超左脳的!意図的に「楽しい」をつくるための3ステップ

みなさん、こんにちは!

 

2月も後半に入り、毎年思うことを今日もまた思っているみかちです。つまりほら、「わたしの2月はどこに行った」。成長がないというか何というか… 逃げる月、とはよく言ったものですね。

 

さて、前回のコラムでは「楽しくない状態をいかに減らすか」ということに焦点をあてて、わたしが普段セミナーやセッションなどで行っているワークをご紹介しました。 

<前回のコラム>

「楽しいはつくれる!けどいまのあなたに必要なのは『楽しくない状態』を減らすことかもしれない」

 

それを踏まえて今回は、「楽しいをつくる」具体的なステップをご紹介したいと思います。

 

Step 1. 自分はどんなときにハッピーになっているのかを観察する

じっくり観察してみてください

まずはじっくり観察してみましょう

前回同様、最初はまず自分観察からです。1日を振り返って朝から晩まで自分が何をしていたかを紙に書き出し、その横に「○」「×」をつけましたね。

 

今回は「×」に注目するのではなく、「○」の部分をみていきます。楽しかったときや心が上向きだったとき、つまりハッピーだったのはあなたがいったいどんな仕事、活動をしているときだったでしょうか?ひとと話をしているとき?大好きな本を読んでいるとき?それとも朝、お気に入りの服を選んでいるときかもしれません。

 

Step. 2 自分はいったいどんな「プラスの感情」を感じているかを知る

 

さて、ここからは少し上級者コース。みなさんがいったいどんなプラスの感情を感じているのかを見ていきます。日常生活のなかでよく出てくるプラスの感情は、以下の10種類と言われています。

 

①よろこび②感謝③安らぎ④興味⑤希望⑥誇り⑦愉快⑧鼓舞⑨畏敬⑩愛 

 

「よろこび」や「感謝」は説明不要だと思いますが、パッと見「?」となりそうないくつかの感情を説明しましょう。

 

「鼓舞」は、誰かの言動に心動かされ自分もこうなりたい、ああなりたい、というときにでてくる感情です。インスパイアされる、鼓舞される、といいますね。

 

「畏敬」は、自然など自分よりはるかに大きなものの前で何だか敬虔な気持ちになること。普段はとくに宗教を気にしないわたしたちも、確かに寺社仏閣のなかの静謐な気を感じたときや美しい朝日を見たときは、襟を正し自然と手を合わせたくなりませんか?そんなときに湧いてくる感情です。

静寂に包まれる神社の鳥居

静寂に包まれる神社の鳥居

 あなたが「○」をつけたときには、いったいどんな感情を感じていましたか?よろこび?それとも感謝?それはどうすればまた感じられるでしょう?

 

この作業をすることで、自分がいったいどんなときにどんなプラスの感情が出てくるのかを把握することができると同時に、今度はそれを意図的に再現していくことができます。

 

Step.3 日常を意図的にカスタマイズする

 

自分がいったいどんなときにどんなプラスの感情を感じるのかがわかれば、あとはこちらのもの!自分がプラスの感情を感じる活動を、意図的に日常のなかに組み込んでいきます。

 

たとえばわたしは「TED」などで、世界的に活躍するひとびとのスピーチを観るのが大好き。「鼓舞」の感情が心の奥から湧いてくるのを感じます。なので、定期的に観ることで心の状態を上向きにするようにしているのです。

 

日常を意図的にカスタマイズすることで、いつのまにか日々のなかのハッピーが増えていくんですよ〜。

自分を知ればそれだけ日常がもっと楽しくなります!

自分を知って日常をもっとハッピーに!

いかがでしたか?

 

みなさんもときには「待ち」ではなく超左脳的な「攻め」の姿勢さえも駆使しながら(笑)、「楽しい」をつくりにいってみてくださいね。

 

参考文献 
バーバラ・フレドリクソン(著)、植木理恵(監修)、高橋由紀子(翻訳)、2010年「ポジティブな人だけがうまくいく3:1の法則」日本実業出版社

※情報は2015.2.22時点のものです

須藤 美香

プロデューサー、“ことばにする”専門家
1981 年茨城県生まれ。京都在住を経て2008 年に夫の転勤で福岡へ。
「言語化すること」を軸に、執筆、思考や感情整理のセミナー・コンサル、個人事業主を目指す方々のコンセプトメイキングなどを手がける。
30 歳でNY へ短期留学。枠にとらわれずに生きるひとたちを見て生きかたを考えさせられ、帰国後、「ひとがよりしあわせに生きるには?」を追求するためポジティブ心理学を学ぶ。そのひとの強みや価値観を掘り下げ「ぶれない軸=モノサシをつくる」コンサルは主に30 代女性を中心に人気を集めている。
2014 年12 月「自分らしく自由に生きる」をテーマにしたサイトme3.0 の運営を開始。枠にとらわれず楽しく生きる仲間を増やすべく活動中。
<次のわたしをつくりたいひとにおくるウェブコラム”me3.0”>

この記事もおすすめ