世界一の釈迦涅槃像&宝くじファン必見パワースポット!福岡・篠栗町の「南蔵院」

福岡県篠栗町の篠栗四国霊場の総本寺「南蔵院」。ここの見どころといえば、巨大釈迦涅槃像!全長41メートル、高さ11メートル、重さ約300トンで、ブロンズ製の釈迦涅槃像では世界一の大きさを誇っています。

 

また、南蔵院の住職は何度も宝くじを当てていることでも有名。1995年のジャンボ宝くじで1等前後賞合わせて1億3000万円に当選、さらにその数日後には『ナンバーズ4』で140万円を4口、計560万円を当て、その後も大小あわせて30回以上の高額当選を繰り返しているという恐ろしく強運の持ち主(いやいや、日ごろの行いの賜物ですね、きっと)。とにかく、巨大釈迦涅槃像に強力な金運アップが期待できそうな南蔵院。

 

百聞は一見に如かず。さっそく訪ねてみました。

( ゚Д゚)

 とにかく大きい!カメラにその姿を写そうと思い、後ろに後ずさりするのですがなかなか撮れないほどの大きさです。

 

小学校のプールの大きさは大体、長さ25メートル×幅11~12メートルですが、プールよりはるかに大きいお釈迦様。人間がいかに小さい存在であるか、リアルに感じさせられるような涅槃像です。

お釈迦様の左手には、五色の布が垂れ下がっています。これはお釈迦様の精神や教えを表しているそうで、参拝者はこの五色の紐を握ってからお参りしていました。

当然ながら顔も大きい!

当然ながら顔も大きい!

髪の毛(?)がこの大きさだからすごいです。

髪の毛(?)がこの大きさだからすごいです。

あまりの大きさに空いた口がふさがりません。数分間見とれてしまい、涅槃像に近づいてみました。近づけば近づくほどその大きさを実感します。

足の方にぐるっと回ってみます。

足の方にぐるっと回ってみます。

仏足(足の裏)

仏足(足の裏)

足の裏には何やら不思議な絵や記号が…。それぞれの模様には意味があり、お釈迦様の教えと慈悲深い心が込められているそうです。

魚の模様「双魚相」は不滅の生命力を意味しています。

魚の模様「双魚相」は不滅の生命力を意味しています。

模様に上手くお金が置かれていますが、よく見ると日本の円以外に海外のお金もたくさんありました。国内外から参拝者が訪れているんですね。

宝くじ1億円当選の記念碑

宝くじ1億円当選の記念碑

巨大な夫道明王像

巨大な不道明王像

巨大な不動明王の近くには、落雷にあった木の幹に彫り込まれた雷神様。落雷した木には神が宿るとされていて、この木で作られた数珠が勝負運に強いということで人気だそうです。

さて、釈迦涅槃像に話題を戻しますが、毎年暮れに大掃除があります。

表情は変わらないはずなのに、くすぐったそうなお釈迦様に気持ちがなごみます。

国内外から巨大な涅槃像を見学に、また、宝くじ当選祈願や勝負運向上のご利益を求めて多くの人が集まる南蔵院。みなさんもぜひ開運招福を願い、足を運んでみてください。

※情報は2015.1.13時点のものです

南蔵院

住所福岡県篠栗町篠栗1035
TEL092-947-7195
URLhttp://www.nanzoin.com/

大きい地図で見る

この記事もおすすめ