「まちスキフォト巡り~筑後の手仕事編~」(実施レポート)

昨年10月に開催した「まちスキフォト巡り」の第2弾を、さらにスタイルを変えて1月18日(日)に実施しました。

※「まちスキフォト巡り」(第1弾)のレポートはこちら⇒https://fanfunfukuoka.com/town/16551/

 

 

今回は“手仕事”をテーマとして筑後地域を代表するこだわりの職人達が熱い思いでしのぎを削る作業現場を、ただ撮影するだけではなく、それぞれの魅惑の手仕事に触れていただこうと企画しました。

 

また前回に引き続き撮影技術のレクチャーは「福岡乙女カメラ部」より野田氏、松尾氏を招き、さらに「富士フイルム」さんより人気の高性能ミラーレスカメラ「X-E2」「X-M1」と2機種もの貸出しを参加者全員分にしていただきました。

 

最初のプログラムは福岡県広川町の「藍染絣工房山村健」でのハンカチ染めもしくは、コースター織りです。

山村健さんは久留米を代表する藍染手織りの久留米絣を作る職人です。

コースター織り

コースター織り

プロでも同じ模様を織るのは難しいと言われる織物に、慣れないながらも、

参加者の皆さんはキレイな文様を仕上げていきました。

ハンカチ染め

ハンカチ染め

ハンカチ染めは布の結び方や藍甕に入れる時間によって色合いも変わるため、

仕上がりイメージを思い描きながら、時間を計り染め上げていきました。

ハンカチ完成品

ハンカチ完成品

みなさん個性溢れる作品が完成しました。そのまま店頭で販売もできるほどに、

素晴らしい出来栄えです。

 

次はみやま市の「筒井時正玩具花火製造所」へ場所を移してピザ作りと線香花火作りの体験です。

今や日本で線香花火を作っているのは3ヶ所だけと言われる中の貴重な1社なのです。

ピザ作り体験

ピザ作り体験

好きなトッピングを選び、自らピザ釜へ生地を入れ、焼き上がりを待ちます。

ピザ釜に生地を入れること自体めったに経験できない貴重な体験で、自分で焼きあげたピザのおいしさは格別です。

 

昼食の後は、いよいよ線香花火作り体験です。

線香花火作りに挑戦!

線香花火作りに挑戦!

簡単そうに見えて、とても難しい撚る作業に悪戦苦闘しながらも、1本1本完成させ火を付けて試します。

 

プロが作る線香花火と比べると花火の咲き方や火持ちも違い、改めて手仕事の凄さを感じた瞬間となりました。

 

花火の撮影も難しく、最初はボヤけて暗い写真になってしまった参加者も、レクチャーにより上手く撮影できるようになりました。

 

その後、九州中心にこだわりの手仕事商品を扱っているセレクトショップ、八女市の「うなぎの寝床」に移動しお買い物です。

お買い物

様々な職人の手による作品に魅了され、お気に入りの商品が見つかったらお買い物、そして撮影を楽しみました。

 

最後は“八女茶”の名付け親である「このみ園」にて、お抹茶と和菓子を囲みながらの交流会を開催。

一日を通して一番心に残った写真を発表し合いながら、充実した濃い一日を振り返りました。

 

カメラ初心者もいる中、色合いも鮮やかで綺麗な写真が撮れ、操作も簡単な「富士フイルム」の「X-E2」と「X-M1」は参加者に大好評であり、“このカメラが欲しくなった”という声も聞こえてきました。

 

是非カメラを手にして身近なもの見渡して、写真を撮ってみてはいかがでしょうか?

きっといつもとは違う新しい出会いが見つかるはずです。

九州ちくご元気計画では、3月末までこれまでとは一風変わった観光プログラムを開催しております。随時情報を更新しておりますので、是非ご覧いただき、ご参加いただければ幸いです。

 

九州ちくご元気計画HP

http://kyushu-chikugo.net/

※情報は2015.1.31時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ