karte.21 Dr.りわ的 仕事と家庭を両立させるための3つの魔法の言葉

ご無沙汰しております。

 

というか…

 

もはや「え?誰?」と言われてもおかしくない程、

とんでもなくブランク空いちゃってますが(;^ω^)

 

お久しぶりのDr.りわです(*´з`)

やっとやっとコラム復活。

※これまでのDr.りわの『エン女医!マイライフ♡』はこちら

 

いやはや…

確か予定では、2月頃には復活とかのたまっていたような。。。

でもって私の手帳には、

1月から「コラム下書き」ってタスクが書き込まれていたような。。。

それが何故に今って感じですが。

 

・・・理由はありません(-.-)

単なるタイミング?

というか、そろそろコラムをサボリ過ぎてる罪悪感に耐えられなくなったというか(笑)

なので、なんの節目でもない、

中途半端極まりない4月の下旬というタイミングでの復活とあいなりました(^^;)

若葉の季節到来。復活です!

若葉の季節到来。復活です!

ただ幸いなことに(といっても、あくまで私的に)。

偶然にも(本当です)。

クリニックの皮膚科部門のHP(http://tsc-h.com/)がこのタイミングで完成いたしまして。

(あくまで偶然です)

ちょうどお披露目も兼ねられて結果オーライなのではないかと思ってみたり。

(ですから確信犯じゃありませんって)

 

というわけで。(相変わらず前置き長くてスミマセン)

新しいHPはこちら。

↓  ↓  ↓

http://tsc-h.com/

 

では、本日のコラムは以上です(^^♪

 

なんて(笑)

冗談はさておき。

(あ、でもHPは冗談抜きに真剣に作ってますんで、

是非見てみてください<(_ _)>)

▼くつろぎの空間とこだわりのメディカル美容

 

本題に入りましょうかね。

 

とか言いつつ、まだHP(http://tsc-h.com/)の話題を引っ張りますけど

 

HPリニューアルに伴いまして、なんとワタクシ…

ブログも書かされる始めることになりまして。

※ブログはこちら⇒http://tsc-h.com/blog/

 

あっちにもこっちにも記事を書くほど、

そんな沢山引出しを持っていない私はどうすりゃいいんだと、

それはそれは深刻に今日1日考えまして。

(たった1日かよ笑)

厳格な線引きをするつもりはありませんが、

今までのような美容に関するネタは主にHPで、

こちらのコラムでは、

ちょっと視点を変えたネタを気ままに綴っていこうかな…

なんて思っておりますので、どうぞよろしくお願いします♪

 

そして気になるその復帰第1回目のテーマなんですが。

 

【Dr.りわ的 仕事と家庭を両立させるための3つの魔法の言葉】

 

これでいってみようかと。

 

仕事と家事と育児(と遊び)の両立って…

働くママには永遠のテーマですからね。

決して私のケースはお手本にもならなければ、

崇高な理念に基づくものでもないわけですが。

子供3人も抱えてジタバタしている1女医の等身大の意見が、

どこかの誰かの参考になることもあるんじゃないかと思った次第であります。

 

約10年前に福岡に引っ越してきて、

沢山の魅力的な方達との出逢いがあったなかで、

私が本当にビックリしたこと。

 

それは、

『福岡には、なんて若くてパワフルな女社長が多いの~!?』

ってこと。

福岡は本当に輝く女性たちがいっぱいです。

福岡は本当に輝く女性たちがいっぱいです。

決して家業を継いだ2代目3代目とかじゃなく。

20代とか30代前半位の若さで起業したバリバリの経営者。

しかも顔もスタイルも抜群で、

なのに性格もさばけてて、

家庭もあって、子供は2人か3人。

そんな、『一体天は彼女に何物与えたの⁉』 とショックすら覚えそうな女性が、

福岡にはゴロゴロいるんですよ(*_*)

(少なくとも私にはそう感じられた)

 

でも彼女達と親しくなると、

意外と皆、抱えてる悩みやジレンマは同じだったりして。

 

で、彼女達からすれば、

子供3人(なんなら犬まで)いて、

近くに頼れる実家もない土地で、

クリニックを開業して夫婦で働いてる私なんかも、

逆にそういう「全てを要領よくこなしてるワーキングママ」に見えるようで。

よく質問されるわけです。

 

『どうやって仕事と家庭両立してるの?』

『いつも全然疲れがみえない。優雅な感じ。どうして?』

『何もかもちゃんとこなしてて、偉いよね~。コツあったら教えて。』

等々。。。

 

もうね、完全に隣の芝生は青い状態(笑)

白鳥だって水面下では必死で足をバタつかせているもの。

白鳥だって水面下では必死で足をバタつかせているもの。

私なんて、実際のところ家帰ったらもう、

汗も涙も鼻水も唾までも、

ぐっちゃぐちゃに混じった鬼の形相で悪戦苦闘してますからね。

優雅なんて言葉の対極にあるような生活ですよ。

 

でもきっと、彼女達も同じなんでしょうね。

決して24時間身綺麗にして、優雅な笑顔を振りまいてるわけじゃない。

手が回らないこと、気を配ってられないこと、

もっとこうしたいのに…とか、こんなはずじゃないのに…とか、

そんなのいっぱいあって、どうにかしたくて、

必死でもがいて、あがいてるからこそ、

同じような境遇の女性から、

何かしらもっと効率よく生活をこなすためのヒントを得ようとしてるんだ…って。

最近理解できるようになりました。

 

だってね。。。

子育てしながら働くって。。。

 

ホントに大変((+_+))

 

1 / 2

関連タグ

この記事もおすすめ