日本が世界に誇る数々の発明品~Made in Japan~☆どくだみJAPAN

インスタントラーメン、レトルトカレー、新幹線、 ウォシュレット、アイスノン、留守番電話、デジタルカメラ、 自動改札機…..

 

こんな素晴らしい産物の中で、私が「 この世に生み出してくれて本当にありがとう」 と心から感謝する発明品、そ れはダントツで「カ ラオケ」。

 「カラオケ」は年齢、国籍、人種、職業、日本語レベル…す べてのバリアを超えて世界をひとつに繋ぐ親善大使。

今や日本のポップカルチャーとして「KARAOKE」 は世界中の人たちに驚くほど広く受け入れられている。

 

私のデータ上、残念ながら、外国人(アジア系をのぞく) で歌が上手な人はあまりいない。

特にクールな欧米系の男の子の歌に感動することはほとんどない。

第一声を聞いて、お決まりの椅子から崩れ落ちるシーン~ できれば口パクで聴きたかった。

 

しかし….

ここでは、誰もが今宵のスーパースター。 他人のことはどうでもいい。音痴なんて気にしない。
コスプレを上手に着こなし、朝までノンストップで歌いまくる。

昨年12月、みんなで盛り上がったカラオケナイト!

昨年12月、みんなで盛り上がったカラオケナイト!

 日本人のカラオケの流儀~なんとなく歌う順番を気にする、 相手の歌をそれなりに聴いているフリ、真剣に歌って いる人の邪魔をしない、歌い手のペースで合いの手&手拍子、最後は拍手に褒め言葉~

 

これが外国人になると、すべて“オレ流”、 そんな暗黙の了解的ルールは通じない。

 

自分の知っている歌だと、どこからでもマイクに群がり、 とにかく一緒に歌う。

「歌う」というか、もう原曲を大きく外れて、完全にシャウト。

じっとしているのは曲を選ぶ時だけで、 後は踊りまくりのクラブ状態。

英語はもちろん、フランス語、イタリア語、ドイツ語、中国語、 台湾語、韓国語・・・

多言語が行き交う中、日本のド演歌「天城越え」に感動し、 レアなアニソンで盛り上がり、沖縄の緩やかなメロ ディーにほっこりする。

歌が苦手でシャイ? な私もいつのまにか彼らのペースに心地よくハマり、十八番の「D esire」 を披露。

 

最後はみんなで肩を組み合い、シメの「We Are The World」でフィナーレ。

「日本大好き!みんな大好き!ありがとう!」 と幸せな気持ちマックスになる。
誰もが数時間でステキな仲間になれる異文化理解コミニュケーショ ンに最適なKARAOKE。

2014年大晦日に盛り上がったカウントダウンパーティー!

2014年大晦日に盛り上がったカウントダウンパーティー!

今やウチの学校の必須カリキュラムになっているかも・・・・

【どくだみJAPAN☆は毎週月曜日午後9時にお届けします】

※情報は2015.2.2時点のものです

WAHAHA*J

(株)WAHAHA Studio Japan, WAHAHA日本語学校代表。16歳の夏、アメリカでホームステイを体験し、異文化の不思議さに出会う。以来、異文化交流へ情熱を燃やし、5年前に日本語学校を設立。 ”違い”を楽しみながら、現在日本語教師として外国人に日本語+αを指導中。

WAHAHA Japanese Language Schoolのfacebook:https://www.facebook.com/wahahanihongo

この記事もおすすめ