バレンタインデーの海外ランジェリーショップ事情☆どくだみJAPAN

2月も最終週。春はもうそこまで来ていますね。
今年のバレンタインデーはいかがでしたか?

 

私は建国記念日の早朝から次女(小1)にたたき起こされ、
手作りバレンタインチョコを作りました。
私自身子どもの頃からチョコ作りは恒例で、
友チョコの走りでございました(笑)

 

が、

 

ご存じのとおり、こんな女子→男子への
バレンタインは日本だけ。
まったく踊らされていますが、
自国の流れには逆らえません(笑)

 

海外ではバレンタインとクリスマスになると
ランジェリーショップは赤一色となり、
キュートな勝負ランジェリーがところ狭しと並びます。

で・す・が、

 

選ぶのは、女子ではなくメンズ!
そう。勝負ではなく、贈り物。

 

ショップのスタッフと共に何種類も並べては、
彼女の為に吟味している彼もいれば、
広々としたフィッティングルームで
一人掛けのソファに座って、彼女に試着させて
一緒にピッタリの一品を探す風景も至って普通。

 

うん。バレンタインはこうでなくちゃね。

 

たまたまバレンタインの日に立ち寄った

バークレー(CA)のアイスクリームショップのお姉さんは

満面の笑顔でアイスを持って来てくれた。

なんてアメリカン!なアイスクリーム。

※こちらのお店⇒Fentons cremary  http://www.fentonscreamery.com/ 

 

でも、それよりも

その笑顔がさわやかなお姉さんは

パリッとしたユニフォーム白シャツからしっかり

透けて見えるファンキーレッドなブラが全然いやらしくなくて、

すっごく可愛かったのを覚えている。

 

そう。バレンタインは遊び心いっぱいに楽しむべきなのだ!

もう終わっちゃけれど、
世の男性陣はホワイトデーを勝手に
アレンジしてみはいかがでしょう?

 

そうそう、知らなかったけれど、
バレンタインデーにもホワイトデーにも縁が無かった
人たちは、4月14日を「ブラックデー」と名付けて
黒いものを食べて、楽しむらしいです。
どうやら韓国からやって来たイベントだそう
(つい先日知った話)

 

どうせ楽しむなら、
セクシーにブラックを身にまとい、
ジャージャー麺や黒カレー(笑)、
極めつけにイカ墨パスタを頬張って楽しむのもいいかも!

 

Be happy and have fun!

【どくだみJAPAN☆は毎週月曜日午後9時にお届けします】

※情報は2015.2.23時点のものです

Sue

Sunnyside Nursery & Preschool 園長 2011年3月11日。西新に子どもたちの笑顔で日向ぼっこが出来るバイリンガル保育園を 立ち上げる決意をし、4月よりスタート。日々太陽のような子どもたちの笑顔で日光浴を楽しむ。

海と太陽をこよなく愛し、夏が待てない今日この頃。 ハワイ進出が目下の夢!

関連タグ

この記事もおすすめ