katsu ドラマチックStory☆在るべき姿で

今日はライフクリエイト。

歩いてお客様のもとへ。

 

向かう途中のショップ。

今年は星柄ちょいboom。

星柄のセーター。

 

なんか 可愛いって思った。
女の子 着たらCuteやね♪

 

僕のジャケットは星柄。

URBAN RESEARCHのお店お前で

目に入り

このジャケット目がけて駆け寄って

購入した。


意外に

風を通さず暖かいよ♪

 

今年の冬は

star man star lady

が いっぱいだね。

なーんて。

 

でも
実は 本当は

 

みんな

誰しもが

居るだけで 輝く星 だけどね♪

僕らは居るだけで価値なんだよ。

 

自信が無かったり。
出来ないって思ってたり。
下手くそだって思ってたり。
やれないって思ってたり。
上手じゃないって思ってたり。

色々だ。

 

でも

それでも 価値なんだ。

 

あのさ。

例えば「赤ちゃん」

赤ちゃんは居るだけで価値だよね。

泣いてようが。
喚いてようが。
喜んでようが。
笑ってようが。

 

どんな状態でも居るだけで価値。

ママ達なら その意味が解ると思う。

僕らも元は「赤ちゃん」。

あっ!

今 そんな 感じになっちゃった。

でも

元は 玉のような 可愛い「赤ちゃん」。
だったはず。。。

 

君がそう思えなくなってるのは

自分の内側を見ず
自分の内側を見ようとせず
自分と会話してないからなんだ。

 

それは
周り(社会・人)をみて
周り(社会・人)と自分とを比べてるからさ。

だから 自分の良いモノが無くなる。

でも それも誰のせいでもない。

自分で自分にやった事。

 

良いのだ。
良いのだ。

 

皆んな 赤ちゃんと同じだ。
皆んな 価値なんだ。

 

僕はコンサルやライフクリエイトの時に

花の話をする事がある。

 

草原に一輪の花が咲いている。

1人の女性は花を見て
「綺麗だな。」
って思う。

 

もう1人の女性は花を見て
「色が嫌い。」
って思う。

 

でも

同じ花。

花は何も変わっちゃいない。

何が違うんだろ?

 

そう。
自分の捉え方。

 

花は花としてそこに咲いて在るだけ。

花は花の在るべき姿で。

 

花は自分で「綺麗」とすら思っちゃいない。
花は「綺麗」で在ろうともしない。
花には「綺麗」というモノすら存在しない。

 

「綺麗」は人の物。
「綺麗」は人の感情。
「綺麗」は人が作ってたモノ。

 

花は花の在るべき姿で在るだけ。

枯れゆく花も
花びらが落ちた花も
葉が虫に食われた花も

花はそれを受け入れる。

 

まぁ
花は受け入れるすら無いだろうけど。

まんま 花 だからね。

 

でも
人はそれを隠そうとする。

 

自分の悪い所や悪い箇所を。

 

自信が無きゃいけない。
出来なきゃいけない。
下手くそはダメだ。
やれなきゃいけない。
上手じゃなきゃ。

って。

 

それは自分に負荷が掛かってる。

今を受け入れるとは

今の自分を受け入れ 認めてあげる事。

自分をの悪い所を

 

隠さなくていい。
無くさなくていい。
見ていい。
気づいていい。

 

だって それが今の自分だからさ。

 

良く見せようなんてしなくて良いのだ。
まんま 自分で。

それが
自分らしく生きるって事。

 

赤ちゃんは泣いてたら

「泣き止まなきゃ。迷惑かかる~」

なんて思わないよ。

 

花は葉が落ちたら

「綺麗でいなきゃ。」

なんて思わない。

自分の在るべき姿で。

そこに在るだけ。

 

皆んな 1人の1人 オリジナルなんだ。

違って当たり前。

 

だから

同じは当てはまらない。

あの星と一緒だ。

星は2つと同じものはない。

君は産まれながらに星。

だから

ただ在るべき姿で在れ!
だ。

良かったね。気づけて♪

 

君の世界はコレから。
だぁ!

katsu

※情報は2015.1.30時点のものです

Katsu(カツ)

katsu(カツ) クリエイター 福岡県在住

katsu ドラマチックStory Blog=http://ameblo.jp/katsu-kig/

katsu Facebook https://www.facebook.com/katsuf

人生は1度しかない自分が主人公のドラマだと思います。 人はそれぞれにオリジナルの素敵なモノを持っている。 それを活かし 自分を活かすだけ。全てはシンプルです。 僕のイラストや写真や言葉に触れて頂いた方が自分の中にある素敵なモノに気付き、あなたの人生が今よりもっと素敵な物語に変わってもらえれば幸いです。 katsu

この記事もおすすめ