今や壁紙は貼り替えるのではなく着せ替える時代~ゆぴのこのHAPPY+HOME

はじめまして、ゆぴのこと申します。

このたびDIYやセルフリノベーションなどインテリア関連のコラムを書かせていただくことになりました。

わたしの経験や体験で得た知識を通して、みなさんにやり方や作り方、DIYやリノベーションの楽しさが伝わればいいなと思います。

これからよろしくお願いいたします。

 

さて、第一回目は、

 

「壁紙」について

 

わたしは壁紙もインテリアの一部だと思っています。

同じ家具でも壁紙一つで全然違う部屋になってしまうと言ってもいいくらい壁紙は重要視しています。

わが家のコンロ周りの例

わが家のコンロ周りの例

壁紙は楽天市場などで気軽に欲しい分だけ購入できます。

業者さんが取り扱うメーカーの壁紙はほぼ市販でも売られています。

国産品だけでなくオシャレな輸入品もたくさんあります。

今はアンティーク調の板壁やレンガ柄がとても人気があり、

お部屋全体でなくとも、1コーナーや腰下などをアクセントにポイント貼りするだけで

お部屋が見違えるようになります。

 

でも壁紙ってついつい懸念してしまいがちですよね。

 

古くなった壁紙を張替えたいけど業者さんに頼むと高い。

オシャレな壁紙を貼りたいけど賃貸だから無理。

今貼っている壁紙飽きちゃったけど剥ぐの面倒くさい。

 

こんな風に思って諦めていませんか?

 

しかし今や壁紙は、「安い、現状回復OK、お手軽」なものであり、

素人の私たちでも簡単に貼れる時代なんです。

わが家のリビング。元々貼っている壁紙の上からレンガが剥がれたイメージで貼った例。

わが家のリビング。元々貼っている壁紙の上からレンガが剥がれたイメージで貼った例。

 実際に飽き性のわたしはまだ築3年ちょっとの自宅を

自分で10回以上も、元々貼っている壁紙の上から壁紙を貼っています。

それも女性たった一人で。

業者さんに依頼するよりも断然コストセーブできます。

 

まず壁紙には2種類あります。

のりつき…最初からのりがついているので届いてすぐに貼れます。長期間の保管ができないので出来るだけ余らないように。現状回復不要な場合には断然お手軽。1mで500数十円ほど。

のりなし…のりがついていないので自分でのりを塗るか、ホッチキスや両面テープでの施工など原状回復必須な場合におすすめ。1mで300数十円ほど。

 

1 / 2

この記事もおすすめ