毎月第3金曜日の夜にこっそり開店。博多区千代の「穴バー」

毎月第3金曜日の夜、福岡市博多区千代の一角でこっそり開かれている「穴バー」をご存知ですか?

 

「穴バー」は、九州のワクワクを掘り起こすウェブマガジン「アナバナ」が開催する月1回のイベント。毎回、地域の素敵な生産者やショップの方などがゲストに迎えられています。

 

2015年1回目となる「穴バー」のテーマは「番茶」。ゲストに「番茶のお店『ふりゅう』」(久留米市)の店主・池松伸彦さんを迎え、こっそり(?)と開かれていました。

博多区千代で開催される「穴バー」。こんな穴場があったなんて…。

博多区千代で開催される「穴バー」。こんな穴場があったなんて…。

 正直、「穴バー」と聞いたとき、アングラのような暗いイメージも持っていたのですが、違いました!!看板を見ただけでも、「楽しそう!」「面白そう!」「また行きたい!(まだ入ってもないのに)」とテンションが上がり、中に入ってみて確信。まさに穴場、これまで知らなかった楽しい場所がここにありました。

 

※ちなみに、「アナバー」という店はなく、通常はアナバナを運営するダイスプロジェクトのオフィスが月1回「アナバー」になるそうです。

オシャレなオフィスです。

中では、スタッフの方による料理やドリンク(アルコールもあります)が楽しめ、まるで立ち飲みバー。

参加費は3000円(税込)で、フードチケット4枚とドリンクチケット2枚がついてきます(オリジナルのティーバッグのお土産をいただきました!)

バーの開店時間は19:00~22:00。出入りは自由で、この時間帯の中で、ゲストの池松さんが「番茶」をテーマにしたいろいろな話をしてくださいました。

番茶とは?

番茶とは?

番茶のよいところは?

番茶のよいところは?

トークを聞くだけではありません!

実際に説明を受けたお茶「碁石茶」を飲ませていただきました。池松さんが「番茶界のゼットン」と呼ぶその味とは…?

碁石茶

碁石茶

池松さん

池松さん

一見普通のお茶ですが、さすが宇宙恐竜「ゼットン」。味も香りも表現する言葉が見つかりません…。

一見普通のお茶ですが、さすが宇宙恐竜「ゼットン」。味も香りも表現する言葉が見つかりません…。

会場には、ふりゅうのお茶やオリジナル商品もずらり。

番茶の歴史や魅力、効果を学んだ後、店主の方と会話を楽しみながら自分にあったお茶を選べるなんて得した気分になれました。

パッケージもかわいい!

パッケージもかわいい!

番茶界のゼットン「碁石茶」も販売されていました。

番茶界のゼットン「碁石茶」も販売されていました。

ゆずと抹茶のカクテルは最高に美味しかったです!

ゆずと抹茶のカクテルは最高に美味しかったです!

毎月こんなに楽しいイベントが千代で開催されていたなんて…。

生産者や店主の話を通じて、食に対する知識も深まり、興味もわいてきた夜でした。

スタッフの方の温かいおもてなしにも感謝です!

毎月第3金曜日の夜、何かが起こる。何かが変わる。

そんな無限な可能性を感じた穴バーでのひとときでした。

 

みなさんもぜひ「穴バー」へ。面白いアナバです。

※情報は2015.1.22時点のものです

アナバナ

住所福岡市博多区千代1-20-14
TEL092-403-0086
FAX092-403-0087
URLhttp://anaba-na.com/

大きい地図で見る

関連タグ

この記事もおすすめ