「ポートフォリオ」欄にも、同じように作品制作における金額設定欄があるんだけど…

似たようなものかな。

「1記事○○円で執筆します」とか、「○○円でアイデア・企画等提案します」とかね。

そういう事を記入する欄なんだって。

 

こうしてみると、 依頼主さんはとても「こんな人に」という思いを抱いているということがわかる。

集まった数々の提案の中から選ぶというより 「こんな人に」、「こんな提案をしてもらいたい」というイメージをもって、依頼してる。

そんな自分たちのイメージの 具現化をしてくれる「人」を探している。

だからプロフィール欄って大事なんだろうね。

自分自身をオープンにしていくって、大切なんだ。 



私達は、お仕事を探してる。 やりたい事や、出来る事を選んでる。

依頼主さんも、人を探してる。 一緒に仕事をする人を選んでる。

矢印がぶつかって 人と人が出会う。

その先に 表現する上で、良い意味での期待と裏切りがあるんだ。

 

こんな風にお仕事をしている時点で 矢印は外に向いているんだ。

だから 自分に向かう矢印を意識してみる。

そんな目線で あなたのプロフィール欄が、どんどん充実していきますように。

たくさんの依頼主さんと たくさんのランサーさんが繋がっていきますように。

今年一発目のコラムは そんな願いを込めて。

私自身も 素敵な依頼主さんとお仕事がもっともっと出来ますように。

また今年も、よろしくお願いします(*^^*)

 

【基本は月1更新予定!】

※情報は2015.1.9時点のものです

九州お仕事モール(略してオシモー)

URLhttp://cs.nishinippon.co.jp/
その他
  • 日本最大級のお仕事サイト『ランサーズ』と、西日本新聞社の提携で立ち上がった地方特化型のお仕事サイト。

    「福岡・九州をもっと豊かな元気な街に!」というスローガンのもと、地元のみなさんへ新しい働き方を提案します。

    ☆Facebookでもオシモー情報発信中

久保 巴

1982年9月2日生まれ 元介護士

現在のら猫(写真に写る猫は私の仮の姿です)

 

2013年に仕事を辞めてからというもの、プラプラしながら色んな仕事に手を出す。

そんな中、西日本新聞webサイトでコラムを書かせて頂くようになる。あれやこれや綴る傍ら、身内の死をキッカケに様々な断捨離を行う。…仕事まで。てへ。笑

 

一旦極端にアルバイトを削り、ぼんやりと瞑想のような日々を送っていたが、最近はまたちょっと面白そうな仕事をしてみようかなと思い、ムボーな業界に目を付けている。オシモーも然り。笑

西日本新聞の子ども向け紙面キャラクター「わキャッタピー」にマジ惚れし、相棒として共に歩んで約半年。

次に私とわキャッタピーが挑むのは、「パソコンでお仕事」な世界。

パソコン音痴な私だから書けるだろうレポートを、わキャッタピーと共にお送り致します。

関連タグ

この記事もおすすめ